副島淳の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|誘拐されたことがあった!

 

タレントの副島淳さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。副島さんは中学時代から大学時代までバスケットボールをおこなっており、主力選手として活躍していました。また小学生時代には、なんと誘拐された経験もありました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

副島淳(そえじま じゅん)

 

 

1984718日生

身長195

血液型はO型

 

千葉県出身のタレント

本名同じ

 

以下では副島淳さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、高校時代や大学時代のエピソードなどをご紹介します。




 

経歴/プロフィールの詳細

 

2010年に「笑っていいとも!」の素人出演コーナーに出演したところ好評で、番組史上はじめて素人からレギュラーになり、タレント活動を開始。 

以降は「世界ふしぎ発見!」や「有吉反省会」、「あさイチ」などのバラエティー番組や情報番組に出演。 

2012年からNHKEテレの高校講座ベーシック英語にレギュラー出演。 

2013年の「独身貴族」でドラマ初出演して、「玉川区役所OF THE DEAD」や「勇者ヨシヒコと導かれし七人」などのドラマにも出演。 

「僕達急行」や「猫侍」、「闇金ドッグス5」などの映画にも出演している。

 

副島淳の学歴~出身大学の詳細・バスケットボールがすごかった!

 

スポンサードリンク

 

出身大学:東京成徳大学 人文学部日本伝統文化学科 偏差値37(かなり容易)

 

 

 

副島淳さんは高校卒業後は、東京成徳大学に進学しています。

 

どうやら一般受験ではなく、バスケットボールのスポーツ推薦での入学のようです。

 

大学では文学部に在籍して、日本伝統文化を専攻して歌舞伎や能などを学んでいました。

 

また体育会のバスケットボール部に入部しています。

 

 

大学時代にはバスケットボールの関東大学リーグ3部で、リバウンド王と得点王に輝いたこともありました。

 

ちなみに学生時代には当時日本バスケットボール界のスターだった高橋マイケルさんに憧れていますが、後に異母兄弟であることが判明しています。

 

副島さんは大学時代に芸能界に興味を持ったことから、卒業後は雑誌のモデルとして活動を開始しています。

 

その際には居酒屋で働きながら芸能活動をおこなっていました。

 

ただし当初は苦労したことをインタビューで話しています。

 

「居酒屋で働きながら、俳優やモデルの仕事を始めたのですが、この容姿に求められるものと、僕ができることのギャップが大きかった。オーディションに呼ばれても、「英語が話せないの?」「リズム感がないね。ダンスできないんだ」と言われ、ため息をつく審査員から、「こいつ使えない」という心の声が読み取れました」

 

とは言え25歳だった2010年に、「笑っていいとも!」内の「うちのショップの王子様」の企画に出演すると大きな反響がありました。

 

 

そのため番組史上初となる素人からレギュラーに昇格し、タレントとして活動を開始しています。

 

2017年からはNHKの「あさイチ」のリポーターに起用されて、知名度が上昇しています。

 

 

また2020年からは「世界ふしぎ発見!」のミステリーハンターにも起用されています。

 

 

その他にも俳優としても活動しています。

 

スポンサードリンク

  

副島淳の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:千葉県 市立柏高校 偏差値43 or 47(学科不明のため)

 

 

 

副島淳さんの出身校は、市立の共学校の市立柏高校です。

 

この高校は1978年開校の公立校で、スポーツ科学科を設置していることから部活動が盛んなことで知られています。

 

同校は普通科(偏差値47)とスポーツ科学科(同43)がありますが、副島さんがどちらの学科に所属していたかは不明です。

 

またこの高校ののバスケットボール部は県内では強豪として知られていますが、副島さんもバスケットボール部に所属しています。

 

現在プロバスケットボール選手として活躍している太田敦也さんらとともに主力選手として活躍しています。

 

(高校時代:6番が副島さん)

高校時代はバスケットボールで国体とインターハイに出場して、いずれも全国ベスト8という成績を残しています。

 

 

ちなみに副島さんはアメリカ人とのハーフですが英語が非常に苦手で、赤点をとったこともありました。

 

【主な卒業生】

清田育宏(プロ野球・ロッテ)

御寺ゆき(マジシャン・グラビアアイドル)

 

スポンサードリンク

 

副島淳の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:千葉県 浦安市立美浜中学校 偏差値なし

 

 

 

副島淳さんの出身中学校は、千葉県浦安市内の公立校の美浜中学校です。

 

中学時代にバスケットボール部に入部しています。

 

副島さんは中学時代のバスケットボールとの出会いが大きな転機になったとインタビューで話しています。

 

「地元の中学校に進学し、バスケットボール部に入ると転機が訪れました。グンと身長が伸び、チームで頼りにされる存在になりました。自分の特性を生かすことができたのです」

 

そのため精神的にも強くなって「お前、黒いな」と言われても、「ごめん、日焼けサロンで寝過ぎちゃって」と切り返せるようになりました。

 

その一方で中学時代に教師にその見た目から英語ができると勘違いされて、予想外にテストの成績が悪いとひどく怒られました。

 

そのためこの出来事がトラウマになってしまい、英語の勉強が嫌いになってしまいました。

 

【主な卒業生】

吉木りさ(タレント)

 

副島淳の学歴~出身小学校の詳細・誘拐されたことがあった!

 

 

出身小学校:千葉県 浦安市立美浜北小学校

 

 

 

副島淳さんの出身小学校は、浦安市内の公立校の美浜北小学校です。

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

前記のように後に高橋マイケルさんが異母兄弟だったことがわかっています。

 

また父親は日本でも活躍した俳優のウイリー・ドーシーさんですが、副島さんと会うことがなく他界しています。

 

 

そのため母子家庭で育っています。

 

 

副島さんは小学校2年生の時に母親が再婚しますが、1年間で離婚しています。

 

ただし再婚した相手の母親(義理の祖母)が離婚後も面倒を見てくれて、同居していました。

 

祖母は三味線の先生で、非常に厳しくしつけられています。

 

また小学校時代は習字を習っていました。

 

なお副島さんんは小学校2年生の時に勢いで家出した際に、誘拐されたことがありました。

 

「母親が再婚したことが嫌で家出した少年時代の副島は、公園で野宿しているときに、中東系の外国人(40代男性)から「アイス買ってあげる」と話しかけられたそう。喜んでついていくと、そのまま拉致監禁されてしまったという」

 

その際にはボロアパートに縛られて拉致監禁されましたが、犯人が電話をしても電話が止められていてつながりませんでした。

 

そのため犯人が同情して、解放されています。

 

副島さんは東京出身で当初は都内の小学校に通学していましたが、小学校4年生の時に千葉県浦安市に転居してこの小学校に編入しています。

 

浦安市に転居したのは、義理の祖母の家に住むためです。

 

ところが転校先のこの小学校でイジメを受けたことをインタビューで話しています。

 

「休み時間の校庭では、同級生が僕を的にしてサッカーボールを蹴ってきたこともありました。ほかにも、上履きや教科書を隠されたり、グループ決めで仲間に入れてもらえなかったり。学校が怖くなり、できるだけ存在感を消して、休み時間も教室で一人、下を向いて座っていました」

 

そのため副島さんは母親に「学校に行きたくない」と言いましたが、母親は「イジメに負けてほしくない」ということで受け入れませんでした。

 

一時は自殺も考えましたが、中学時代にバスケットボールに出会ったことで強くなりました。

 

 

以上が副島淳さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

現在ではそのユニークな風貌を活かして、タレントや俳優として活躍しています。

 

 

苦労人だけに末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ