高橋優の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|イジメられたが生徒会長だった

 

シンガーソングライターの高橋優さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は高橋さんは小学校時代はいじめられっ子でしたが、中学時代には生徒会長を務めています。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

高橋優(たかはし ゆう)

 

%e9%ab%98%e6%a9%8b

 

19831226日生

身長173

 

秋田県横手市出身のシンガーソングライター

本名同じ

 

以下では高橋優さんの学歴や経歴、高校や大学の偏差値、高校時代や大学時代のエピソードなどをご紹介します。




 

経歴・プロフィールの詳細

 

2007年に札幌市内のライブハウスでスカウトされて上京。 

2009年にインディーズデビューし、シングル1枚、アルバム4枚をリリース。 

2010年に1stシングル「素晴らしき日常」でメジャーデビュー。 

翌年にリリースした1stアルバム「リアルタイム・シンガーソングライター」がオリコン8位になるヒット。 

2012年の6thシングル「卒業」がシングルとしては初めてオリコントップ10に入る。 

201311月に初の武道館公演。 

その後も「さくらのうた」や「産まれた理由」などのヒット曲をリリース。

「笑っていいとも!」や「行列のできる法律相談所」、「SMAP×SMAP」などのバラエティー番組にも出演経験がある。

 

高橋優の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:札幌学院大学 人文学部英語英米文学科 偏差値39(かなり容易)

 

 

 

高橋優さんは高校卒業後は、北海道の札幌学院大学に進学します。

 

大学では人文学部に在籍して、英文学を専攻していました。

 

高橋さんは高校までは秋田県に在住していましたが、札幌市に到着2日後には市内の狸小路というアーケード街で路上ライブをはじめていました。

 

%e9%ab%98%e6%a9%8b%e3%80%80%e8%b7%af%e4%b8%8a

 

以降も毎週土曜日にこの商店街で路上ライブをおこなっていました。

 

トータルで6年間にわたり路上ライブを続け、大学時代にはライブハウスにも出演するようになります。

 

ただし大学にはほとんど通わずに音楽活動に没頭していたことから、大学の成績が悪かったことをインタビューで明らかにしています。

 

「大学へはほとんど行かずに歌ばっかり歌っていたんです。当然、成績もガタ落ちで先生にも呆れられるし、周りからも「お前、何やってんだよ」という目で見られるし」

 

それでも高橋さんは当時から音楽で身を立てていくことを決意して、就職活動などはおこないませんでした。

 

その際には周囲に心配されたそうです。

 

「大学3年生になって周りが当たり前のように就職活動をする中で、「オレは歌いたいから就活はやらない」と決めたときも「高橋、大丈夫?」という感じでしたしね」

 

 

高橋さんは大学時代も数々のアルバイトをしていましたが、札幌市内の映画館でアルバイトを開始しています。

 

ただし当時がお金がなかったことから、ティッシュを食べたことがあることをインタビューで明らかにしています。

 

また成績が悪かったので大学の卒業は危ぶまれましたが、なんとか卒業しています。

 

大学卒業後は就職せずに引き続き映画館でアルバイトをしています。

 

勤務態度がまじめだったことから映画館ではアルバイトにも関わらず、マネージャーに昇進しています。

 

また何度も正社員にならないかと持ち掛けられています。

 

すると24歳だった2007年に札幌市内のライブハウスでスカウトされて、翌年にデビューを目指して上京しています。

 

そして2010年にファーストシングル「素晴らしき日常」でメジャーデビューを飾っています。

 

 

 

2012年にリリースした卒業がヒットして、人気アーティストの仲間入りを果たしています。

 

 

 

その後は多くの音楽番組などに出演し、今や人気のシンガーソングライターのひとりです。 

 

スポンサードリンク

 

高橋優の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:秋田県 湯沢商工高校 商業科 偏差値48(やや容易)

※現在は湯沢翔北高校

 

 

 

高橋優さんの出身校は、県立の共学校の湯沢商工高校です。

 

この高校は1965年開校の県立高校で、商業科のほか電子処理科と電子機械科を設置していました。

 

ただし2011年に同じ県立校の湯沢北高校と統合されて、現在は湯沢翔北高校になっています。

 

高橋さんはこの高校の商業科に在籍していました。

 

 

高校時代は陸上部に在籍して、部活動にも励んでいました。

 

中学時代に結成したコピーバンドを高校時代も続けており、バンドではボーカルを担当していました。

 

ただしオリジナル曲を演奏したのは1度きりだとインタビューで話しています。

 

「一回だけ組んでいたバンドでやりましたよ。でも、当時周りのバンドはみんなコピーしかやってなかったんですよ。そんな中、自分たちだけオリジナルをやったらすごい浮いてからかわれたりして……。それでメンバーの心が折れちゃって、その一回きりでしたね」

 

なお高橋さんは高校時代から作詞をはじめています。

 

しかし意外にも当時はプロのミュージシャンになろうとは思っていませんでした。

 

「高校生の時はアーティストになろうとかは考えてなかったんですよ。歌詞も日記みたいな感じで、自分だけが見るものとして書いていたので。それをお母さんに勝手に見られた時はすごい怒りましたね(笑)」

 

とは言え実家は田舎で隣家との距離も離れていたので、常に声を張り上げて歌うことができる環境でした。

 

音楽のルーツは高校時代に遡るようです。

 

【主な卒業生】

華桜こもも

 

スポンサードリンク

 

高橋優の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:秋田県 山内村立山内中学校 偏差値なし

※現在は横手市立山内中学校

 

 

 

高橋優さんの出身中学校は、地元秋田県山内村内の公立校・山内中学校です。

 

高橋さんは実は小学校時代にイジメられていましたが、中学時代にいい友達と出会ったことで積極的になれたそうです。

 

中学時代は生徒会長を務めるほどの模範的な生徒でした。 

 

音楽面では中学生の時にコピーバンドを組んでおり、当時からボーカルを担当していました。

 

高橋優の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:秋田県 山内村立山内小学校

※現在は横手市立山内小学校

 

 

 

高橋優さんの出身小学校は、地元山内村内の公立校の山内小学校です。

 

家族構成は両親と姉2人の5人家族です。

 

姉は10歳上と7歳上で、比較的年齢が離れています。

 

また父親は民謡歌手でした。

 

そのため高橋さんは子供の頃から音楽に親しんでいます。

 

その一方で子供の頃から他人とコミュニケーションをとるのが苦手でした。

 

小学校時代はこのことが原因でイジメに遭っていたことを告白しています。

 

以上が高橋優さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

26歳でメジャーデビューを飾っていますが、その後は順調にキャリアを重ねています。

 

 

独特の歌声と楽曲で知られる高橋さんですが、今後も精力的な活動を期待したいものです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ