廣津留すみれの学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|学歴が凄すぎる!

 

「羽鳥慎一モーニングショー」などでお馴染みの廣津留すみれさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は廣津留さんは世界最高峰の大学と世界最高峰の音楽大学をいずれも首席で卒業していました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

廣津留すみれ(ひろつる すみれ)

 

 

1993年7月29日生

身長非公表

血液型非公表

 

大分県大分市出身のヴァイオリニスト、タレント、実業家

本名同じ

 

以下では廣津留すみれさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

廣津留すみれの学歴~出身大学(ハーバード大学・ジュリアード音楽院)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:アメリカ ハーバード大学 超難関

 

 

 

廣津留すみれさんは高校卒業後は、アメリカの私立大学・ハーバード大学に進学をしています。

 

この大学は1636年開校のアメリカ最古の大学で、各種大学ランキングで最上位に位置する名門大学です。

 

ただし廣津留さんが在籍した学部などの詳細は不明です。

 

詳細は後述しますが高校時代にこの大学に進学することを決めていますが、決め手となったのは日本の大学とは違い途中で専攻を変えられるという点でした。

 

その上で課外活動が活発というところもポイントだったと話しており、廣津留さんにとってこの大学であれば学業とバイオリンの両立が100%の力でできると考えました。

 

また音楽大学を選ばずにこの大学を選択した理由については次のように話しています。

 

「音大に行くと、どうしても音楽優先になりがちですよね。大学進学によって学業を続ける道が断たれるのは自分の人生として違う気がしました。音楽だけにとらわれず、バイオリンも学業も全力で続けるために、ハーバード大学を選びました」

 

 

廣津留さんはこの大学で音楽を専攻する気はなく、音楽は課外活動などで取り組み当初は応用数学を専攻していました。

 

しかし大学3年生の時に世界的チェリストのヨーヨー・マさんと共演をしたことで考え方が変わったといいます。

 

そこでせっかくバイオリンを弾くことができるのだから音楽をやらないといけないと思い、主専攻を音楽に変更したところ大学を首席で卒業しています。

 

なおこの大学では周囲は天才だらけで高いレベルの中にいるとさらに上を見たくなりますが、廣津留さんはこのような状況だからこそ目の前のことをしっかりとこなしてきたといいます。

 

また大学卒業後はもう少しアメリカに滞在したいという思いもあり、また音楽だけの学校で学びたいという気持ちもあったことからジュリアード音楽院に進学をしています。

 

 

 

ジュリアード音楽院は音楽、舞踏、演劇の3部門からなる世界最高峰の音楽大学です。

 

 

廣津留さんはここでバイオリンを学び、最終的にはジュリアード音楽院も首席で卒業をしています。

 

廣津留さんはジュリアード音楽院卒業後は音楽コンサルタント会社を立ち上げて、実業家として活動を開始します。

 

 

2020年に新型コロナウィルス禍のため帰国して、活動拠点を日本に移します。

 

以降は講演活動や著述業を積極的におこなってます。

 

そして2021年から「羽鳥慎一モーニングショー」にコメンテーターとして出演しています。

 

 

その他にもYOUTUBEの公式チャンネルには演奏の動画をアップしており、ヴァイオリニストとしても活動しています。

 

 

今後もマルチな活動を展開していきそうですね。

 

スポンサードリンク

 

廣津留すみれの学歴~出身高校(大分上野丘高校)の詳細

 

出身高校:大分県 大分上野丘高校 偏差値71(超難関)

 

 

 

廣津留すみれさんの出身高校は、県立の共学校の大分上野丘高校です。

 

この高校は1885年開校の伝統校で、古くから県内ではトップクラスの進学校として知られています。

 

同校の2022年度の主な進学実績は次の通りです(浪人生含む)。

 

東京大学:18名

京都大学:5名

大阪大学:18名

九州大学:66名

 

早稲田大学:14名

同志社大学:19名

立命館大学:36名

西南学院大学:40名

 

廣津留さんは自身が通っていた高校についてインタビューで次のように話しています。

 

「県内でトップレベルの進学校で、それぞれにいろんなことをがんばっている人が多く、刺激を受けました。私はバイオリンの練習があり、放課後に友達と遊ぶ時間がなかったのでお弁当の時間が楽しみでした。」

 

 

また文化祭ではバイオリンを演奏しています。

 

高校1年生の時にはイタリアのコンクールの出場をしており、グランプリを受賞してアメリカのツアー権を獲得しています。

 

そこでアメリカの州を回っているときにハーバード大学のキャンパスツアーに参加をしており、高校2年生の時にハーバード大学に進学したいと思うようになります。

 

廣津留さんは当初は日本の大学でさえも進学することは視野に入れていませんでした。

 

高校の先生にハーバード大学を受験したいことを伝えた時には前例がないこともあり、驚かれたそうです。

 

受験方法などはネットで調べて、残された11ヶ月間は必死で勉強をしました。

 

受験勉強をしている期間も1日1回はバイオリンの練習を欠かすことはありませんでした。

 

また英語の勉強には1番力を入れており、20000語レベルまで英単語を覚えなければいけなかったことから、単語帳を肌身離さず持ち歩き隙間時間も利用して覚えていました。

 

このような本人の努力もあり、世界最高峰の難関大学のハーバード大学に現役合格しています。

 

【主な卒業生】

宮崎美子(タレント・転校)

石丸謙二郎(俳優)

赤瀬川隼(作家)

 

スポンサードリンク

 

廣津留すみれの学歴~出身中学校(大分市立上野ヶ丘中学校)の詳細

 

出身中学校:大分県 大分市立上野ヶ丘中学校 偏差値なし

 

 

 

廣津留すみれさんの出身中学校は、地元大分市内の公立校・大分市立上野ヶ丘中学校です。

 

この中学校に在学中は、1学年上に元乃木坂46の衛藤美彩さんも在籍していました。

 

廣津留さんは中学・高校を通じて帰宅部で、部活動などはおこなっていませんでした。

 

中学時代には毎週土曜日に東京の新宿まで通い、バイオリン教室でレッスンを受けていました。

 

【主な卒業生】

ぱーてぃーちゃん信子(お笑い芸人)

 

廣津留すみれの学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

廣津留すみれさんの出身小学校は、地元大分市内の公立校のようですが校名などの詳細は不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の2校のいずれかの可能性が高そうです。

 

大分市立長浜小学校

大分市立金池小学校

 

家族構成は両親と3人家族です(ひとりっ子)。

 

 

母親は英語塾を運営していたことから、4歳の時に英語検定3級を取得しています。

 

また2・3歳の頃からバイオリンをはじめており、物心ついたときにはバイオリンを手にしていました。

 

廣津留さんにとってバイオリンを演奏することは日常の食事や歯磨きと同じような位置づけだったといいます。

 

バイオリンのレッスン時間を優先できるように宿題などは学校にいる時間に終わらせて、復習はせずに授業中に集中をして取り入れていました。

 

そして小学3年生の時にはじめてコンクールに出場をしています。

 

 

以上が廣津留すみれさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

2020年に活動拠点を日本に移すと、数々の情報番組にコメンテーターとして出演しています。

 

 

その際の的確なコメントは視聴者にも好評です。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ