小沢健二の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかっこいい画像

 

シンガーソングライターの小沢健二さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。東京大学出身で知られる小沢さんですが、どのような学生生活を送ってきたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

小沢健二(おざわ けんじ)

 

小沢

 

1968414日生

身長175

血液型はO型

 

神奈川県相模原市出身のシンガーソングライター

本名同じ、愛称は「オザケン」

 

以下では小沢健二さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 

1989年にバンド「ロリポップ・ソニック」に加入し、デビューを果たすと「フリッパーズ・ギター」に改名。 

フリッパーズ・ギターはオリジナルアルバム3枚を残し、1991年に解散。

1993年に1stシングル「天気読み」でソロデビューし、翌年にスチャダラパーとのコラボシングル「今夜はブギーバック」がヒット。 

1995年の「カローラⅡにのって」がオリコン2位となるヒット。 

その後もコンスタントに楽曲をリリースしていたが、1998年に活動を休止。

2002年に6年ぶりとなる4thアルバム「Electic」をリリース。 

2010年に13年ぶりとなるツアーを開催し、12年ぶりとなるシングル「シッカショ節」を発表。 

2017年に7年ぶりとなるシングル「流動体について」をリリース。 

私生活では2009年にアメリカ人の写真家エリザベス・コールと結婚し、2人の男児がいる。

 

小沢健二の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:東京大学 文学部 偏差値68(超難関)

 

 

 

小沢健二さんは高校卒業後は、東京大学の文科Ⅲ類に合格します(卒業は文学部)。

 

ただし現役での合格ではなく、1年間の浪人生活を経ての進学です。

 

現役時代に早稲田大学に合格していましたが進学せずに、東京大学を目指し浪人生活を選びます。

 

小沢さんは成績優秀のため予備校も特待生扱いで授業料も免除され、模試で好成績を残すと賞金が出たほどです。

 

大学では教養学部を経て文学部に進学して、アメリカ文学を専攻していました。

 

小沢さんは大学1年生の頃から音楽活動をおこなっていますが、当初は音楽活動は大学時代限りで卒業後は就職するつもりでした。

 

大学1年生だった1988年に中学時代の同級生の小山田圭吾さんが率いていたバンド「ロリポップ・ソニック」に加入しています。

 

 

当時はライブ後に朝まで飲んでいていも必ず家に帰って、大学の授業には1限目から出席していました。

 

大学2年生だった1989年に「ロリポップ・ソニック」はメジャーデビューが決まりますが、小沢さんと小山田さん以外のメンバーが脱退してデュオとなります。

 

そしてバンドは「フリッパーズ・ギター」に改名して、この年に全曲英語の歌詞のファーストアルバム「Three cheers  for out side~海へ行くつもりじゃなかった」でメジャーデビューを果たしています。

 

 

「フリッパーズ・ギター」は1990年にセカンドシングル「恋とマシンガン」がテレビドラマ「予備校ブギ」のテーマに起用され注目されますが、翌年に解散しています。

 

 

 

小沢さんは音楽活動の傍らで学業にも励んでおり、大学はキッチリと卒業しています。

 

大学卒業後もシンガーソングライターとして活動して、25歳だった1993年に「天気読み」でソロ歌手としてデビューしています。

 

すると1994年にはスチャダラパーと共演した「今夜はブギー・バック」がヒット。

 

 

以降も「カローラⅡにのって」や「痛快ウキウキ通り」がヒットして、人気アーティストになっています。

 

 

その後は長期間の活動休止期間を挟みますが、現在でも高い人気を誇っています。 

 

小山田圭吾の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|イジメの内容があまりにも酷い!

 

スポンサードリンク

 

小沢健二の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:神奈川県 多摩高校 偏差値68(難関)

 

 

 

小沢健二さんの出身高校は、県立の共学校の多摩高校です。

 

この高校は1956年開校の県立校で、同校は古くから進学校として知られてこれまで多くの人材を政財界に輩出しています。

 

小沢さんはこの高校に一般受験で入学しており、高い学力を有していました。

 

高校時代は部活動などはおこなっておらず帰宅部でした。

 

ただし高校時代からバンドを組んで、音楽活動をおこなっていました。

 

また小沢さんは高校時代はあまり勉強をしなくてもできるタイプだったと、高校の同級生がインタビューで話しています。

 

そのため普段はあまり勉強をしないにも関わらず、テスト前だけ集中的に勉強していい成績をとっていたとのこと。

 

ただし体育だけは苦手でした。

 

加えて当時の小沢さんはかなり冷めたタイプで、学校行事などにはほとんど参加することはありませんでした。

 

その反面、図書室に通ってかなりの量の書籍を読んでいました。

  

【主な卒業生】

三上博史(俳優)

矢島悠子(アナウンサー)

 

小山田圭吾の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|イジメの内容があまりにも酷い!

 

スポンサードリンク

 

小沢健二の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 和光中学校 偏差値50(普通)

 

 

 

小沢健二さんの出身中学校は、私立の共学校の和光中学校です。

 

この中学校は古くから自由な校風が特徴で、芸能人の子息が数多く通っていることで知られています。

 

後に「フリッパーズ・ギター」を結成することになる小山田圭吾さんは、小学校・中学校の同級生です。

 

小沢さんは中学時代はテニス部に在籍していました。

 

また中学時代は目立つ存在で、クラスではリーダー格でした。

 

中学1年生の時にはクラスを仕切って、担任を降ろしたこともあったほどです。

 

ただしそのようなことをおこなっていたことから、クラスには小沢さんと絶対に口をきかない女子もいたそうです。

 

なおこの中学校には系列の和光高校(偏差値50)もありますが、小沢さんはそちらには進学せずによりレベルの高い多摩高校に進学しています。

 

【主な卒業生】

柄本時生(俳優)

柄本佑(俳優)

福地桃子(女優)

草刈麻有(女優)

紅蘭(タレント)

 

小沢健二の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:東京都 和光小学校

 

 

 

小沢健二さんの出身小学校は、私立の共学校の和光小学校です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

 

父はドイツ文学者で大学教授の小澤俊夫さん、叔父は世界的な指揮者の小澤征爾さん、従兄は俳優の小澤征悦さんです。

 

小沢さんは子供の頃から気が強く、ガキ大将でした。

 

父親の仕事の都合で、2歳から5歳までをドイツのマールブルグで過ごした帰国子女です。

 

両親が音楽好きだったことから、音楽が溢れた家庭で育っています。

 

小学校2年生の頃からヴァイオリンをはじめていますが、数年間でやめてしまっています。

 

その他にも小学校時代はピアノも習っていました。

 

また小学校時代は少年野球チームにも在籍していました。

 

なお当時から学校の成績は優秀でした。

 

以上が小沢健二さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大学時代から才能を発揮して、プロのミュージシャンとして活躍していました。

 

また多くのアーティストに影響を与えていることでも知られています。

 

最近はマイペースでの活動が目立ちますが、今後にも注目が集まります。

 

小山田圭吾の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|イジメの内容があまりにも酷い!

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ