桐谷健太の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

桐谷健太(きりたに けんた)

 

桐谷健太

 

1980年2月4日生

身長181㎝

 

大阪府出身の俳優

 

以下では桐谷健太さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴・プロフィールの詳細

 

2002年ドラマ「九龍で会いましょう」で俳優デビュー。

 

スポンサードリンク



 

2008年のドラマ「ROOKIES」で人気が上昇し、2011年に出演した映画「BECK」などでエランドール賞新人賞を受賞。

 

 

演技にも定評があり「JIN」「永遠の0」「天皇の料理番」「バクマン。」などの話題の映画やドラマに多数出演。

 

 

出演作の楽器や歌唱を自身でこなすことも知られ、これまでドラムや三線を劇中で演奏したり、映画「BECK」では吹き替えなしでラップを披露している。

 

 

auのCM「三太郎シリーズ」の浦島太郎役でおなじみ。

 

 

私生活では2014年に一般女性と結婚し、ふたりの子どもがいる。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 桜塚高校 偏差値58(中の上)

 

桐谷健太さんの出身校は、大阪の府立の桜塚高校。

府立の中堅校として知られる共学校です。

 

大阪市立豊崎本庄小学校から大阪市立豊崎中学校を経て、同校に進学しています。

 

桐谷さんは高校時代にラグビー部軽音楽部に所属。

 

ラグビー部ではその恵まれた体格を活かしロックのポジションでした。

 

また高校時代は目立ちたがり屋だったらしく、メンズノンノならぬ「ケンズノンノ」という雑誌を作って、表紙を飾っていたそうです。

 

また高校時代にはバンドを組んでいてドラムを担当し、この経験が後に映画「ソラニン」でドラムを叩くシーンに活かされました。

 

実は桐谷さんのドラムの腕はプロから見ても相当上手く、歌唱力も定評があり日本ダービーでの国歌斉唱も担当していました。

 

高校時代に既に俳優となる夢を持っていた桐谷さんでしたが、両親に説得され大学へ進学したエピソードもあります。

 

桐谷健太 高校時代

(高校時代)

 

【主な卒業生】

火野正平(俳優・定時制)

田中直樹(ココリコ)

穐田和恵(SND48)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:駒澤大学 経済学部(中退) 偏差値50(普通)

 

桐谷健太さんは高校を卒業すると駒澤大学に進学しています。

 

大学進学で上京するとすぐに俳優養成所「アクターズクリニック」に入所。

 

その演技力が認められて22歳で、目標だった俳優デビューを果たしています。

 

その後数々の映画やテレビドラマに出演し時間がなかったせいか、残念ながら大学は中退しています。

 

俳優としても確実にキャリアを積み重ねている桐谷さんですが、目標とするのは名優のジャック・ニコルソン。

 

桐谷さんのさらなる成長に期待しましょう。

 

大人の魅せる肌へ 乾燥肌・敏感肌用美白ケアクリーム【セシュレル】お試し70%offモニター募集

 

スポンサードリンク



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ