黒木華の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

 

黒木華

 

黒木華

 

1990年3月14日生

身長164㎝

 

大阪府出身の女優

 

以下では黒木華さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードのなどをご紹介していきます。

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2009年に野田秀樹の演劇ワークショップに参加し、オーディションに合格して舞台女優としてデビュー。

 

2011年「東京オアシス」で映画初主演。

 

 

2013年にはNHK朝ドラ「純と愛」や「リーガルハイ」などの話題作に出演。

 

 

同年出演した映画「舟を編む」の演技が高く評価され、日本アカデミー賞など主要映画賞で新人賞を受賞した。

 

 

2014年映画「小さいおうち」でベルリン国際映画祭最優秀女優賞を日本人最年少で受賞し、演技力の評価がさらに高まる。

 

 

その後も「天皇の料理番」や「真田丸」で主要キャストを務める傍ら、「重版出来!」で連続ドラマ初主演。

 

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 追手門学院高校 偏差値57(中の上)

 

黒木華さんの母校は大阪府の私立の共学校の追手門学院高校です。

 

同校の演劇部は名門として知られ、演劇の全国大会でも優勝した経験があります。

 

茨木市立三島中学校から同校に進学しています。

 

黒木さんは幼い時から女優を志し、この高校に入学後も演劇部に入部。

 

かなり厳しい練習で知られる演劇部ですが、猛練習をして1年生から卒業するまでずっと主演を務めていました。

 

当時はまさに演劇漬けの毎日で、放課後の練習はもちろん、土日も練習で休みがないにも関わらず、黒木さんは三年間で一度も休まなかったといいます。

 

この高校時代の努力こそデビューからたった4年でベルリン映画祭の「銀熊賞」を獲得した原点だったのでしょう。

 

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:京都造形芸術大学 芸術学部映画俳優コース 偏差値44(容易)

 

京都造形芸術大学は1991年創設の芸術部門に特化した大学です。

 

黒木さんは大学でも芸術学部俳優コースに在籍し、講師であった映画監督の林海象さんや東陽一さんから演技を学んでいます。

 

黒木さんは大学在学中に野田秀樹さんのワークショップやオーディションにも参加し、舞台女優としてデビューしています。

 

デビュー作は野田さんと中村勘三郎さんとの三人芝居。

 

こうした面々にいきなり抜擢されるのはかなりの実力が既にあったでしょうし、女優になるために高校や大学で重ねた努力が実を結んだのでしょう。

 

今後のさらなる活躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ