原晋の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|練習をサボっていた!

 

陸上競技指導者でタレントの原晋さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。青山学院大学を駅伝の強豪校に育て上げた原さんですが、意外にも大学時代は練習をサボって飲み会やパチンコに明け暮れていました。学生時代のエピソードや情報、若い頃の画像なども併せてご紹介いたします

 

原晋(はら すすむ)

 

 

1967年3月8日生

身長176㎝

血液型は非公表

 

広島県三原市出身の陸上競技指導者、タレント

青山学院大学陸上競技部長距離ブロック監督

本名同じ

 

以下では原晋さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

原晋の学歴~出身大学の詳細・練習をサボっていた!

 

スポンサードリンク

 

出身大学:中京大学 体育学部 偏差値50(普通・現在)

※現在はスポーツ科学部

 

 

 

原晋さんは高校卒業後は、私立大の中京大学に進学しています。

 

出身高校のOBが当時の陸上部の監督を務めていた縁で、この大学に進学しました。

 

また高校時代の練習が厳しかったことから、陸上の強豪校ではなくのびのび練習できる環境だったことも決め手になりました。

 

大学時代も体育会陸上部に在籍して、競技に励んでいました。

 

 

原さんは大学時代は怪我やサボりが原因で思った成績を残すことができずに、当時を次のように振り返っています。

 

「大学時代、1、2年はパチンコと飲み会に明け暮れ、3年で日本インカレ5千メートル3位という結果こそ残したものの、希望した実業団からは門前払い。」

 

このように原さんは大学時代は長距離ランナーとしてさほどの良績を残すことができませんでした。

 

また自身も「やり切れずに終わった競技人生」と述べています。

 

原さんは大学卒業後は陸上競技部の第一期生として中国電力に就職をしています。

 

 

しかし捻挫をしっかり治療しなかったことから、監督と衝突ばかりしていたといいます。

 

当時のことについて次のように振り返っています。

 

「結局、大学でも実業団でも覚悟の度合いが足りなかったのだと思います。高校進学のときのように、覚悟を持って自ら選んだ進路ではなく、他人に言われ、なんとなく決めた道ではいけなかったんです」

 

 

そのため5年ほどで競技生活を引退しており、27歳だった1995年に中国電力の営業所の配属をされており会社員として再スタートをしています。

 

しかし原さんが陸上で学んだことは全く活かされずに、営業先に行っても気の利いたことは何一つ言えなかったそうです。

 

とは言え営業マンとしては非常に優秀で、10年間にわたりトップクラスの営業成績を残していました。

 

 

36歳だった2004年に、青山学院大学の陸上競技部の監督へ就任しています。

 

ちなみに当時の原さんは陸上部の監督やコーチを務めたことがありませんでしたが、高校の後輩経由で話が来ています。

 

また当時の青山学院大学の陸上部は弱小で、専用のグラウンドもなく、部活というよりもサークルの雰囲気でした。

 

原さんは当時のことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「監督になって最初に取りかかったのは、部員に規則正しい生活をさせることでした。朝5時起床、門限22時、消灯22時15分。駅伝は体ひとつの競技ですから、規則正しい生活が第一。それがベースにあってこそ、練習を重ねて技術を高めていけるのです。ただ、就任後3年間はルール破りが日常茶飯事で本当に大変でした。おまけに大学やOBからも『原は厳しすぎる』と非難されたりしましたからね。」

 

すると監督就任から5年後の2009年に、33年ぶりに青山学院大学を箱根駅伝に導いています。

 

そして2015年には、青山学院大学に念願の箱根駅伝史上はじめての総合優勝をもたらしています。

 

 

またタレントとしても活動しており、「ミヤネ屋」などでコメンテーターを務めています。

 

 

 

スポンサードリンク

 

原晋の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:広島県 世羅高校 偏差値40~45(学科不明のため)

 

 

 

原晋さんの出身高校は、県立の共学校の世羅高校です。

 

この高校は1896年開校の伝統ある県立校です。

 

また駅伝の全国的な強豪校として知られ、男女ともに数々の陸上選手を輩出しています。

 

また同校は以下の3つの学科を設置していますが、原さんがどの学科に在籍したかは不明です。

 

普通科:偏差値45

農業経営:偏差値41

生活福祉:偏差値40

※原さんが在籍した当時は、普通科、家政科、農業開発科、農業機械科

 

高校時代は陸上部に在籍をしており、キャプテンも務めていました。

 

原さんは高校では寮生活をしており、上下関係が厳しく当時のことについて次のように振り返りました。

 

「寮生活は上下関係が厳しくて…。また理不尽なことを要求する先輩たちが嫌で嫌でたまりませんでした。それでも陸上がやりたくて、わざわざ地元を離れてまで選んだ道。何が何でも結果を出そうという覚悟がありました。だから、競技で先輩を見返してやろうと思ったんです」

 

また原さんは納豆が苦手でしたが寮生活では残すことは許されなかったことから、味噌汁に混ぜて飲み込むように食べていたとインタビューで話していました。

 

原さんの高校時代は水を飲むなという習慣だったと話しており、当時のことについて次のように話しています。

 

「当時の高校部活は“運動中は水飲むな”の時代でした。給水という概念がなく、山の中で合宿したときは生きる手段として川に入り、水を飲んでまた走るということをしていました。そうしないと自分が疲れて倒れちゃうと、感覚で知っていたのでしょうね。自分で作戦を立てて行動することが好きでしたから、倒れる前にどうやったら生き延びるかを考えながら行動してました。」

 

原さんの学年には際立った選手がいないことから監督からは「駄馬軍団」と言われたこともありましたが、自分たちでルールを決めて取り組んだ結果全国高校駅伝大会で準優勝の成績を残すことができました。

 

【主な卒業生】

田中卓志(お笑い・アンガールズ)

 

スポンサードリンク

 

原晋の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:広島県 三原市立第一中学校 偏差値なし

 

 

 

原晋さんの出身中学校は、地元広島県三原市内の公立校の三原市立第一中学校です。

 

中学時代は陸上部に在籍をしており、長距離を専門としていました。

 

原さんが陸上をはじめたきっかけについてインタビューで次のように話していました。

 

「実家近くの国道2号線が『中国駅伝』のコースになっていて、宗兄弟など実業団の駅伝選手に憧れ、陸上を始めたのです。しかし、中学の陸上部で長距離選手だったのは自分だけでしたね」

 

中学3年生の時に駅伝大会に出場するためにバスケットボール部やテニス部の生徒を誘ってチームを作っており、レースの戦略などすべて自ら考えて優勝を果たしました。

 

原晋の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:広島県 三原市立糸崎小学校

 

 

 

原晋さんの出身小学校は、地元三原市内の公立校の三原市立糸崎小学校です。

 

原さんは男兄弟の末っ子でした。

 

父親は小学校教師をしていましたが、「勉強しなさい」とは一度も言われたことがなかったそうです。

 

原さんは自身の子供時代についてインタビューで次のように話しています。

 

「僕はやんちゃ坊主だったなぁ。当時の遊びというものが外で駆け回ることしかなく、ソフトボールや相撲、缶蹴りとか外遊びがばかりしていました。実家のすぐ裏が海ですぐ飛び込める環境でしたが、水泳はあまり好きじゃなく魚釣りをする程度。小学4~6年頃には6~8人のグループを作って、下水管の中に入ってたわむれワイワイ騒いでいるようなガキ大将でした。」

 

小学校時代からマラソンに興味を持っており、インタビューで次のように話しています。

 

「小学生の頃は自主的にマラソン大会を調べて新聞の切り抜きを親に持って行き、これに連れて行ってくれと頼んで参加するような事をやっていました。」

 

以上が原晋さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

陸上競技の指導者としては、青山学院大学を駅伝の強豪校に育て上げました。

 

 

またタレントとしても情報番組やバラエティ番組に多数出演しています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ