新妻聖子の学歴と経歴|出身高校や出身大学の偏差値

新妻聖子

 

%e6%96%b0%e5%a6%bb%e8%81%96%e5%ad%90

 

1980年10月8日生

 

愛知県出身の女優

 

(経歴)

 

スポンサードリンク



 

2002年「王様のブランチ」でブランチリポーターとして芸能界デビュー。

 

2003年ミュージカル「レ・ミゼラブル」のオーディションに合格し、

舞台女優として活動を開始。

 

その後、「ミス・サイゴン」「マリー・アントワネット」などの舞台で

主役を務め、舞台女優としてのキャリアを積む。

 

舞台女優としての活動の傍ら、情報番組や旅番組などにも出演。

 

2006年にはNHKの朝ドラ「純情きらり」の挿入歌「夢の翼」で、

CDデビューも果たす。

 

2014年「匿名探偵」で連続ドラマに初出演し、

その後も「相棒」などにも出演する。

 

またカラオケ番組などにも出演し、その歌唱力で改めて注目される。

 

情報番組「とくだね」でコメンテーターとして起用されたり、

NHK大河ドラマ「真田丸」に出演するなどこのところテレビでの露出も

増えている。

 

シンガーソングライターの新妻由佳子は実姉。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:タイ・バンコク インターナショナルスクール(偏差値不明)

 

新妻聖子さんは、父親の都合で11歳の時から7年間を

タイのバンコクで過ごしています。

 

新妻さんは清楚な容姿からは想像がつかないですが、

実は少女時代はかなりのお転婆だったと言います。

 

本人もインタビューで語っていますが、子どもの頃は女子ながら

ガキ大将」で、子分を引き連れていたとのこと。

 

見た目とは裏腹に、かなり積極的な性格だそうです。

 

移住先のタイでもすぐに順応して、たくさんのお友達もいたそうです。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:上智大学 法学部国際関係法学科 偏差値66(超難関)

 

新妻聖子さんの母校は、超難関大学で知られる上智大学の法学部です。

 

新妻さんは大学時代からタレント活動をする傍ら、

希望していた音楽への道を模索していました。

 

そのため就職活動ではテレビ朝日のアナウンサー試験で

最終選考に残りましたが、結果的に辞退しています。

 

音楽やミュージカルとはまったく無縁の難関校を卒業しながらも、

夢だったミュージカル女優として花を咲かせたのは立派ですね。

 

日本ではあまりミュージカルの認知度は高くないながらも、

カラオケ番組などの出演を契機に人気も上がっている新妻さん。

 

歌に女優にコメンテーターとマルチな才能を発揮していますから注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ