有村架純の学歴|出身高校中学や大学の偏差値と経歴

有村架純(ありむら かすみ)

 

有村架純

 

1993年2月13日生

身長160㎝

 

兵庫県伊丹市出身(出生は奈良県香芝市)の女優
本名は有村架澄(ありむら かすみ)

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

中学3年生の時に、現所属事務所フラームのオーディションを受けるが不合格。

 

2009年に再度オーディションを受験して合格し、芸能界入り。

 

2010年ドラマ「ハガネの女」で女優デビュー。

 

 

その後、数多くのテレビドラマや映画に脇役として出演。

 

2013年NHKの朝ドラ「あまちゃん」で、小泉今日子の少女時代を演じて大ブレイクし、人気も全国区に。

 

 

その後映画「ビリギャル」、テレビドラマ「ようこそ、わが家へ」「永遠のぼくら」などの話題作に出演。

 

「ビリギャル」では、日本アカデミー賞新人賞を受賞するなど、演技力の評価が高い。

 

 

2014年には「ジャンヌ・ダルク」で舞台に、「思い出のマーニー」では声優にも挑戦している。

 

2017年にNHKの朝ドラ「ひよっこ」のヒロインとして出演。

 

 

姉は女優の新井ゆうこ(現有村藍里)。

 

学歴~出身小学校・中学校

 

出身小学校:不明

 

出身中学校:伊丹市立西中学校

 

有村架純さんの出身中学校は地元伊丹市の公立校です。

 

出身小学校も同じく伊丹市内の公立校ですが、校名などは不明です(伊丹市立鈴原小学校が有力)

 

奈良県の香芝市で生まれていますが小学校4年生の時に両親が離婚して、姉とともに母親に引き取られて、兵庫県・伊丹市に移住しています。

 

子供の頃から元気でしたが、道路の側溝に落ちたり、スーパーで転んで流血したりととにかくおっちょこちょいで、母親からも「危なっかしい」と言われる子供でした。

 

 

また非常に恥ずかしがり屋から小学校のお遊戯会などでは、下を向いているような子だったと語っています。

 

小学生の頃は習い事として習字をやっていました。

 

そんな有村さんの転機となったのが中学時代です。

 

中学3年生の時にテレビドラマを見ていた際に、「自分だったらこう演じる」と自然に考えている自分に気づいて、演技に興味が沸いています。

 

それまでは特に趣味も特技、熱中するものも何もありませんでしたが、女優という夢を見つけてからは積極的になれたと語っています。

 

(中学校の卒アル)

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:兵庫県 伊丹西高校(中退) 偏差値47(やや容易)

 

有村架純さんの出身校は県立の共学校の伊丹西高校です。

 

同校は現在は普通科のほか、総合ヒューマン類型を設置しており、看護や保育、福祉といった専門的な分野についても学ぶことができます。

 

有村さんは高校時代は母子家庭ということもあり経済的にも楽ではなかったようで、家計を助けるために高校時代には週6日、平日は4時間、休日は10時間も寿司屋とそば屋でアルバイトをこなしていました。

 

また熱があってもアルバイトを休むことはなく、見た目によらずかなりの根性の持ち主でした。

 

このような彼女ですが、高校時代は人見知りであまりガツガツしたタイプではなかったと語っています。

 

高校時代には女優を目指して数々のオーディションを受けており、高校2年生の時に現在の事務所のオーディションに合格して上京したため、同校は中退しています。

 

そのため大学などにも進学していません。

 

しかしその後の活躍は目覚ましく、20歳の時に出演したNHKの朝ドラ「あまちゃん」で大ブレイクを果たすと、以降は話題作の連続ドラマや映画に立て続けに主演するほど。

 

女優としても意識が高いようで、若手ながら演技力の高さは注目されていますし、どんな役でも体当たりで演じる姿勢は業界内でも好評です。

 

見かけに関わらず学生時代は苦労していますし、かなりの努力家ですから、女優としてさらなる活躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ