内藤理沙の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|父親はラグビー選手

 

テレビドラマ「ドクターX」などでお馴染みの内藤理沙さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。スポーツ少女だった小学校・中学校時代など、学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

内藤理沙(ないとう りさ)

 

 

1989年1月10日生

身長165㎝

血液型はA型

 

群馬県大泉町出身の女優

本名同じ

 

以下では内藤理沙さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

内藤理沙の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:群馬県 前橋女子高校(有力) 偏差値68(難関)

 

 

内藤理沙さんの出身校は、私立の女子校の前橋女子高校が有力です。

 

この高校は1910年開校の公立校で、群馬県内ではトップレベルの進学校のひとつとしてしられています。

 

同校の2019年度の主な進学実績は次の通りです(浪人生含む)。

 

東京大学:1名

京都大学:2名

筑波大学:9名

群馬大学:51名

 

早稲田大学:17名

慶応義塾大学:9名

上智大学:5名

 

以前のインタビューで内藤さんは前橋市内の女子校に通学していたことを明らかにしていたことから、この高校が浮上しています。

 

また他のインタビューでも内藤さんは高校1年生から大学受験を意識しなければばらない高校に通学していたことを述べており、進学校に通学していたことが推測されることも理由のひとつです。

 

後述するように内藤さんは中学時代に芸能界入りしていたことから、高校時代は部活動などはおこなっていません。

 

当時はアイドルグループ「美少女クラブ21」のメンバーとしての活動がメインでした。

 

 

なお女優の福田沙紀さんや中村静香さん、タレントの原幹恵さんらもこのグループに在籍していました。

 

また高校時代の内藤さんはファッションモデルとしても活動しており、人気ファッション誌の「SEVENTEEN」や「JJ」などにも登場しています。

 

加えて当時は首都圏の高校などに転校することなく、仕事のたびに地元の群馬県から上京する生活を送っていました。

 

なおその頃の内藤さんは群馬県には方言がないと思っていたそうです。

 

【主な卒業生】

たかの友梨(美容研究家)

松尾英里子(アナウンサー)

 

そして内藤理沙さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

出身校のレベルから考えても進学できる学力は十分に有していたと思われますが、芸能活動一本に絞ったようです。

 

高校を卒業した2007年からはテレビドラマ「ライフ」で女優デビューを飾って、以降は徐々に女優業中心にシフトしていきます。

 

また主演作こそないものの、「ドクターX」や「黒革の手帳」、「リーガルV」など数々の話題作の連続ドラマにレギュラーとして起用されています。

 

 

演技力の評価も高いので、今後が楽しみな女優のひとりです。

 

スポンサードリンク

 

内藤理沙の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:群馬県 大泉町立南中学校 偏差値なし

 

 

内藤理沙さんの出身中学校は、地元群馬県大泉町の公立校の南中学校です。

 

2019年にラグビー日本代表の田中史朗さんらと対談した際に、内藤さんは出身中学校が同校であることを明らかにしています。

 

内藤さんは運動神経がよく、中学校時代はソフトテニス部に在籍して2年生からレギュラーになったことをインタビューで話しています。

 

中学2年生だった2002年に「全日本国民的美少女コンテスト」に応募していますが、父親の勧めで受けたそうです。

 

また中学3年生になると受験勉強をしなければならなかったことから、「やるなら今」と思ってコンテストに参加したとも述べています。

 

「国民的美少女コンテスト」ではファイナリストになったものの、受賞は逃しています。

 

ただし内藤さん自身も当時は日焼けで真っ黒だったことから、ファイナリストになったことは不思議だったと語っています。

 

「周囲はみんな色白のキレイな子ばっかりで、日焼けしているのは私だけ。コンテストでは白いワンピースを着させてもらうんですが、腕はTシャツ焼け、脚も半ズボン焼けで真っ黒で、そんな私がどうしてファイナリストになれたんだろうと自分でも不思議でした。日焼けしてたのがかえって目立ってたのかなぁって」

 

ちなみにこの年のグランプリには女優の渋谷飛鳥さんが輝いており、後に人気女優となる剛力彩芽さんは予選落ちしています。

 

 

内藤さんはファイナリストになったことで事務所入りして、このコンテストの出身者で結成された「美少女クラブ」のメンバーとしても活動を開始しています。

 

芸能活動の傍らで前記の高校にも合格していることから、勉強面でもかなり優秀だったはずです。

 

内藤理沙の学歴~出身小学校の詳細・父親はラグビー選手

 

 

出身小学校:群馬県 大泉町立南小学校

 

 

内藤理沙さんの出身小学校は、地元大泉町内の公立校の南小学校です。

 

父親は三洋電機(現在はパナソニック)のラグビー部で活躍した内藤美徳さんで、当時のチームの本拠地が群馬県大泉町にあったことからこの町で生まれ育っています。

 

 

また父親の影響で内藤さんも部類のラグビー好きということ。

 

内藤さんは子供の頃から「スポーツ少女であった」ことをインタビューで話しています。

 

「父親の影響からか“スポーツ少女”でした。得意科目は体育。短距離は一番じゃないと嫌だったし、マラソン大会も10番以内じゃないと納得できないタイプでした」

 

当時の内藤さんはかなり負けず嫌いな性格だったようですね。

 

また小学校時代は女優や芸能界への憧れなどはなかったそうです。

 

以上が内藤理沙さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

アイドルとしてデビューしましたが、その後は演技力を磨いて人気女優に成長しました。

 

 

年齢的にも円熟期に入りますので、今後の活躍にも期待ですね。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ