小川紗良の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と高校時代から映画を撮っていた

 

女優で映画監督の小川紗良さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。実は小川さんは進学校に通学しながらも、高校時代から映画を撮影していました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

小川紗良(おがわ さら)

 

 

199668日生

身長159

血液型はB

 

東京都出身の女優、映画監督

 

以下では小川紗良さんの学歴や出身高校大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます

 




 

小川紗良の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:早稲田大学 文化構想学部 偏差値68(難関)

 

 

 

小川紗良さんは高校卒業後は、私大の名門の早稲田大学に進学しています。

 

在籍する文化構想学部は2007年に設置された新しい学部で、メディアやジャーナリズム、現代人間論などを多岐的に学ぶことができる学部です。

 

小川さんは「早稲田にはバラエティー豊かな方々がいて、授業もあらゆる分野から選べる」ということでこの大学に進学しています。

 

 

また大学では映画サークルの「稲門シナリオ研究会」に所属しており、脚本や映画作りを学んでいます。

 

またこの大学で教鞭をとっている「万引き家族」や「そして父になる」などの映画の監督で知られる是枝裕和さんの指導を受けたりもしています。

 

大学1年生だった2015年には「週刊プレイボーイ」の「ミス新入生を探せ」に取り上げられています。

 

 

そして大学2年生の時には自ら主演した映画「あさつゆ」で映画監督デビューを果たしています。

 

 

 

この年齢にして女優兼監督というのも珍しいですが、作品はゆうばり国際ファンタスティック映画祭に出品して入選しており、評価も高いようです。

 

そのために「インディーズ映画界の若き女王」などとも呼ばれています。

 

この映画の製作については次のようにインタビューで語っています。

 

監督と役者って、考えなければならないことが全然違うんです。監督は、作品やスタッフ、現場を含めた全体像を捉える仕事なのですが、役者は役のことが第一なので、視点が全く異なります。『あさつゆ』のときはうまく切り替えができず、現場はカオスでした(笑)

 

そして大学3年生の時には「BEATPIA」という映画も監督しており、前作の反省を活かして主演はせずに主要キャストで出演しています。

 

(BEATOPIAの撮影現場)

 

 

また大学時代は女優としても活動しており、大学4年生の時には連続ドラマ「ブラックスキャンダル」にレギュラー出演しており、NHKの朝ドラ「まんぷく」にも出演します。

 

 

このように女優に映画監督にと忙しかった大学時代でしたが、学業と両立させて2019年3月に大学は卒業しています。

 

 

大学卒業後も同じスタンスで活動しており、2020年冬には初の長編映画「浜辺の金魚」が公開予定です。

 

スポンサードリンク

 

小川紗良の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:都立国際高校 国際学科 偏差値67(難関)

 

 

 

小川紗良さんの出身高校は、都立の共学校の国際高校です。

 

この高校は目黒区にあり、国際学科のみを設置しており、高度の英語教育に定評があります。

 

小川さん自身都立校に通学していたことを明らかにしており、インタビューでも高校は国際科だったと話していることから、間違いないはずです。

 

 

高校時代はジャズ部に在籍しており、トランペットを担当しています。

 

高校では体育祭や学校祭などの行事のたびにドキュメンタリービデオを撮っており、そこで撮影や編集作業に触れたことで映画作りの面白さに目覚めたとコメントしています。

 

「高校では体育祭などの行事のたびにドキュメンタリービデオを作っていて、そこで撮影や編集に触れたことで面白さに目覚めました」

 

また高校時代に高校生向けの情報雑誌「HR」の専属モデルになったことで芸能界入りしています。

 

 

 

小川さんはこの頃から女優としての活動を開始していますが、女優として映像作りに関わるのも楽しかったことからその後も女優活動を継続したことをインタビューで話しています。

 

高校3年生の時に主演した映画「イノセント15」はイギリスのレインダンス映画祭に出品されて高い評価を得ています。

 

 

 

また高校3年生の時には「地獄先生ぬ~べ~」でテレビドラマに初出演しています。

 

【主な卒業生】

KREVA(ラッパー)

ホラン千秋(タレント)

水野真裕子(アナウンサー)

 

スポンサードリンク

 

小川紗良の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

小川紗良さんの出身中学校は都内の公立校のようですが、校名などは判明していません。

 

小学校・中学校時代はいずれも学級委員を務める優等生タイプだったとインタビューで話しています。

 

 

中学時代は人間関係に悩んでおり、トイレで泣いていたこともありました。

 

しかし当時の学年主任の女性教師から「弱いね」と言われたことで、強がっていた自分に気づいたとも話しています。

 

「ある時、耐えきれなくてトイレで泣いていたら、その先生と鉢合わせして、いきなり「弱いね」と言われました。「泣いているのになぜそんなひどいことを言うの」と衝撃を受けましたが、よく考えると本当は弱い人間なのに強がっていた自分に気付いた」

 

そのため以降は友達にぶつかっていったことから、人間関係は改善されたようです。

 

なお後述するように小川さんは小学校時代は「モーニング娘。」の大ファンでしたが、中高時代は「いったん離れた」と話しています。

 

しかし20歳を過ぎた時に再びファンになっています。

 

小川紗良の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

小川紗良さんの出身小学校も都内の公立校のようですが、校名などは不明です。

 

 

子供の頃から絵本を書いたり、音楽や劇を作ったりするのが好きだったと話しています。

 

また小川さんは幼少期からハロープロジェクトに所属するアイドルが大好きです。

 

特にお気に入りは「モーニング娘。」で現在でも大ファンであることを公言しています。

 

子供の頃は文具も「モーニング娘。」のものを使っていました。

 

そのため2020年にはバラエティ番組「今夜くらべてみました」に出演して、モーニング娘。愛を熱く語っています。

 

 

ちなみに当時は石川梨華さんの大ファンでした。

 

加えて小川さんは小学校時代から女優を志しており、学芸会などでも主演で出演していたことを明らかにしています。

 

 

ちなみに頭脳明晰な小川さんですが、スポーツや運動は子供の頃から苦手でした。

 

以上が小川紗良さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

まだ20代ながら本業の女優や監督業のほかにもコラムや絵本の執筆などもしており、かなりの才能が感じられる人物です。

 

また女優としてはこのところ連続ドラマに起用されるなど、徐々に知名度も上昇しています。

 

女優や映画監督としても将来が楽しみです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ