井之脇海の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

井之脇海(いのわき かい)

 

 

19951124日生

身長177

 

神奈川県出身の俳優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

9歳から子役として活動をはじめ、2006年の

「柳生十兵衛七番勝負」でテレビドラマ初出演。

 

2007年の「夕凪の街 桜の国」で映画初出演。

 

同年から「天才てれびくんMAX」に出演。

 

2008年の映画「トウキョウソナタ」でキネマ旬報

新人男優賞を受賞。

 

 

2010年の主演作「カラフル」で舞台初出演。

 

同年の「やつらは多分宇宙人」で連続ドラマはレギュラー。

 

2013年のNHKの朝ドラ「ごちそうさん」で、ヒロインの杏の

弟役を務めて注目される。

 

 

以降も「ひよっこ」や「おんな城主直虎」などの話題の

連続ドラマに出演。

 

「合葬」や「帝一の國」、「海辺と生と死」などの映画にも出演。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:日出高校 芸能コース 偏差値42(容易)

 

井之脇海さんの出身校は、多くの芸能人の母校として知られる

日出高校です。

 

小学校の頃から子役として活動しており、中学1年生の時に

出演した映画「トウキョウソナタ」で映画賞の新人賞を受賞。

 

さらには同作品はカンヌ映画祭の審査員賞も受賞したことから、

香川照之さんらとレッドカーペットも歩いています。

 

以降は多くの作品に起用されたので、より芸能活動を幅広く

芸能活動をおこなうために、同校の芸能コースに進学しています。

 

高校時代の情報は少ないですが、日出高校のHPの「在校生VOICE

のコーナーに、仕事と学業を両立させて充実した高校生活を

送っている旨のメッセージが掲載されたことがありました。

 

高校のHPに掲載されるほど、模範的な生徒だったようです。

 

(高校時代)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:日本大学 芸術学部映画学科 偏差値47(やや容易)

 

井之脇海さんは高校卒業後は、日本大学に進学しています。

 

在籍する芸術学部は「日芸」の愛称で親しまれ、多くの芸能人を

輩出しています。

 

大学進学後も順調に俳優としてのキャリアを重ねて、

人気の連続ドラマや映画で主要キャストとして起用されています。

 

主演作こそまだありませんが、もともと演技力には定評があるので、

今後は俳優として大きく飛躍する可能性も秘めています。

 

今後の動向にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ