嘉門洋子の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と若い頃のかわいい画像

 

女優の嘉門洋子さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。人気絶頂期に薬物疑惑で姿を消した嘉門さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

嘉門洋子(かもん ようこ)

 

 

1980年3月6日生

身長160㎝

血液型はO型

 

石川県金沢市出身の女優、タレント

本名同じ

 

以下では嘉門洋子さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

嘉門洋子の学歴~出身高校(金沢辰巳丘高校・日出女学園高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:石川県 金沢辰巳丘高校 偏差値43(容易)

※後に転校

 

 

 

嘉門洋子さんが入学したのは、県立の共学校の金沢辰巳丘高校です。

 

この高校は1985年開校の県立校で、普通科(偏差値43)のほか芸術科(偏差値43)も設置しています。

 

嘉門さんがどちらの学科に在籍したかは不明です。

 

高校時代は帰宅部で、部活動などはおこなわなかったようです。

 

また高校1年生の時に両親が離婚をするという話をしており、嘉門さんは「離婚してバラバラになるのなら東京に行かせてください」と言い放ちました。

 

そして同じ時期に家出同然で上京しています。

 

上京後は芸能事務所に所属しています。

 

また日出女子学園高校の芸能コース(偏差値42)に編入しています。

※現在は目黒日本大学高校

 

 

 

この高校では仲間由紀恵さんと奥菜恵さんと同級生でした。

 

嘉門さんは子供の頃から芸能界に憧れていたことから、女優になりたいと思い自分でオーディションの雑誌を購入しています。

 

嘉門さんが芸能界に入ったきっかけについてはインタビューでは次のように話しています。

 

「家から逃げ出したかったんです。父が身体的に障害があったので祖母と祖父が幼稚園の経営を始めました。父はそのストレスでメンタルが…。母も弱い人間だったので家が地獄のようだった。だからいつも夢見てたんです。テレビに映ってる女優がキラキラしてて幸せそうに見えて、そうなりたいと。」

 

そして東京パフォーマンスドールの研修生になれば、レッスンが無料で受けられるということを知って応募して合格をしました。

 

しかし条件が「東京在住に限る」と言うことを合格後に知っています。

 

また当初は親戚の家に居候をしていましたが、離婚をした母親が東京に来ていたため母親と暮らしながらレッスンを受けていました。

 

ちなみに離婚後の嘉門さんの親権は父親にありました。

 

嘉門さんはダンスが非常に下手だったことから連絡が来なくなり、干されています。

 

そのままグレはじめてしまい、夜の街で遊び歩いていたところ最初の社長に出会っており「水着とかやるんだったら寮に住んでいいよ。月給制にしてあげるよ」って言われて即答で「やります」と返事をしています。

 

嘉門さんはこれまで人前で水着になったことがなかったことから、当初は水着に抵抗がありました。

 

月給と言う言葉に惹かれただけで、「やります」と返事をした後に後悔をしたといいます。

 

そのため撮影のたびに着替える部屋にこもって泣いていましたが、だんだん慣れていき数年後には、ニップレスだけで撮影現場を平気で歩き廻るようになったことを明かしていました。

 

嘉門さんは高校2年生だった1996年にグラビアアイドルとしてデビューをしており、翌年にはフジテレビビジュアルクイーンに選出されています。

 

 

また当時は売れっ子グラビアアイドルとして人気を集めていましたが、家賃や生活費を払ってくれたうえで月給7万円ほどしかもらっていませんでした。

 

当時の嘉門さんは月給でもらえていたことから、お金のことはさほど気にしていなかったと振り返っています。

 

嘉門さんは高校1年生の頃から母親とは会っておらず、寂しいという思いもあって不安定になり精神安定剤を処方されていたことも明かしていました。

 

 

なお時期は不明ですが喫煙がきっかけで、日出女子学園高校を中退しています。

 

そのため大学などにも進学していません。

 

以降もグラビアアイドルやタレントとして人気を博しましたが、20歳だった2000年に薬物パーティへの参加疑惑が報じられてメディアへの出演が激減しています。

 

 

一時はセクシー路線に移行したこともありましたが、その後は女優業に専念しています。

 

すると2020年にはNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」にも出演しました。

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

嘉門洋子の学歴~出身中学校(金沢大学教育学部附属中学校)の詳細

 

出身中学校:石川県 金沢大学教育学部附属中学校 偏差値57(中の上)

※現在は金沢大学附属中学校

 

 

 

嘉門洋子さんの出身中学校は、国立の共学校の金沢大学教育学部附属中学校です。

 

この中学校は1947年開校で、地元では古くからの進学校として知られています。

 

嘉門さんはこの中学校の系列の小学校に通っていたことから、内部進学で進んでいます。

 

3歳年上の女優の田中美里さんは中学時代からの知り合いで、アルバイト先に遊びに行ったこともありました。

 

なおこの中学校には系列の高校がないことから、高校受験をして前記の高校に進学しています。

 

【主な卒業生】

高倉美貴(女優)

松尾由美(作家)

 

スポンサードリンク

 

嘉門洋子の学歴~出身小学校(金沢大学教育学部附属小学校)の詳細

 

出身小学校:石川県 金沢大学教育学部附属小学校

※現在は金沢大学附属小学校

 

 

 

嘉門洋子さんの出身小学校は、国立の共学校の金沢大学教育学部附属小学校です。

 

家族構成は両親と姉の4人家族のようです。

 

実家は幼稚園を経営しており、裕福な家庭に生まれ育っています。

 

ただし両親は不仲で、前記のように嘉門さんが高校入学後に離婚しています。

 

また姉とは子供の頃からよく喧嘩をしていました。

 

父親が亡くなった時には嘉門さんが幼稚園を手伝っていなかったことから、遺産を貰えなくする書類にサインをさせられたことを明かしています。

 

嘉門さんは小学校低学年までは大人しい性格の子供でした。

 

小学3年生の時に活発な同級生の影響で、嘉門さんも活発になり放課後にサッカーをするようになりました。

 

以上が嘉門洋子さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

タレントやグラビアアイドルとして高い人気を誇りましたが、人気絶頂期に薬物疑惑が持ち上がりテレビから姿を消しました。

 

それでも女優として地道に活動しており、このところは出演作も増えています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ