若月佑美の学歴|高校大学や中学校の偏差値と経歴

 

若月佑美(わかつき ゆみ)

 

 

1994627日生

身長157

血液型はO型

 

静岡県出身の歌手、女優、タレント

乃木坂46のメンバー

本名同じ

 

以下では若月佑美さんの学歴や経歴、出身中学校や高校、大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

家族構成は両親と8歳年上の兄と姉がいる(3人きょうだいの末っ子)。

 

20118月に乃木坂46の第1期生のオーディションに合格してメンバー入り。

 

 

同年10月の「乃木坂って、どこ?」で暫定選抜メンバーに選ばれるも、12月に過去の交際相手とのプリクラが流出するスキャンダルで年内の活動を自粛。

 

2012年にグループは1STシングル「ぐるぐるカーテン」でメジャーデビュー。

 

2013年のドラマ「BAD BOYS J」で女優デビュー。

 

 

同年に劇場版「BAD BOYS J」で映画初出演し、2LDK」で舞台初主演。

 

以降も「失恋ショコラティエ」や「初森ベマーズ」などの連続ドラマに出演。

 

 

「ヴァンパイア騎士」や「嫌われ松子の一生」などの舞台でも主演している。

 

 

2012年から5年連続で二科展に入選している。

 

2018年10月から連続ドラマ「今日から俺は」にレギュラー出演。

 

 

同月に同年11月に乃木坂46を卒業することを発表した。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:常葉大学 造形学部 偏差値35(かなり容易)

 

 

若月佑美さんは高校卒業後は、静岡県静岡市の私立大学の常葉大学に入学します。

 

この大学は全国的な知名度こそ高くないものの、法学部や教育学部など10もの学部を有する総合大学です。

 

造形学部に在籍して、デザインなどを学びました。

 

やはり高校時代に美大を目指しただけあって、美大ではないもののデザインなどを学べるこの大学に入学したようです。

 

また大学4年生の時には二科展に入選するなど、学業にもしっかりと取り組んでいるようです。

 

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:静岡雙葉高校 偏差値56(推定・中の上)

※後に都内の高校に転校して卒業

 

 

若月佑美さんが入学したのは、出身中学校の系列校の私立の女子校の静岡雙葉高校です。

 

同校は1903年創立の歴史あるカトリック系の女子校で、完全中高一貫校なので高校での募集はなく、偏差値も推定になります。

 

若月さんも系列中学校からの内部進学で同校に進んでいます。

 

高校時代は美術部と演劇部に在籍しており、高校時代も美大への進学を目指していました。

 

しかし美術部に優秀な生徒が集まっていたことから自身の才能に疑問を感じて、高校2年生の時に小学校時代の夢だったモデルになることを目指します。

 

ちょうどその頃乃木坂46のオーディションを知り、どうせそれなりに生きるなら何か大きなチャレンジをしてからいいのではないかとふと思い、「今やらないでいつやるのだろうか!」「将来後悔するのだけは嫌だ!」勢いのままに応募したと語っています。

 

そして同年の夏休み乃木坂46のオーディションを受験すると、見事に合格しました。

 

 

ところが同校が芸能活動を厳しく制限していたことから、東京の高校に転校(校名不明)して卒業しています。

 

なお若月さんの転校先の高校につきましては日出高校や堀越高校の芸能コースとの情報もありますが、これらの高校の場合学校行事などの目撃情報が上がりやすいことで知られています。

 

若月さんの転校先の高校の情報は皆無といってもいいような状態なので、通信制の高校が最有力に思われます。

 

なおグループ入り直後は歌とダンスが苦手だったことから、レッスンなどでは苦労したようです。

 

【主な卒業生】

葉加瀬マイ(タレント)

 

学歴~出身小学校・中学校

 

スポンサードリンク



 

出身小学校:不明

 

若月佑美さんの出身小学校は地元である静岡県富士市内の公立小学校ですが、校名などは不明です。

 

幼少期は年の離れていたお兄さんやお姉さんと、常に一緒に遊ぶほどの甘えん坊でした。

 

 

小学校時代は非常に成績がよく、たいていクラスでも1、2番でした。

 

また運動神経もよく、足も速かったのでリレーの選手にも選ばれていました。

 

 

学校行事などでは実行委員に選ばれることも多く、責任感も強い生徒だったようです。

 

小学校2年生の時からクラシックバレエをはじめており、小学校時代に富士市内のロゼシアターでのバレエの発表会を今でも鮮明に覚えていると語っています。

 

「わくわくしながら会場に向かい、本番もとても楽しく演じていた気がします」とコメントしています。

 

また現在でも二科展に入選するほどの腕前の若月さんですが、祖父が美術の先生だったことから幼稚園の頃から絵を描きはじめています。

 

小さい頃に舞台を見て受けた憧れの感情や美術の時間に自分が描いた絵に感想をもらった時の届け手として得た喜びの感情などから、当時から「表現する」ことが大好きだったと話しています。

 

また小学校時代に「天才てれびくん」という番組を見たことで、モデルを夢見ています。

 

出身中学校:静岡雙葉中学校 偏差値56(中の上)

 

 

若月佑美さんは小学校卒業後は、カトリック系の私立の女子校・静岡雙葉(ふたば)中学校に進学しています。

 

この中学校は不二聖心女学院中学校と並んで、地元では古くからの「お嬢様学校」として知られています。

 

若月さんは中学時代は美術部に所属する傍ら、絵画教室に通学して水彩画をはじめています。

 

 

当時は芸能界へ進むことはまったく考えておらず、中学時代の目標は美大に進学することでした。

 

ところが中学3年生の頃から交際していた年上の男性(当時は27歳だったとも言われている)とのプリクラ写真が、後に乃木坂46入りした直後に2度も流出して、スキャンダルとなっています。

 

【1度目の流出・2011年9月】

 

 

【2度目の流出・2011年12月】

 

 

 

 

これらのプリクラは高校時代に撮られてもののようですが、1度目の流出の際には自身のプリクラであることを認めましたが、「女性の友人とふざけて撮影したもの」として、グループ入り前だったことからお咎めもありませんでした。

 

しかし2度目の流出の際には、軽率な行為を認めて年内の活動を自粛しています。

 

乃木坂46の運営委員会は原則的にメンバー加入前の行動については責任を問わないスタンスをとっていますが、マスコミにも大々的に「スキャンダル」と報じされたことから、若月さんも24日間の活動自粛に追い込まれていましました。

 

若気の至りとはいえ大きな代償を払うことになってしまいました。

 

以上が若月佑美さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

その後はグループ内でも真面目な性格・キャラクターがウケて人気が出てきて、かわいいとの声も多かったので女優としてもドラマや舞台で活躍しています。

 

またバラエティー番組などでMCなどを務めることもできる器用さも兼ね備えています。

 

グループ内でも白石麻衣さんや西野七瀬さん、秋元真夏さんや生田絵梨花さんらと肩を並べるほどの人気者になりました。

 

そんな中2018年10月に乃木坂46からの卒業を発表して、大きな波紋を呼びました。

 

女優を目指すためにグループを卒業しますが、きっかけとなったのは2012年から出演している乃木坂46の舞台「16人のプリンシパル」だったそうです。

 

Ž

この舞台への出演を重ねるごとにどんどん楽しくなって、「演技をもっと頑張りたい!伸ばしていきたい!」と心から思うようになったと話しています。

 

演技力にも定評があり既に主演舞台を経験していますし、連続ドラマの主要キャストにも起用されています。

 

さらに演技を磨けば女優としてもブレイクする可能性を秘めており、卒業後の大きな飛躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ