黒田有彩の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|勉強ができた!

 

タレントの黒田有彩さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。宇宙飛行士を目指して話題になった黒田さんですが、「超」のつくような進学校から難関大学に進学していました。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

黒田有彩(くろだ ありさ)

 

 

兵庫県神戸市出身のタレント

本名同じ、愛称は「くろあり」

 

以下では黒田有彩さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

黒田有彩の学歴~出身大学(お茶の水女子大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:お茶の水女子大学 理学部物理学科 偏差値58(やや難関)

 

 

 

黒田有彩さんは高校卒業後は、お茶の水女子大学に進学しています。

 

後述するように黒田さんはセンター試験では高得点をとっていますが、2次試験で失敗をしており、第一志望だった名古屋大学の理学部には落ちています。

 

2次試験を受けた際には母親についてきてもらい、前日には名古屋で過ごしていましたが落ち着きがなく食事もすることができませんでした。

 

分からない問題にぶつかってしまったことで、頭が真っ白になり立て直すことができなくなったとのことです。

 

黒田さんは受験をするのは国公立大学のみと決めており、浪人をする覚悟もなかったといいます。

 

そのため後期はセンターの得点で合否が決まるこの大学にしていました。

 

また黒田さんは幼少期から宇宙に興味がありサイエンスものが好きだったことから、大学に進学するのであれば「相対性理論」が分かる人になりたいと思っていました。

 

大学1年生の時に池袋でスカウトをされたことがきっかけで芸能界入りをしています。

 

 

なお大学3年生のときには宇宙航空研究開発機構(JAXA)が宇宙飛行士を募集をおこなっていることを知って、応募をしたこともありました。

 

このことについてはインタビューで次のように語っています。

 

「募集要項には大学卒業後3年以上の実務経験が必要と書かれていたんですけど、『気持ちは伝えないと分からないじゃない?』という若さゆえのものがあって(笑)、出してみました。」

 

ただしこの際は不合格になっています。

 

黒田さんは大学在学中になりゆきでグラビアアイドルとして活動をすることになり、このことについてインタビューでは次のように話していました。

 

「普通の人が触れない世界に行ってみたいんです。普通は繋がらないことをやっていきたい思っていて、グラビアに出ながらサイエンス番組に出ることで、たくさんの人の興味を繋げていきたいんです」

 

大学4年生だった2009年には、深夜番組の「キャンパスナイトフジ」のキャンパスナイターズのメンバーに抜擢されています。

 

なおこのように大学時代から芸能活動をおこなっていますが、学業とも両立させて大学はキッチリと卒業しています。

 

 

ちなみに卒業研究のテーマは「背景重力波からわかる宇宙のインフレーションについて」でした。

 

以降もタレントやグラビアアイドルとして活動しています。

 

 

2020年にはYOUTUBEに公式チャンネルを開設しています。

 

 

2021年にはJAXAが13年ぶりに宇宙飛行士の募集をすると、黒田さんは再び応募したことを明らかにしています。

 

 

そのため「宇宙を目指すタレント」として注目を集めています。

 

スポンサードリンク

 

黒田有彩の学歴~出身高校(兵庫県立長田高校)の詳細

 

出身高校:兵庫県 長田高校 普通科 偏差値72(超難関)

 

 

 

黒田有彩さんの出身高校は、県立の共学校の長田(ながた)高校です。

 

この高校は1920年開校の県立校で、古くから県内ではトップクラスの進学校として知られています。

 

また同校は現在は以下の2つの学科を設置していますが、黒田さんが在籍した当時は普通科のみの設置でした。

 

数理探究:偏差値75

普通:偏差値72

 

黒田さんはこの高校に一般受験で入学しており、かなりの学力を有していました。

 

 

高校時代はダンス部に在籍をしていました。

 

高校2年生の時の進路希望調査で第一志望に「芸能界」と書いており、母親と先生を驚かせています。

 

母親や先生からは大学に進学後に好きに事をすればよいと言われたため、それであったら大学で宇宙を学ぼうと思いました。

 

高校3年生の夏前に部活動を引退後は勉強漬けの日々を送っており、自宅と予備校と学校を移動するだけの日々だったといいます。

 

黒田さんは国語が苦手で同じ年の11月までは6割ほどの点数でした。

 

しかし最後の1ヶ月で過去問題を20年分解いており、センター試験に臨んだところ9割を超えるほどの快挙だったとのことです。

 

その上、センター試験の数学では模試でもとったことがない200点をたたき出し、物理も100点でした。

 

【主な卒業生】

宇垣美里(アナウンサー)

伊藤利尋(アナウンサー)

 

スポンサードリンク

 

黒田有彩の学歴~出身中学校(神戸市立鷹取中学校)の詳細

 

出身中学校:兵庫県 神戸市立鷹取中学校 偏差値なし

 

 

 

黒田有彩さんの出身中学校は、地元神戸市内の公立校・神戸市立鷹取中学校です。

 

中学生の頃に作文コンクールで入賞をしており、NASAを訪問したことがきっかけとなって宇宙の虜になっています。

 

当時のことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「大きな物が打ち上がるというところに単純に感動しました。実物大の模型も見て、『これが空に飛んで行くのか!』と感じたり。映画やテレビで見ていた物が自分の目の前にあるという高揚感で、『宇宙、すごい!』という衝撃でした。」

 

【主な卒業生】

高橋恭平(なにわ男子)

 

黒田有彩の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

黒田有彩さんの出身小学校は、地元神戸市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の2校のいずれかの可能性が高そうです。

 

神戸市立西須磨小学校

神戸市立若宮小学校

 

家族構成は両親と兄2人の5人家族のようです。

 

兄たちは勉強の方法を教えてくれたり、家族も受験の際にはサポートをしてくれたとのことです。

 

また神戸出身だったこともあり、阪神淡路大震災も心の隅にあったため今の生活は当たり前ではなく、支えられて勉強ができていることを考えるようになり成績も変わっていったといいます。

 

黒田さんは幼少期から隠れ目立ちたがり屋な性格でした。

 

子供の頃はアニメ「美少女戦士セーラームーン」が好きだったことから、登場人物の名前に使われていたマーキュリー(彗星)やマーズ(火星)かわ惑星に興味を持つようになりました。

 

黒田さんは書道十段の腕前とのことから、子供の頃から書道を習っていた可能性が高いでしょう。

 

以上が黒田有彩さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大学時代から芸能活動をはじめて、タレントやグラビアアイドルとして数々のメディアに出演しています。

 

またこのところは再び宇宙飛行士を目指して注目を集めています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ