戸上隼輔の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|明治大学なの?

 

卓球選手の戸上隼輔さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。イケメンであり将来のエース候補の戸上さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、学生時代のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

戸上隼輔(とがみ しゅんすけ)

 

 

2001年8月24日生

身長170㎝

血液型はA型

 

三重県津市出身の卓球選手

本名同じ

 

以下では戸上隼輔さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

スポンサードリンク

 

目次

戸上隼輔の学歴まとめ

 

出身大学:明治大学 政治経済学部

出身高校:野田学園高校

出身中学校:津市立橋南中学校→野田学園中学校

出身小学校:津市立修成小学校

 

戸上隼輔の学歴~出身大学(明治大学)の詳細

 

出身大学: 明治大学 政治経済学部 偏差値63(やや難関)

 

 

 

戸上隼輔さんは高校卒業後は、私立大の明治大学に進学しています。

 

進学は一般受験ではなくスポーツ推薦の可能性が高いです。

 

在籍するのは政治経済学部です。

 

戸上さんは高校卒業後にプロの道に進む選択肢もありましたが、強くなるためには整った環境が必要だと思いこの大学への進学を決意しています。

 

このことについてはインタビューで次のように話していました。

 

「水谷さんたちのように世界で活躍されている偉大な先輩たちと肩を並べ、いずれは超えたいという気持ちもあって、明治大に進むことを決めたんです。実際に卓球部は層が厚く、卓球に熱心な人がたくさんいたので、『ここなら強くなれる』と実感しました。」

 

そのため大学時代は卓球部に在籍をしてプレーをしていました。

 

ちなみに明治大学の卓球部は大学卓球界の名門で、水谷隼さんや丹羽孝希さんらを輩出しています。

 

戸上さんは高校時代から宇田幸矢さんとは、ダブルスを組んでおり大学1年生の9月にはアジア選手権で優勝を勝ち取っています。

 

 

ちなみに宇田さんも明治大学卓球部の同学年に在籍しています。

 

また大学2年生の11月には、アメリカで開催された世界選手権で銅メダルを獲得しています。

 

 

大学時代には新型コロナウイルスが流行しており、このことについては次のように話していました。

 

「朝食と夕食は明治大学の寮でとるので、外出するのは昼食時くらいなんですが、その外出も極力控えました。自分が感染するだけならまだいいのですが、自分が感染すれば結局周りにも迷惑をかけることになってしまうので、気を使って行動していました。」

 

 

2023年からはブンデスリーガのオクセンハイゼンに在籍して、ドイツでプレーしています。

 

このところは力をつけているので、今後の活躍にも期待ですね。

 

スポンサードリンク

 

戸上隼輔の学歴~出身高校(野田学園高校)の詳細

 

出身高校: 山口県 野田学園高校 偏差値44~62(コース不明のため)

 

 

 

戸上隼輔さんの出身高校は、私立の共学校の野田学園高校です。

 

この高校は1877年開校の伝統校で、男子卓球部が強豪として知られています。

 

また同校は以下の4つのコースを設置していますが、戸上さんがどのコースに在籍したかは不明です。

 

特別進学S:偏差値62

特別進学A:偏差値59

グローバル・インターナショナル:偏差値57

進学:偏差値44

 

この高校の系列の中学校に通っていたことから内部進学で進んでいます。

 

高校時代も卓球部に在籍して、競技に打ち込んでいました。

 

 

戸上さんは高校1年生の頃からチームの主力選手としてプレーをしており、全国区の選手としてメディアからも注目を集める存在でした。

 

そして高校2年生だった2018年のインターハイで優勝を勝ち取っており、その活躍が認められて高校生ながらにノジマTリーグT.T彩たまと契約をしています。

 

また同じ年にはITTFチャレンジ・ベルギーオープンU21男子シングルスでも優勝をしています。

 

加えて高校3年生の時のインターハイもシングルス、ダブルスともに優勝を勝ち取りました。

 

 

【主な卒業生】

吉村真晴(卓球選手)

徳田総一郎(フジテレビアナウンサー)

田川伸治(ミュージシャン・元DEEN)

 

スポンサードリンク

 

戸上隼輔の学歴~出身中学校(津市立橋南中学校・野田学園中学校)の詳細

 

出身中学校:三重県 津市立橋南中学校 偏差値なし

 

 

 

戸上隼輔さんが入学したのは、地元三重県津市内の公立校・津市立橋南(きょうなん)中学校です。

 

戸上さんは全国レベルの選手になるために、山口県の野田学園中学校(偏差値47)に転校しています。

 

野田学園中学校の卓球部は強豪で、全国大会の常連です。

 

単身で山口県に移住をして、寮生活を送っていました。

 

この中学校に転校したことで厳しい環境の中で上下関係や技術面、加えて精神面でも大きく成長するきっかけとなりました。

 

その結果、全日本選手権カデットの部で13歳以下男子シングルス3位の成績を残しています。

 

加えて2015年には、14歳以下男子シングルスで準優勝という成績を収めました。

 

また全日本卓球選手権大会の男子シングルスで優勝をしています。

 

この頃から卓球選手として将来を嘱望されています。

 

戸上隼輔の学歴~出身小学校(津市立修成小学校)の詳細

 

出身小学校:三重県 津市立修成小学校

 

 

 

戸上隼輔さんの出身小学校は、地元津市内の公立校・津市立修成(しゅうせい)小学校です。

 

家族構成は両親と兄2人の5人家族のようです(3人兄弟の末っ子)。

 

父親は1982年にインターハイ男子ダブルスで優勝を果たした元卓球選手です。

 

戸上さんは3歳の時に三重県のクラブチーム「松生TTC」で卓球をはじめています。

 

家族の全員が卓球経験者で、2人の兄が卓球クラブに通っていたことがきっかけで卓球をはじめています。

 

そして小学1年生の時から試合に出場しはじめています。

 

全日本ホカバにも出場しており、2009年にはバンビの部で、2013年にはホープスの部でそれぞれ準優勝の成績を残していました。

 

 

以上が戸上隼輔さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

卓球選手としては中学時代から注目されていますが、順調に成長を遂げています。

 

 

このところは世界選手権でメダルを獲得するなどしており、ゆくゆくは日本男子卓球界をけん引する存在にもなりそうです。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次