古谷一行の学歴と経歴偏差値|出身小中学校高校や大学

 

古谷一行(ふるや いっこう)

 

 

194412日生

身長170

 

東京都出身の俳優

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

妹がいる。

 

1964年に俳優座養成所に入所して、1967年から俳優座に入団。

 

1969年の「新選組」で映画初出演。

 

1970年のNHKの朝ドラ「虹」でテレビドラマ初出演。

 

1976年に「燕の来る頃に」で歌手デビュー。

 

 

1977年から主演したテレビドラマ「横溝正史シリーズ」の金田一耕助役が当たり役になる。

 

 

1979年の「金田一耕助の冒険」で映画初主演。

 

 

以降も数多くの作品に出演しており、テレビドラマの代表作は「混浴露天風呂殺人事件シリーズ」や「オレゴンから愛」、「失楽園」など。

 

 

「凶弾」や「ジャズ大名」、「はなちゃんのみそ汁」などの映画にも出演している。

 

私生活では1973年に一般人女性と結婚して、長男はDragon Ashの降谷建志。

 

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 板橋高校 偏差値44(現在)

 

古谷一行さんの出身校は、都立の共学校の板橋高校です。

 

同校は1922年開校の伝統校で現在はレベルが凋落していますが、もともとは都立の上位校でした。

 

古谷さんも進学校時代の同校に在籍しています。

 

豊島区立大塚台小学校から豊島区立高田中学校(現在は閉校)を経て、同校に進学しています。

 

古谷さんの高校時代の情報はほとんどありませんが、当時は俳優ではなく弁護士を志していました。

 

【主な卒業生】

山崎賢人(俳優)

柴咲コウ(女優)

奥貫薫(女優)

工藤静香(歌手・転出)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:中央大学 法学部 偏差値65(難関・現在)

 

古谷一行さんは高校卒業後は、中央大学に進学しています。

 

在籍した法学部は古くから「法科の中央」と呼ばれているように名門学部です。

 

当初は弁護士を目指すつもりでしたが、同大の演劇研究会に入会すると方向転換をしています。

 

大学に在学中だった20歳の時に俳優座の養成所に入所して、本格的に俳優を目指しています。

 

23歳で正式に俳優座に入団しますが、以降の活躍は目覚ましく、これまで多くのテレビドラマや映画に出演してきました。

 

既に年齢は70歳を超えていますが、現在も精力的に活動を展開しています。

 

未だに高い人気を誇る人物だけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ