伊藤健太郎の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値や経歴

 

伊藤健太郎(いとう けんたろう)

 

 

1997630日生

身長179

血液型はA型

 

東京都出身の俳優

旧芸名は健太郎

 

以下では伊藤健太郎さんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

家族構成は両親と9歳年上の姉。

 

14歳で芸能事務所に所属して、雑誌や広告のモデルとして活動。

 

2014年のテレビドラマ「昼顔」で俳優デビューし、演技が評価され話題となる。

 

 

2015年の「俺物語!!」で映画初出演。

 

 

2017年の「デメキン」で映画初主演。

 

 

以降も「レンタルの恋」や「アシガール」、「今日から俺は!」などの話題の連続ドラマにレギュラー出演。

 

 

「ルームロンダリング」や「コーヒーが冷めないうちに」などの映画にも出演。

 

BUNP OF CHIKENや清水翔太のミュージックビデオにも出演している。

 

20186月に芸名を本名の伊藤健太郎に改名した。

 

学歴~出身小学校・中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 聖徳学園高校 偏差値59(中の上)

 

 

伊藤健太郎さんの出身校は、私立の共学校の聖徳学園(しょうとくがくえん)高校です。

 

同校は部活動が盛んで、男子バレーボール部は都内でも強豪として知られています。

 

伊藤さんは系列の聖徳学園中学校の出身で、同校に内部進学しています。

 

出身小学校は公立小学校のようですが、校名などは特定できていません。

 

両親が共働きの家庭に育っており、小学校の頃からお姉さんのマリさんと一緒に過ごす時間が多かったことから、現在でもとても仲良しとのこと。

 

 

また昔から料理が得意でしたが、歌は下手だったとお姉さんが話しています。

 

さらに小学校時代は登校する際には、お母さんとおばあちゃんがハグするなど、家族関係も良好だったようです。

 

中学生の時から芸能活動をはじめて、高校2年生の時に俳優デビュー。

 

その一方で高校時代はバスケットボール部に所属して、体育祭では応援団長を務めるなど、学校でもアクティブに活動しています。

 

高校時代には早くも連続ドラマなどで引っ張りだこになっていますが、仕事と学業を両立させて、高校もキッチリと卒業しています。

 

なお自身の中学校時代に関しては「本当に何も考えていなくて、とにかく遊びまくっていた」とインタビューで話しており、ホームセンターに行ってかくれんぼをしたり、デパ地下に行って誰が一番お腹いっぱいまで試食できるかなどを競ったそうです。

 

Aスタジオに出演した際には恩師や友人に支えられて高校時代の応援団長を務めることができたと語っています。

 

 

さらに高校時代に俳優デビューをしていますが、はじめて受けたオーディションは蜷川幸雄さんの舞台のもので、当時は軽い気持ちで準備もせずに受けたことから不合格となっています。

 

またその際に他の受験者の熱意に圧倒されたことやオーディションの不合格が悔しかったことなどで、本気で役者をやってみたくなったとのことです。

 

また出世作となった「昼顔」で俳優デビューを飾っていますが、当時は役作りということさえわからずに、撮影中は怒られ続けたと話しています。

 

そのため「自分が納得するような芝居をできるようになりたいと強く思いはじめた」とも語っており、このドラマへの出演は本人にとっては大きなターニングポイントにもなったようです。

 

【主な卒業生】

桜井和寿(ミスチル)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:進学せず

 

伊藤健太郎さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校を卒業後は活動の幅を広げて、さらに多くのテレビドラマや映画に出演して順調にキャリアを重ねています。

 

このところは話題の連続ドラマの主要キャストに起用されるなど、人気の若手俳優のひとりとして知られています。

 

もともと演技力には定評がありますが、さらに演技を磨けば俳優として大ブレイクする可能性も秘めています。

 

今後の大きな飛躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ