宮沢りえの学歴と経歴|出身中学校や高校の偏差値

 

宮沢りえ(みやざわ りえ)

 

10

 

197346日生

身長167

 

東京都出身の女優

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

母親は日本人で父親はオランダ人のハーフ。

 

11歳の時にモデルデビューして、「週刊セブンティーン」などで活躍。

 

1987年に「三井のリハウス」の初代リハウスガールに起用されて

ブレイク。

 

11

 

1988年に主演映画「ぼくらの七日間戦争」で女優デビューし、

「追いかけたいの!」でドラマ初出演。

 

1989年の「スワンの涙」で連続ドラマ初主演。

 

同年に1STシングル「ドリームラッシュ」で歌手デビュー。

 

12

 

1990年の2NDシングル「NO TITLIST」がオリコン1位を記録して、NHKの紅白歌合戦にも出場。

 

1991年にヌード写真集「Santa Fe」を発表して、写真集としては異例の150万部の売上を記録するベストセラーとなる。

 

以降も多くの作品に出演して、映画の代表作は「父と暮らせば」や「オリオン座からの招待状」、「紙の月」など。

 

「いつも誰かに恋してるッ!」や「東京エレベーターガール」、「グーグーだって猫である」などの連続ドラマに主演している。

 

2003年の映画「たそがれ清兵衛」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。

 

私生活では1992年に貴花田(現貴乃花親方)と婚約発表をするも破局。

 

2009年に実業家と結婚して女児を出産するも、20163月に離婚。

 

2018年3月に森田剛と再婚した。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:進学せず

 

宮沢りえさんは芸能活動に専念したために、高校へは進学していません。

 

そのため最終学歴は練馬区立大泉学園中学校卒業です。

 

なお同中学校は公立校で無試験で入学できることから、偏差値などはありません。

 

11歳の時にモデルとしてデビューし、中学2年生の時にリハウスガールでブレイク。

 

中学3年生の時には主演映画で女優デビューを果たすなどしたため、高校へは進学せずに芸能活動を優先させました。

 

13

(16歳の頃)

 

その後は歌手デビューも果たして、観月ありささんや牧瀬里穂さんとともに「3M」と呼ばれるほど、時代をリードするトップアイドルに上り詰めます。

 

歌手としての活動は20歳だった1993年に終了しますが、その後は女優として様々なドラマや映画に出演して、日本アカデミー賞を受賞するほどの演技派へと成長していきました。

 

現在でも第一線で活躍しており、主演映画やドラマが製作されるほど絶大な人気を誇っています。

 

女優としても円熟期を迎えているだけに、今後の活躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ