岡田哲明(東大王)の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

クイズプレーヤーの岡田哲明さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。「東大王」でお馴染みの岡田さんですがどのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

岡田哲明(おかだ てつあき)

 

 

生年月日非公表

身長非公表

血液型非公表

 

東京都出身のタレント、クイズプレーヤー

本名同じ、愛称は「ルーブル岡田」

 

以下では岡田哲明さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

岡田哲明の学歴~出身大学(東京大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:東京大学 文科Ⅰ類 偏差値72(超難関)

 

 

 

岡田哲明さんは高校卒業後は、国内最難関の東京大学に進学しています。

 

この大学の文科Ⅰ類に合格しており、法学部に進むことが濃厚です。

 

ちなみにこの科類は京都大学法学部と並んで、国内の文系の学部では最難関です。

 

岡田さんは東京大学の合否の発表日のことについて、次のように振り返っています。

 

「新型コロナの影響でインターネット上での発表でした。今年の前期試験は数学が難しかったこともあって、手応えが得られず自分では合否は半々かなと思っていました。ドキドキしながら発表を見て、ほっとしたことを覚えています」

 

 

岡田さんは大学では高山ゼミに入り、国内外のメディア情報の収集や分析をおこなっています。

 

また大学での目標は法学部に進学をして外交や国際関係について学ぶことだと話しており、特に日本にいる外国院の権利や意識に興味があり、将来は何らかの形でそういった人を支えられるような仕事がしたいとのことです。

 

大学に入学当初は新型コロナウイルスの影響でオンライン授業でしたが、前期中ずっとオンライン授業を受けているとさすがに辛くなってきたといいます。

 

岡田さんは高校時代に引き続き国際問題に取り組みたいと思い、模擬国連駒場研究会に入りました。

 

またほかにも野球や釣りのサークルにも在籍をして活動をしています。

 

岡田さんは2021年4月からクイズ番組「東大王」に出演しています。

 

 

詳細は後述しますが小学校時代に描いた絵がルーブル美術館に展示されたことから、番組ではルーブル岡田の異名で知られています。

 

 

この番組への出演で知名度も大幅に上がったことから、今後は他のメディアへの出演も増えていきそうですね。

 

 

スポンサードリンク

 

岡田哲明の学歴~出身高校(駒場東邦高校)の詳細

 

出身高校:東京都 駒場東邦高校 偏差値76(超難関)

 

 

 

岡田哲明さんの出身高校は、私立の男子校の駒場東邦高校です。

 

この高校は1957年開校の私立高校で、都内でも屈指の進学校として知られています。

 

そのため系列の東邦大学に進学する卒業生はほとんどいません。

 

ちなみにこの高校の2021年度の主な進学実績は次の通りです(浪人生含む)。

 

東京大学:56名

京都大学:6名

一橋大学:12名

東京工業大学:9名

 

早稲田大学:109名

慶応義塾大学:109名

東京理科大学:57名

上智大学:25名

 

また同校は高校からの募集のない完全中高一貫校で、偏差値も推定になります。

 

岡田さんもこの高校の系列の中学校に通っていたことから、内部進学で進んでいます。

 

中学時代から通学していた学習塾「科学的教育グループSEG」のHPで、この高校の出身者であることが判明しています。

 

 

高校時代は模擬国連に参加をするために部活を作っています。

 

岡田さんは高校2年生まで文系か理系かの選択を決めかねていました。

 

その決め手になったきっかけについて、インタビューで次のように話しています。

 

「決め手になったのは高校時代の経験です。友人たちと国際問題を扱う模擬国連に参加するための部をつくり、活動していたのですが、そこでいろいろな大人の方と会う機会があり、さまざまな考え方や生き方に触れることができました。その中に東大法学部を卒業し、弁護士として国際的に活躍している方がいらっしゃって、生き方に惹かれたのが一つです。」

 

またもう1つのきっかけは高校2年生の夏休みにアメリカに留学をしたことで、図書館などの学びの環境が大事だと実感をしました。

 

そして日本で学ぶ環境が整っているのは東京大学だと考えて進路が決まりました。

 

高校3年生になると受験を意識しはじめており、夏ごろから本格的に力を入れて勉強をしています。

 

岡田さんはセンター試験の対策として英語は過去問を1年分、数学は2年分、国語は10年分、そして地理は25年分もの量を解いています。

 

また東大の過去問は数学と国語を10年分、地理を30年分、世界史においては40年分解いています。

 

このような徹底した過去問対策で文系の国内最難関の東京大学文科Ⅰ類に合格しています。

 

【主な卒業生】

浅田次郎(作家・中退)

松苗慎一郎(アナウンサー)

 

スポンサードリンク

 

岡田哲明の学歴~出身中学校(駒場東邦中学校)の詳細

 

出身中学校:東京都 駒場東邦中学校 偏差値71(超難関)

 

 

 

岡田哲明さんの出身中学校は、私立の男子校の駒場東邦中学校です。

 

この中学校には中学受験で入学しており、かなりの学力を有していました。

 

中学3年生の時には学習塾「科学的教育グループSEG」に入塾しており、きっかけについては次のように話しています。

 

「出身は駒場東邦で、SEGに入塾したのは中3の春、すでにSEGに通っていた友人の紹介です。実際に授業を受けてみて、数学の原理や考え方を学ぶSEGのスタイルや、宿題があまり多くなく、拘束的でないことが気に入り、自分のための勉強ができると思い入塾しました。」

 

岡田哲明の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

岡田哲明さんの出身小学校は都内の学校のようですが、校名などの詳細は不明です。

 

また家族構成やきょうだいの有無についても現時点では不明です。

 

岡田さんは小学2年生の時に住友生命保険が開催した第33回こども絵画コンクールに応募しており銀賞を受賞しています。

 

そしてその絵画は237,356点の中から上位100点に選ばれたため、ルーブル美術館に展示されました。

 

 

岡田さんは美術が得意で東大王に出演した際にも「美術の問題には絶対の自信がある」と話しています。

 

以上が岡田哲明さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

出演している「東大王」では「ルーブル岡田」のニックネームで親しまれており、美術や世界史の問題では絶対的な強さを発揮しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ