森迫永依の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

森迫永依(もりさこ えい)

 

 

1997911日生

身長158

血液型はO

 

千葉県印西市出身の女優

本名同じ

 

以下では森迫永依さんの出身高校や出身大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

学歴~出身大学

 

スポンサードリンク



 

出身大学:上智大学 総合グローバル学部(有力) 偏差値68(難関)

 

 

森迫永依さんは高校卒業後は、名門私大の上智大学に進学しています。

 

在籍学部は明らかにしていませんが、大学2年生の時のインタビューでは「すべての授業を英語で受けています」と話しています。

 

上智大学には外国語学部などがありますが、英語での授業が多いのは総合グローバル学部なので、こちらの学部に在籍していることが有力です。

 

子役時代には数多くのテレビドラマや映画に出演した森迫さんですが、大学入学以降は学業優先のスタンスのようで女優としてはさほど多くの作品には出演していません。

 

目立ったところではテレビドラマ「相棒」へのゲスト出演のほか、ネットドラマの「学校×××」くらいです。

 

 

とは言え日本語のほか英語と中国語、韓国語を流暢に話すことができる森迫さんは、大学2年生の時に情報番組「ノンストップ!」に出演した際には、4か国語でのあいさつを披露しました。

 

 

また大学2年生の頃からはNHKEテレの教養番組「テレビで中国語」に出演して、こちらでも流暢な中国語を披露しています。

 

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校

 

出身高校:東京都 成城学園高校 偏差値64(やや難関)

 

 

森迫永依さんの出身高校は、私立の共学校の成城学園高校です。

 

この学校は古くから資産家の子息が多く通っていることで知られ、また芸能活動にも理解がありことから多くの芸能人の出身校としても知られています。

 

またこの高校には系列の成城大学がありますが、森迫さんはより高いレベルの学習環境を求めて上智大学に進学しています。

 

高校1年生の時には連続ドラマ「幽かな彼女」にレギュラー出演しています。

 

 

ただし高校2年生以降は出演作品が少なくなっており、この時期から大学受験に備えていたものと思われます。

 

また森迫さんは高校3年生の時に英検1級に合格しており、当時から高い英語力を有していました。

 

大学受験がひと段落した高校3年生の終わりごろから、サスペンスやAKB48のドラマに出演して女優活動を再開しています。

 

 

【主な卒業生】

羽田孜(元内閣総理大臣)

及川光博(俳優・歌手)

山口もえ(タレント)

小澤征悦(俳優)

田村正和(俳優)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:東京都 成城学園中学校 偏差値64(やや難関)

 

 

森迫永依さんの出身中学校は、私立の共学校の成城学園中学校です。

 

この中学校は高校に併設している系列校なので、高校へは一般受験ではなく内部進学で進んでいます。

 

後述するように森迫さんは小学校時代に子役としてブレイクしたことから、中学時代は数々の作品に出演しています。

 

中学1年生の時には石原さとみさん主演の連続ドラマ「霊能力者 小田霧響子の嘘」と草彅剛さんが主演した「冬のサクラ」に出演。

 

 

そして中学3年生の時には歴史大作映画「日輪の遺産」に主要キャストとして出演しています。

 

 

この際には軍人と行動をともにする女学生のリーダー役を演じ、その演技が高く評価されています。

 

また役作りのために戦争の歴史や当時の女学生に関する資料を徹底的に読み込んで、戦時中の時代背景を勉強したことをインタビューで明らかにしています。

 

頭脳明晰な森迫さんらしいエピソードです。

 

学歴~出身小学校

 


 

出身小学校:不明

 

森迫永依さんの出身小学校は不明です。

 

出身地は千葉県の印西市で後に東京都に引っ越しておりますが、その時期なども不明です。

 

家族構成は両親は明らかになっていますが、兄弟姉妹の情報はありません(ひとりっ子の可能性もあり)

 

父親は日本人、母親は中国人のハーフです。

 

そのため幼い頃から中国語に親しんでいます。

 

森迫さんは3歳で劇団に入団して子役としてデビューしています。

 

 

6歳の時に出演したテレビドラマ「あした天気になあれ。」で注目を集めました。

 

そして9歳の時に主演を務めた実写版の「ちびまる子ちゃん」でブレイクしています。

 

 

この作品のオーディションでは、「ちびまる子ちゃん」の作者のさくらももこさんが、森迫さんを絶賛したことから即決定したエピソードが残っています。

 

また実写版の「ちびまる子ちゃん」の第二弾にも出演していますが、第三弾では身長の関係で出演は見送られています。

 

以降は人気子役として「のだめカンタービレ」や「めぞん一刻」、「瞳」などの連続ドラマに起用されています。

 

また小学校6年生の頃には「少女たちの日記 ヒロシマ」の主演にも起用されています。

 

 

以上が森迫永依さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

子役時代には数多くの作品に出演して、多くの視聴者にインパクトを与えてきました。

 

前記のようにこのところは学業を優先させているようで、出演作品がさほど多くないのが残念なところです。

 

 

とは言え得意の語学力を活かして教養番組などにも出演しており、今後も教養系の番組への出演は増えていきそうです。

 

さらなる活躍を活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク






 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ