堀米雄斗の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のかっこいい画像

 

スケートボード選手の堀米雄斗さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。東京オリンピックで金メダルを獲得した堀米さんですが、実は高校時代までアルファベットの小文字を知りませんでした。学生時代のエピソードや情報、当時のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

堀米雄斗(ほりごめ ゆうと)

 

 

1999年1月7日生

身長170㎝

血液型はAB型

 

東京都江東区出身のスケートボード選手

本名同じ

 

以下では堀米雄斗さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

堀米雄斗の学歴~出身高校(聖進学院)・大学の詳細・アルファベットの小文字を知らなかった!

 

スポンサードリンク

 

出身高校:サポート校 聖進学院 東京校 偏差値なし

 

 

 

堀米雄斗さんの出身高校は、サポート校の聖進学院東京校です。

 

同校は通信制高校の大智学園高校(偏差値なし)のカリキュラムをサポートして高校卒業の資格取得を目指す学校で、堀米さんの最終学歴も大智学園高校通信制課程卒ということになります。

 

堀米さんは高校ではスケートボードの練習をメインでできて、学業との両立もでき、短期で海外に行くためにも融通が利く学校を希望していました。

 

中学3年生で進路を決める際に調べていたところ、この高校の存在を知ります。

 

 

授業は月曜と水曜日、金曜日のみで朝の10時から16時までという情報を見て、この高校に進学したいと思いました。

 

学校側にはボードを持参して登校をしたいとお願いをしており、入学時には「路上でスケートボードに乗らない」と約束をしています。

 

高校1年生の時にはスケートボードをやっているという理由からなのか、ヤンチャな男子が多いクラスに配属をされました。

 

学校の授業が終わるとそのまま練習場に向かうという学校生活を送っていました。

 

 

高校1年生の時にはカリフォルニア発のスケートシューズブランド「DVS」がスポンサーになっています。

 

高校2年生の時にはアメリカに短期留学をしており、これがきっかけとなり高校3年生の時には「Blind Skateboards」と契約をしています。

 

このスポンサーがついたことで高校卒業後にアメリカに行く決心がついたとのことです。

 

また堀米さんは2014年と2015年の2年連続で、日本スケートボード協会の年間チャンピオンに輝きました。

 

 

堀米さんは勉強は嫌いだったため、高校生活は憂鬱な3年間だったと振り返っています。

 

この高校の入学時には「アルファベットの小文字を書きなさい」という質問に対して、大文字のABCを小さく書いており「そんなの習っていません」と言ったそうです。

 

ただし後に海外での活動を通じて英語をマスターしており、現在では「ペラペラ」のレベルです。

 

高校時代は3年間たくさんスケートボードができたとのことでしたが、入学の時には父親は借金をしてくれたことを明かしていました。

 

この借金は後に大会で勝った際の賞金で返したとのことです。

 

また高校時代からは周囲に気を遣うことを知ってしまったとのことで、インタビューでは次のように話していました。

 

「仲の良い友達ならいつも通りに話せるのですが、高校生くらいの頃から、気を遣うことを覚えてしまって気軽に喋れなくなってしまいました(笑)。」

 

【聖進学院の主な卒業生】

相葉雅紀(嵐)

 

なお高校卒業後は大学には進学しておらず、プロスケーターになるためにアメリカのロサンゼルスに渡っています。

 

堀米さんは「プロスケーターになって10億円稼ぎます。絶対に有名になります」と言い残して渡米しました。

 

すると高校を卒業した2017年に、スケートボードの最高峰プロツアー「ストリート・リーグ」で準優勝してスケートボード選手として世界大会で頭角を現しています。

 

2018年には「ストリート・リーグ」のロンドン大会で悲願の優勝を飾っています。

 

 

さらに2021年には東京オリンピック・スケートボード男子ストリートで金メダルを獲得しています。

 

 

堀米さんはこの活躍で紫綬褒章も受賞しています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

堀米雄斗の学歴~出身中学校(江東区立砂町中学校)の詳細

 

出身中学校:東京都 江東区立砂町中学校 偏差値なし

 

 

 

堀米雄斗さんの出身中学校は、地元東京都江東区内の公立校・江東区立砂町中学校です。

 

中学・高校を通じてスケートボードに打ち込んでいたので、部活動などはおこなっていませんでした。

 

 

中学進学後には東京五輪の種目にもなっている「ストリート」に移行をしました。

 

また10代のはじめからは国内の大会では常に上位にランクインしていました。

 

そのため堀米さんは中学時代から有名スケートボードのブランドからサポートを受けるようになりました。

 

【主な卒業生】

稲村亜美(グラビアアイドル)

 

スポンサードリンク

 

堀米雄斗の学歴~出身小学校(江東区立東砂小学校)の詳細

 

 

出身小学校:東京都 江東区立東砂小学校

 

 

 

堀米雄斗さんの出身小学校は、地元江東区内の公立校・江東区立東砂(ひがしすな)小学校です。

 

家族構成は両親と弟2人の5人家族です。

 

 

堀米さんは1歳の時にはじめてスケートボードに乗っており、当時は父親が自宅近くの公園で教えてくれていました。

 

6歳の時に本格的にスケートボードに打ち込むようになり、様々な技を習得していきます。

 

それからはのめり込むようにスケボー漬けの日々を送っており、当時のことについて父親は次のように話していました。

 

「暇さえあれば参考書を開けて勉強する学生のように、スケボーするか、映像を見るか。ご飯を食べる時も映像を見ていたので、さすがに止めましたね(笑)」

 

 

以上が堀米雄斗さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

東京オリンピックは大きな期待を背負っていましたが、見事金メダルを獲得しています。

 

またその後も新技に成功するなど、スケートボード選手として進化を続けています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ