片桐はいりの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

片桐はいり(かたぎり はいり)

 

 

1963118日生

身長172

 

東京都出身の女優

本名は片桐由美

 

以下では片桐はいりさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1982年に劇団「ブリキの自発団」に入団し、1993年までに25本の作品に出演(1994年に退団)。 

1986年に「親にはナイショで…」でテレビドラマ初出演、「コミック雑誌なんていらない!」で映画初出演。

森山祐子とともに出演したSEEDコンタクトレンズのCMで話題になる。

以降は数多くの作品に出演して、テレビドラマの代表作は「時々迷々」や「すいか」、「あまちゃん」など。 

「ジパング」や「グッバイママ」、「連弾」などの映画にも出演している。 

2009年のオムニバス映画「非女子図鑑」で映画初主演。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:成蹊大学 文学部日本文学科 偏差値58(当時)

 

 

片桐はいりさんは高校卒業後は、成蹊大学に進学しています。

 

在籍した文学部日本文学科の現在の偏差値は55程度ですが、片桐さんが在籍した当時のほうがレベルは高かったです。

 

この大学に進学した理由を片桐さんはインタビューで次のように話しています。

 

「太宰治が好きで、中学生や高校生のときに、三鷹の禅林寺とか、井の頭公園、玉川上水に来てたことがあって。なんとなくこういうところで文学を語ってみたいなって。成蹊はけやき並木もあって、「文学!武蔵野!」みたいなイメージで。それだけでした。ほんとばかな話で申し訳ないんですけど(笑)」

 

大学では演劇部に所属しており、在学中に劇団「ブリキの自発団」にも入団します。

 

 

当初はプロの女優になるつもりはなく普通に就職するつもりだったとインタビューで話しています。

 

「私はもともと俳優になりたかったわけではなく、子どもの頃から映画が好きで、映画に関係する仕事に就きたいと思っていました。ただ、大学の芸術学部や専門学校にピンポイントで入ると狭い感じがしたので、普通の大学に入って、クラブ活動で演劇や映画をやって、うまく映画会社や映画館関係に勤められたらいいなくらいの気持ちでした」

 

しかし就職活動中に「ミスタードーナツ」のCMのキャラクターに起用されたことから、本格的に女優の道を歩みはじめています。

 

 

「就職を考えなければならない時期に、劇団の舞台を見た電通の人が私を面白いと思ったみたいで、「ミスタードーナツのCMキャラクターになりませんか」と言われました。それで出たのが運の尽きと言いますか、そのCMがシリーズになり、「CMの人」ということでテレビドラマや映画に出ることになりました。そのため俳優になったのは思いがけないことでした」

 

以降は劇団の看板女優として多くの舞台に出演するとともに、テレビドラマや映画にも出演しはじめます。

 

さらに1988年に森山祐子さんとともに出演した「シードコンタクトレンズ」のCMで話題になっています。

 

 

すると持ち前の個性と演技力で、数多くの作品に起用されることになります。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 香蘭女学校高等科 偏差値54(普通)

 

 

片桐はいりさんの出身校は、私立の女子校の香蘭女学校高等科です。

 

同校は1888年開校の伝統校で、古くから「お嬢様学校」として知られています。

  

片桐さんは高校時代はバスケットボール部に在籍していました。

 

 

長身を活かして活躍したと思いきや、スポーツは苦手だったとインタビューで話しています。

 

「私、体育がすごく苦手だったんですよ、体育の成績は「2」とかでした。バスケ部だったんですけど、結構大変でした。団体行動や団体競技が苦手なのか、人と一緒のことを合わせてやるのが難しくて、バスケの練習も下手だったので、外でパスだけやらされていました。先生にもダメだと見られていたんでしょうね。そうすると人間、「私、運動神経ないんだ」って思い込むんですよ」

 

高校在学中に文化祭で演劇の舞台に立っており、当時から演劇には関心が高かったようです。

 

(高校時代)

 

【主な卒業生】

黒柳徹子(タレント)

大塚寧々(女優)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:東京都 香蘭女学校中等科 偏差値54(普通)

 

 

片桐はいりさんの出身中学校は、私立の女子校の香蘭女学校中等科です。

 

この中学校は高校に併設している附属校で、高校へは内部進学の形で進んでいます。

 

片桐さんは中学校時代に「アルプスの少女ハイジ」が大好きで毎日主題歌を歌っていたことから「はいり」というあだ名で呼ばれ、それが芸名になっています。

 

また当時はアニメが大好きで、「サザエさん」なども好んで観ていました。

 

学歴~出身小学校

 


 

出身小学校:東京都 大田区立山王小学校

 

 

片桐はいりさんの出身小学校は、地元大田区内の公立校の山王小学校です。

 

家族構成は両親と1歳年下の弟の4人家族です。

 

 

小さいときはダンスが大好きだったことをインタビューで明らかにしています。

 

「小さいときからダンスは好きだったんですよね。幼稚園の頃だったと思うのですが、バレエの「白鳥の湖」を上野の東京文化会館で見たんです。あまりに感動してダンスに取り憑かれ、帰ってから、白鳥の湖の思い出を壁にサインペンみたいなもので描きなぐって怒られました」

 

また子供の頃から映画が好きで、将来は映画関係の仕事に就くことが夢でした。

 

以上が片桐はいりさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

 

現在でも個性派女優として第一線で活躍しており、多くの作品に花を添えています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ