葉一の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|イジメられていた!

 

YOUTUBERの葉一さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。教育系YOUTUBERの先駆けとして知られる葉一さんですが、実は中学時代にイジメに遭っていました。学生時代のエピソードや情報なども併せて紹介いたします

 

葉一(はいち)

 

 

1985年3月11日生

身長181㎝

血液型は非公表

 

群馬県明和町出身(出生は福岡県)のYOUTUBER

本名は非公表

 

以下では葉一さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

葉一の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:東京学芸大学 教育学部初等教育教員養成課程数学専修 偏差値58(やや難関)

 

 

 

葉一さんは高校卒業後は、国公立大の東京学芸大学に進学をしています。

 

この大学では主に小学校・中学校の教員免許を取得できる初等教育教員養成課程に入学しています。

 

また大学では数学を専攻しています。

 

葉一さんは大学時代に中学校で教育実習をする機会があり、ある時の授業中に屋上のラウンジに生徒が3人いました。

 

話を聞いてみたところ1人の生徒が睡眠薬を多量摂取して入院していたことが分かり、葉一さんは直感的にこの生徒と話がしてみたいと思いました。

 

空いた時間があればその生徒と会話をするようになりましたが、悩み相談などではなく、たわいもない話ばかりを2週間続けるとその生徒は、「私もう睡眠薬をたくさん飲んだりそういうことはしないから。頑張っていくから」と言ってくれました。

 

この出来事によって葉一さんは「人の役に立つことができるんだ」と強く思い、教育現場で子供たちに恩返しをしていこうとこれからの指針になったと言います。

 

葉一さんは大学時代に教員免許を取得しています。

 

なお葉一さんは大学卒業後は教師ではなく、会社に就職をして営業を担当していました。

 

すぐに教師の道を選ばなかった理由についてインタビューでは次のように話しています。

 

「教育実習中に、教師の忙しさを目の当たりにしていたので『これでは子どもたちに本気で向き合う時間ができない』と感じてしまったんです。さらに、社会に出てさまざまな経験をしてから教育の現場に戻ってきたほうが、子どもたちにきっと色んな話をしてあげられるのではないか、と思いました。」

 

そのため社会人として一番経験を積むことができそうな営業の道で修業をしようと考えています。

 

また現在は教育系ユーチューバーとして活動していますが、はじめた理由についてインタビューで次のように話しています。

 

「自分がもともとイジメにあってた経験があって、不登校で悩んでる子たちもそうですし、勉強したいんだけど塾に行けない子たちがあきらめる必要はないんだよ、って自分が発信することで、少しでも頑張ろうって思ってもらえるんであれば、YouTubeの使い方としては良いものかなって思って発信しています。」

 

 

2021年8月現在で、YOUTUBEの公式チャンネル「とある男が授業してみた」は155万人のチャンネル登録者数を誇ります。

 

 

そのため教育系YOUTUBERの第一人者とも呼ばれています。

 

ドキュメンタリー番組の「情熱大陸」にも取り上げられたこともありました。

 

 

今後の活動も楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

葉一の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:群馬県 館林高校 偏差値54(普通)

 

 

 

葉一さんの出身高校は、県立の男子校の館林高校です。

 

この高校は1921年開校の県立高校で、ボート部が全国大会の常連として知られています。

 

葉一さんは高校卒業後に進学したい専門学校があり、その専門学校には内申点だけで進学できることが分かっていました。

 

そのため高校2年生の時まで全く勉強をしていませんでした。

 

後述するように葉一さんは中学時代にいじめに遭っていたことから、教師を信用していませんでしたが高校時代に恩師と呼べるような教師と出会います。

 

 

葉一さんは恩師のことをインタビューで次のように話しています。

 

「その先生は、最初の授業で『お前らに好かれる気はサラサラない』って言ったんですね。怖そうだし、『これはもう、とんでもないハズレくじを引いてしまった』と入学早々、暗たんたる気持ちになったのを覚えています。けれど、実際に授業を受けてみると非常に分かりやすい!」

 

この出会いがきっかけで「僕も彼のような教師になりたい」と思い、進路を国公立大学に変更しました。

 

 

しかし受験勉強をはじめるのが遅かったことから、高校2年生の冬の模試では英語の偏差値が30台という成績でした。

 

そのため勉強ができる友人の勉強法を真似してみたり、がむしゃらに受験勉強をしています。

 

受験勉強の際にも葉一さんは学習塾や予備校には通わずに、志望校に合格をしています。

 

高校時代に創意工夫して勉強したことが、YOUTUBERとしての活動に大いに役立っているようです。

 

【主な卒業生】

宗次郎(オカリナ奏者)

 

スポンサードリンク

 

葉一の学歴~出身中学校の詳細・イジメに遭っていた!

 

出身中学校:群馬県 明和町立明和中学校 偏差値なし

 

 

 

葉一さんの出身中学校は、地元群馬県明和町内の公立校の明和中学校です。

 

中学時代はいじめに遭っていたため学校が嫌いでした。

 

そのためうつ状態で人間不信となり、「生きる意味が分からない」と思って過ごしていました。

 

また中学生の頃、教師も嫌いだったと次のように話しています。

 

「中学生のときに、先生という存在が大嫌いになってしまって…。心のこもっていない褒め方をする先生とか、上から目線で高圧的な先生とか、そういうのが本当に嫌だったんです。」

 

葉一の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

葉一さんの出身小学校は、地元明和町内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身の明和町には以下の2校しか小学校はないので、いずれかに通学したようです。

 

明和町立明和東小学校

明和町立明和西小学校

 

葉一さんの妹には知的障害と発達障害があったことから、妹が頼れるようなしっかりした兄でいたいという気持ちがあったと言います。

 

自身の小学校時代についてインタビューで次のように話しています。

 

「小学生のときは真面目に勉強に取り組んでいました。テストでいい点数を取れたら褒められるから、そのために勉強していたのかもしれません。」

 

葉一さんは両親から「勉強をしなさい」と言われたことはありませんでしたが、習い事もスポーツも何もやっておらず、勉強を頑張るしかない環境だったと話していました。

 

以上が葉一さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

2012年にYOUTUBEにチャンネルを開設していますが、教育系という地味なジャンルにも関わらず人気チャンネルに成長しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ