稲葉浩志(B’z)の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかっこいい画像

 

「B’z」の稲葉浩志さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は稲葉さんは学生時代は勉強ができて、国立大学にも進学していました。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

稲葉浩志(いなば こうし)

 

 

1964年9月23日生

身長173㎝

血液型はAB型

 

岡山県津山市出身のミュージシャン

ロックユニット「B’z」のボーカリスト

本名同じ

 

以下では「B’z」稲葉浩志さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1988年にボーカリストを探していた松本孝弘が、音楽プロデューサーの紹介で稲葉浩志と出会って、ロックユニットB’zを結成。 

同年9月に1stシングル「だからその手を離して」でメジャーデビュー。 

デビューアルバム「B’z」と2ndアルバム「OFF THE LOCK」はセールス面で苦戦する。

1990年にリリースした3rdアルバム「BREAK THROUGH」でブレイク。

同年にリリースした5rdシングルの「太陽のKomachi Angel」で初のオリコン1位を獲得。

以降は「ultra soul」や「愛しい人よGood Night…」、「ミエナイチカラ」などのヒット曲を量産。

アルバム総売り上げ数は歴代1位、シングル総売り上げ数は歴代2位の記録を持つ。

 

稲葉浩志の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:横浜国立大学 教育学部 偏差値60(やや難関)

※現在は教育人間科学部

 

 

 

稲葉浩志さんは高校卒業後は、横浜国立大学に進学しています。

 

この大学は稲葉さんにとって第一志望で、同大以外にも関西学院大学にも合格をしていました。

 

後述するように稲葉さんは中学時代に教師に憧れたことから、同大に進学をしています。

 

 

そのため大学在学中に教員免許を取得しています。

 

ただし教育実習で自身が教師に向いていないことが分かったそうで、教師になることはやめています。

 

ちなみに実習先の中学校の校長に長髪を切ってくれと言われていますが、「1mmも切りません」と言って教育実習はやめてしまっています。

 

 

稲葉さんは大学入学後には「Being 音楽振興会」に通いはじめました。

 

稲葉さんはこの音楽学校のスクール募集の広告を見つけており、その広告欄に当時ファンだったLOUDNESSの名前があったことから入学を決めたそうです。

 

この音楽学校に通っていた時に作ったデモテープが後にB‘zのメンバーとなる松本孝弘さんの手に渡っています。

 

また大学時代にはモデルのアルバイトも経験しており、他にも家庭教師やお惣菜屋などでもやっていました。

 

稲葉さんは大学卒業後は、ミュージシャンを目指して音楽の道に進んでいます。

 

大学を卒業した翌年に松本さんと出会って意気投合しています。

 

当初は松本さんとバンドを組むことを考えていましたが、納得できるメンバーに出会わなかったことからユニット「B’z」を結成しています。

 

稲葉さんが24歳だった1988年に、ファーストシングル「だからその手を離して」でB’zはメジャーデビューを飾っています。

 

 

当初はセールスが伸び悩みましたが、4枚目シングル「BE THERE」がヒットして知名度が上昇しています。

 

すると1991年に発売した8枚目シングル「LADY NAVIGATION」がミリオンヒットになっています。

 

 

以降もB’zはヒット曲を連発して、国内でも有数の人気アーティストになっています。

 

 

今後の活動にも期待ですね。

 

スポンサードリンク

 

稲葉浩志の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:岡山県 津山高校 偏差値60(やや難関)

 

 

 

稲葉浩志さんの出身高校は、県立の共学校の津山高校です。

 

この高校は1895年開校の伝統校で、地元では古くからの進学校として知られています。

 

高校時代は軟式テニス部に在籍をしていました。

 

当時は数学と英語が得意でした。

 

高校時代には音楽に進むきっかけとなった出来事があり、当時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「僕が通った津山高校に、ギターがめちゃくちゃうまい頼経英博(よりつねひでひろ)くんという同級生がいました。ある時、彼が学校の教室でギターを弾いてるのを聴き、『かっこいい!』と衝撃が走りました。家に遊びに行くと、いろんなバンドの曲をレコードに合わせて弾いてくれた。驚愕でした。」

 

稲葉さんは頼経さんから「声が出るから」という理由でバンドのボーカルに誘われたため、歌いはじめました。

 

 

頼経さんは高校2年生の時に放課後、校内を歩いていたところテニスコートからひときわ高い声が聞こえてきて、その時に「ボーカルには彼しかいない」と思ったことを明かしています。

 

しかし小学校時代から音楽が好きで聞いていましたが、歌うのは全然で、人前で歌うことはかなり恥ずかしかったと当時を振り返りました。

 

それ以降はLOUDNESSの完全コピーを目指して日々バンドの練習をしていました。

 

稲葉さんは頼経さんのギターをみんなに聴かせたいという思いで、高校3年生の9月に文化祭でバンド演奏を披露しました。

 

ただ文化祭当日はボロボロだったと話しており、当時のことについてインタビューで次のように振り返りました。

 

「当日、僕は声が出なくてぼろぼろ。本番前、一生懸命リハーサルをしすぎたのが原因です。当時は、声が出なくなった理由も分からなかった。悔しかったですね。『本当は俺はもっとできるんだ!』と言いたかったけど、そういうわけにもいかないんで。この経験が音楽を続けるきっかけになりました。」

 

 

稲葉さんは高校2年生の時に同じテニス部の女子と交際をしており、その影響とバンド活動に熱中してしまったことでかなり成績を落としています。

 

文化祭に出場をしてバンド活動を終えた後も思うように成績は戻りませんでした。

 

そこで朝型の勉強方法に変更をして、「ながら勉強」をするようになります。

 

【主な卒業生】

桜乃彩音(元宝塚歌劇団)

 

スポンサードリンク

 

稲葉浩志の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:岡山県 津山市立津山東中学校 偏差値なし

 

 

 

稲葉浩志さんの出身中学校は、地元岡山県津山市内の公立校の津山市立津山東中学校です。

 

中学時代も軟式テニス部に在籍をしていた傍らで、体操部でも活動をしていました。

 

 

テニスでは地区大会で優勝するほどの実力でした。

 

 

また中学3年生の時には生徒会長を務めていました。

 

稲葉さんは中学3年生の時に担任をしてくれた理科の先生に憧れを抱いたことと、当時はドラ「金八先生」が流行っていたことから将来は教師を志すようになりました。

 

稲葉浩志の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:岡山県 津山市立林田小学校

 

 

 

稲葉浩志さんの出身小学校は、地元津山市内の公立校の津山市立林田小学校です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

 

小学校の頃から勉強もスポーツもできて、地元では評判の子供でした。

 

当時は算数が得意で音楽は嫌いだったようです。

 

小学校時代は町内のソフトボールチームに入っており、ポジションはサードでした。

 

兄の影響で子供の頃からビートルズやUFO、テン・イヤーズ・アフターなど洋楽をよく聴いていました。

 

以上が「B’z」稲葉浩志さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

前記のように当初は教師を目指していましたが、方向転換が吉と出ました。

 

在籍するB’zは国内でも有数の人気アーティストになっています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ