宮澤エマの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|祖父や家系図も紹介

 

ミュージカル女優でタレントとしても人気の宮澤エマさんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。祖父が元内閣総理大臣の宮澤喜一さんである宮澤さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、家系図なども併せてご紹介いたします

 

宮澤エマみやざわ えま)

 

01

 

19881123日生

身長156

血液型はO型

 

東京都出身のタレント、女優

本名及び旧芸名はラルファー宮澤エマ

 

以下では宮澤エマさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 




 

経歴・プロフィールの詳細

 

2012年に芸能界入りし、バラエティー番組「ネプリーグ」でテレビ初出演。 

以降も「笑っていいとも」や「さんま御殿」、「ワイドナショー」などの人気番組に出演。 

2013年のミュージカル「メリリー・ウィル・ロール・アロング」で女優デビュー。 

その他にも「ラ・マンチャの男」や「天使にラブソングを」などのミュージカルの舞台に出演している。

2015年に本名から「宮澤エマ」に芸名を改名した。

 

宮澤エマの学歴~出身大学(オクシデンタル大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:アメリカ オクシデンタル大学 難易度 中の上

 

 

 

宮澤エマさんは高校卒業後は、アメリカのオクシデンタル大学に進学します。

 

同大はリベラルアーツ系(少人数制)の大学の名門校で、オバマ前大統領もコロンビア大学に編入前に在籍していました。

 

アメリカのリベラルアーツカレッジランキングでは33位にランクされ、さほどの難関校ではありません。

 

宮澤さんは意外にも勉強嫌いでしたが、それでも大学は行っておいたほうがいいと考えてこの大学に進学しています。

 

また同大で宗教学を学ぶと嫌いだった勉強が面白くなったとインタビューで話しています。

 

「そこで宗教学を学びはじめたら、とてもおもしろくて初めて勉強を楽しいと思えました。それまでの「自分は勉強ができない、だから嫌い」から「好きなものを学ぶのは楽しい」に変化したんです。そして、解答が間違っていても「その考えはおもしろい」と正解よりも考えることや発想力を認めてくれた教授と出会えたことも大きかったです」

 

どうやら大学在学中に得たものは大きかったようです。

 

また宗教学を専攻した理由については、次のように語っています。

 

「アメリカの大学では入学後、はじめの1、2年でいろいろな科目をとっていくなかで専攻を決めるシステムで、国際関係や歴史も考えましたが、社会学の勉強になると思って、宗教を学ぼうと決めました。今になって、ミュージカルに出演しているとだいたいの作品に宗教が絡んでいるので、学んでおいて良かったなと思います」

 

すると大学3年生の時にはイギリスのケンブリッジ大学へ1年間の留学も経験しています。

 

宮澤さんは大学進学後はいったん歌からは離れていましたが、ケンブリッジ大学に留学中にビッグバンドのボーカルを担当するなど音楽に触れる機会が多かったことから改めて自分を表現する仕事がしたいと思うようになっています。

 

イギリスの大学に1年留学した時に、ビッグバンドのボーカルで歌ったり音楽に触れる機会が多くて、やはり自分を表現する仕事をしていきたいなと改めて再確認しました

 

そのためオクシデンタル大学を卒業した2012年に帰国して芸能界入りを果たすと、ミュージカル女優を志すしています。

 

その際には家族も反対せず、祖父の元総理大臣の宮澤喜一さんも「エマちゃんは歌手になりたいんでしょ」と言ってくれたそうです。

 

この年の11月に宮本亜門さん演出のミュージカル「メリリー・ウィー・ロング・アロール」で女優デビューを飾っています。

 

 

また宮澤さんはバラエティ番組などに出演すると、タレントとしても人気者になっています。

 

 

ただし本人はあくまでも女優志望だったので、当初はタレントとして注目されたことに対しては「もどかしくもんもんとしていました」とインタビューで話しています。

 

同じく総理大臣の孫のDAIGOさんとともに話題になっています。

 

 

ミュージカル女優としては主役に起用されるほどになっています。

 

 

またたびたび音楽番組に出演して自慢の歌声を披露しています。

 

今後の活動にも期待ですね。

 

スポンサードリンク

 

宮澤エマの学歴~出身高校(聖心インターナショナルスクール高等科)の詳細

 

出身高校:東京都 聖心インターナショナルスクール 高等科 難関

 

 

 

宮澤エマさんの出身高校は、聖心インターナショナルスクールです。

 

この学校はインターナショナルスクールの名門校で、ハーバード大学などの世界的な名門校に進学する卒業生もいます。

 

同校は一般的な高校と選考方法が異なるので、偏差値は存在しません。

 

入学の際には本人や親の英語力が必須で、英語による面接が大きなポイントになります。

 

また授業料も一般的な高校よりもかなり高額であることで知られ、年間の授業料は200万円ほどで、入学金などの諸経費も100万円ほどかかります。

 

宮澤さんは高校時代は合唱部に在籍していました。

 

また歌を歌うのが好きだったことから、ボイストレーニングもおこなっていました。

 

なお宮本亜門さんの32歳年下の弟とは同級生で同じ合唱部に所属していたこともあって、高校時代に宮本さんに歌を聴いてもらったことがあります。

 

そんな縁もあってはじめて出演したミュージカルのオーディションに宮本さんから声をかけてもらっています。

 

 

さらに宮澤さんは掛け持ちで演劇部にも在籍しており、当時からミュージカルの舞台に立っていました。

 

加えて宮澤さんは高校3年生の時に歌手デビューの話があったことをインタビューで明らかにしていますが、最終的には大学に進学することを選んだため高校時代は芸能活動をおこなっておりません。

 

なおこの高校は芸能活動を厳禁していることから、このあたりも影響したのかもしれませんね。

 

ちなみに当時の宮澤さんはぽっちゃり体型だったことから、男子からはモテなかったそうです。

 

加えて宮澤さんが高校3年生の時に、祖父で内閣総理大臣を務めた宮澤喜一さんが亡くなっています。

 

【主な卒業生】

関根麻里(タレント)

シルビア・グラブ(女優)

国谷裕子(キャスター)

リマ(NIZIU)

 

スポンサードリンク

 

宮澤エマの学歴~出身中学校(聖心インターナショナルスクール中等科)の詳細

 

出身中学校:聖心インターナショナルスクール 中等科 難関

 

 

 

宮澤エマさんの出身中学校は、聖心インターナショナルスクール中等科です。

 

この中学校は出身高校に併設している系列校で、高校へは内部進学しています。

 

後述するように小学校は普通の学校に通学していましたが、両親がバイリンガルになってほしいという願いがあったことから中学校はインターナショナルスクールに通学しています。

 

ただし宮澤さんは当初は英語に苦戦して、「最初の3、4か月間は本当にしんどかった」とインタビューで話しています。

 

そのため学校にも行きたくなかったそうです。

 

そんな中、中学1年生の夏休みに親にアメリカのサマーキャンプに1か月間無理やり入れられてアメリカ人と接した経験で英語に自信がついたそうです。

 

以降は学校が楽しくなって演劇部や合唱部に入部しています。

 

また中学時代はバンドも組んでおり、当時からボイストレーニングを受けています。

 

さらに宮澤さんは中学時代に、ホイットニー・ヒューストンやマライア・キャリーに影響を受けたことをインタビューで話しています。

 

「中学のときにマライア・キャリーやホイットニー・ヒューストンなどのディーバ系と言われるものに出会って、こんな歌い方があるんだと思って、凄く影響を受けて真似をしていました」

 

これをきっかけにブラックミュージックにも興味を持って、ブルースやジャズ、ソウルなども聴きはじめたそうです。

 

宮澤エマの学歴~出身小学校(森村学園初等部)の詳細

 



 

出身小学校:神奈川県 森村学園初等部 

 

 

 

宮澤エマさんの出身小学校は、私立の共学校の森村学園初等部です。

 

家族構成は両親と姉の4人家族です。

 

 

姉は外資系企業でCEOを務めるラルファー宮澤沙羅さんです。

 

 

父親は元駐日大使のクリストファー・ラルファーさんで、日米のハーフです。

 

 

母方の祖父は第78代内閣総理大臣の宮澤喜一さんです。

 

 

子供の頃は喜一さんのことを「グラン・ダッド」と呼んでおり、週に1回は祖父の家でディナーをしていました。

 

ちなみに子供の頃に喜一さんと外出する際にはいつもSPがついて護衛しており、握手を求める人もいたことから、子供ながらに漠然と「すごい」と思ったそうです。

 

家族と一緒の時は喜一さんはとてもやさしいおじいちゃんだったそうです。

 

 

宮澤さんは日本で生まれていますが、3歳の頃に父親の仕事の関係で渡米して幼稚園に入学するまでは日本とアメリカを行き来する生活をしています。

 

ただし渡米した際は英語がまったく話せなかったので、3か月間は現地の子供と口をきかなかったそうです。

 

子供の頃から歌やミュージカルが大好きで、両親や祖母がたびたび本場ブロードウェイのミュージカル鑑賞に連れて行ってくれています。

 

ちなみに学生時代に日本で見たミュージカルは、「アニー」と「葉っぱのフレディ」の2作品だけだそうです。

 

また幼稚園に入学する際に日本に戻った頃には、今度は日本語が話せなくなったと述べています。

 

 

森村学園初等部では歌手のMay.Jさんと同級生でした。

 

以上が宮澤エマさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

当初はタレントとして注目されましたが、現在は主にミュージカル女優として活躍しています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

They thought of you and me. #cafemogador #ny #williamsburg #cheerstous ポートレートモード、いい仕事を今日もありがとう🥂

宮澤エマ Emma Miyazawa(@emmamiyazawa)がシェアした投稿 –

 

またこのところはたびたび主演にも起用されています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ