水原碧衣の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|医学部を目指していた!

 

女優の水原碧衣さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は水原さんは「超」のつくような進学校の出身者で、当初は国立大学の医学部を目指していました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

水原碧衣(みずはら あおい)

 

 

2月4日生(生年非公表)

身長162㎝

血液型は非公表

 

岐阜県出身の女優

本名非公表

 

以下では水原碧衣さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

水原碧衣の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:京都大学 法学部 偏差値71(超難関)

 

 

 

水原碧衣さんは高校卒業後は、国立大の京都大学に進学をしています。

 

この大学の法学部は東京大学の文科Ⅰ類と並び、国内の文系の最難関学部です。

 

水原さんはこの大学に現役合格しており、かなりの学力を有していました。

 

ちなみに水原さんは上位2%のIQの持ち主のメンサの会員です。

 

ただし本人は仕方なく進学したとインタビューで話しています。

 

「幼い頃からずっと女優になりたいと思っていました。ジャッキー・チェンが大好きで、映画ばかり観てる子供だったんです。でも、親が厳格で許してくれなくて……。仕方なく、受験勉強をして京都大学の法学部に進学しました」

 

そのため法律に対して思い入れがなかったことから、大学時代は法律の勉強を避けていたとコメントしています。

 

水原さんは大学時代には劇団に入ったり映画鑑賞や映画製作、社交ダンス、テコンドーなどのサークルを10個ほど掛け持ちをしています。

 

同大学で出会った友人は特別な存在だったそうで、インタビューで次のように話しています。

 

「道は違えども京大で出会った友人達は永遠に特別な存在だ。どんな時も見捨てないでいてくれた。散々活動をサボって飲み会にひょいと現れた時も、試験直前に助けてと泣きついた時も」

 

京都大学を卒業後は早稲田大学法科大学院に進学して、司法試験に合格して弁護士を目指していました。

 

 

 

しかし大学院に入学後も女優の夢が諦めきれずに、東京で事務所を探しましたが上手くいきませんでした。

 

そのため大学院を休学し中国の映画関係の人材を育成する名門大学・北京電影学院の演技科へ進学をしています。

 

 

 

この大学でしっかり演技の勉強をして夢を諦めるつもりでしたが、水原さんはこの大学を首席で卒業して中国でドラマなどに出演をしていました。

 

 

当時のことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「そこで世界のトップレベルの教育を受けるチャンスをもらった私は、朝から晩まで無我夢中で演技の勉強に打ち込みました。まさに本物の『優等生』だったと思います。そのご褒美として首席で卒業することができました。これは人生で初めて、がんばったから得られたものだと自信を持って言える宝物となりました。」

 

ちなみに留学生がこの大学を首席で卒業するのははじめてです。

 

 

また水原さんは最終的には女優を目指すために司法試験受験を断念して、法科大学院も中退しています。

 

 

2019年にはハリウッド映画の「フェアウェル」に主要キャストとして起用されました。

 

 

加えて2020年頃からそのキャリアが注目されて、「ノンストップ!」や「とくダネ!」などのテレビ番組に出演しています。

 

 

今後もメディアへの出演が増えていきそうで楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

水原碧衣の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:岐阜県 岐阜高校 偏差値72(超難関)

 

 

 

水原碧衣さんの出身高校は、県立の共学校の岐阜高校です。

 

この高校は1873年開校の県立校で、古くから岐阜県内でNO.1の進学校として知られています。

 

また同校の2021年度の主な進学実績は次のようになります(浪人生含む)。

 

東京大学:12名

京都大学:23名

大阪大学:13名

名古屋大学:48名

 

早稲田大学:23名

慶応義塾大学:32名

立命館大学:112名

同志社大学:90名

 

水原さんは一般受験でこの高校に進学しており、当時から高い学力を有していました。

 

中学時代までは成績はトップクラスでしたが、同校は進学校だったことから高校入学後は400人中300人台という劣等生だったと言います。

 

中学時代までは成績が良かったため悪目立ちをしていたので、誰の目も気にせずに気楽に過ごせたことが心地良かったと当時を振り返っています。

 

高校時代は理系のクラスに在籍していました。

 

水原さんは当時は国立大学の医学部を目指していました。

 

しかし水原さんの理系の科目が苦手でした。

 

そのためかなりのストレスになったことをインタビューで明らかにしています。

 

「私は医学部を目指していました。私の親は幼いころから厳しくて、親からは医師か弁護士か公務員のような職業に就くことをすすめられていました。その中で一番興味があったのが医師だったのですが、私は実は理系科目が苦手でした。また勉強スタイルもコツコツ型ではなく、一夜漬け型で試験の直前に教科書をバーッと丸暗記する短期の暗記が得意でした。でも受験勉強はコツコツと積み重ねることが大切ですよね。コツコツと勉強することがだんだんとストレスとなっていたうえに、親から国公立の医学部しかダメと言われて、さらに医学部へのハードルが高くなっていきました」

 

センター試験を3ヶ月前に控えた時期に友人の言葉で、医学部への進学を諦めて文系の学部を目指しています。

 

「友達が「医学部にさえ入ってしまえばそのまま楽に医者になれると思っているでしょう。それは大間違いだよ」というんです。そして「医学部は入ってからのほうが今よりももっと大変だからね」と。その瞬間私の心はポキッと折れ、医学部への進学はやめ、文系の学部を目指すことにしました」

 

【主な卒業生】

上田正樹(歌手・転校)

森祇晶(プロ野球元選手・監督)

 

スポンサードリンク

 

水原碧衣の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

水原碧衣さんの出身中学校は不明です。

 

インタビューで小中学校時代は転校が多かったと述べており、複数の中学校に通学しています。

 

中学時代もかなり勉強ができて成績もよかったとのこと。

 

しかしそのことが当時の水原さんの悩みだったとインタビューで話しています。

 

「中学まで成績はずっとクラスで1番でしたし、学年でもトップクラスでした。転校してすぐのテストで高得点をとると、いきなり悪目立ちして「がり勉」のイメージが付いてしまう。仲良くなる前のクラスメートからの「テスト何点だったの?」とか「どれくらい勉強しているの?」といった質問に対して、「そんなにしていないの」といえば嫌みに取られるし、素直に点数をいっても「やっぱり違うよね~」とちゃかされてしまう。どう答えても私の意図とは違う受け取られ方をしてしまうのがとても嫌でした」

 

優秀過ぎるのも大変なことなんですね。

 

水原碧衣の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

水原碧衣さんの出身小学校も不明です。

 

幼少期には中国に住んでいたことがあり、この頃から中国語は話すことができました。

 

2歳の時には1度読んでもらった絵本を暗記し、4歳の時には中国語の新聞を読んでいました。

 

両親の仕事の関係で転校が多かったことから内向的な性格でした。

 

また両親からは厳しく育てられて、幼少期から将来は医者や弁護士のような仕事を勧められています。

 

以上が水原碧衣さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

女優としては中国でデビューしていますが、ハリウッド映画にも出演したほどです。

 

 

日本ではまだまだ知名度が低いものの、このところは情報番組やバラエティ番組に取り上げられています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ