アンミカの学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と学生時代

アンミカ(安美佳)

 

アンミカ

 

1972325日生

身長171

血液型はO型

 

韓国出身のモデル、タレント

本名は安美佳

 

以下ではアンミカさんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

 
高校時代からモデルとして活動し、その後パリに移住しパリコレクションにも出演。 

モデル業の傍ら、2000年から深夜のバラエティ番組「バミリオン・プレジャー・ナイト」に出演し、ANNの芸名で歌やコントを披露。 

2004年頃からタレントとしてテレビ出演が多くなり、「いっぷく!」や「ヒルナンデス!」などの情報番組に出演。 

またバラエティ番組への出演も多く、過去に「ダウンタウンDX」や「行列のできる法律相談所」、「メレンゲの気持ち」などの人気番組に出演している。 

私生活では、2012年に制作会社社長のセオドール・ミラーと結婚。

 

学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 住吉高校 偏差値65(難関)

 

 

アンミカさんの出身校は、府立の共学校の住吉高校です。

 

同校は古くから府立の進学校として知られ、後に政財界で活躍する人物を多く輩出しています。

 

アンミカさんもこのような高校に入学できるほど優秀で勉強ができました。

 

高校時代は陸上部に入部しており、文武両道を地で行く高校生でした。

 

陸上部では800m走を専門にしており、当時のアンミカさんは日焼けで真っ黒でした。

 

またアンミカさんは高校時代までは、実家が極貧でかなり厳しい生活をしていたことを告白しています。

 

 

そのため牛乳配達やパン屋などでアルバイトをして家計を助けています。

 

また地元のモデル事務所に所属してローカルのファッションモデルとしての活動も開始しています。

 

モデル事務所のオーディションは当初は落選していますが、レッスン生にキャンセルが出たことからたまたま事務所に寄っていたアンミカさんが繰上りになるというラッキーに恵まれています。

 

ただし高校時代はモデルとしては「鳴かず飛ばずだった」とインタビューで話しています。

 

またアンミカさんの高校時代はDCブランドの全盛期でしたが、お金がなかったことから自分で生地を購入して服を作っています。

 

ただし一風変わった服を作ることも多かったことを公式ブログで綴っています。

 

自転車のチェーンにスカートが巻き付いて動けなくなって補導されたり、一度脱いだら二度と着ることのできない服を作ったために体育のj業に出れなかったエピソードなども明らかにしています。

 

加えて高校の卒業式にはチョゴリを着て出席しています。

 

校則では卒業式での民族衣装の着用は認められていませんでしたが、高校の先生たちは特例としてこれを認めました。

 

【主な卒業生】

高山都(モデル)

トミーズ雅(お笑い)

トミーズ健(お笑い)

 

実家の経済状態が厳しかったのでアンミカさんは大学には進学していません。

 

通学していた高校のレベルを考えれば、大学へ進学できる能力があったことは言わずもがなでしょう。

 

とは言えアンミカさんは高校卒業後はトップモデルを目指して、単身ヨーロッパに移住しています。

 

「スポーツではかなりいい成績を残していたんですが、最終的に体を壊したんです。それでトレーナーにまわったんですが、思い残したモデルのほうへ行こうと。進路を変えて、パリに行こうと思ったんです。高校を卒業する18のときでした」

 

ただしモデルを本格的に目指そうとした際には、父親に猛反対されたことをインタビューで明らかにしています。

 

「モデルを職業にすると言ったら父が大反対したんです。そこで条件を出されたんですね。まず、家を出る。世の中で一流と認められるまでは帰ってくるな、と。愛情はあるけど厳しい条件でした」

 

そして20歳の時に念願のパリコレクションに出演するなど、以降は国際的なファッションモデルとして活躍しています。

 

 

さらに28歳だった2000年からはタレント活動を開始して、深夜番組「バリミオン・プレジャーナイト」で歌やコントを披露。

 

 

2004年頃からはテレビ出演が急増して、数々の情報番組にコメンテーターとして出演しています。

 

 

以降もバラエティ番組や情報番組に引っ張りだこの人気タレントになっています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:大阪市立文の里中学校 偏差値なし

 

 

アンミカさんの出身中学校は、大阪市の阿倍野区にある公立校の文の里中学校です。

 

中学時代も陸上部に在籍しています。

 

中学3年生の時に母親を亡くし、古い長屋の四畳一間で7人が暮らしていました。

 

新聞配達は小学生の頃から継続しておこなっています。

 

さらには中学時代には子供たちだけで夜中の3時にリュックを背負って家を出て、3駅ほど離れた青果市場に行って朝市で売れ残ったフルーツや野菜を恵んでもらったエピソードを明らかにしています。

 

また中学時代は母親が生きているうちに目標であったファッションモデルになろうと決意しています。

 

ただし中学校3年生の時にモデル事務所に5回書類を送っていずれも不合格になったことをインタビューで明らかにしています。

 

「中学3年生のときにはとある大きなモデル事務所に5回書類を送って5回返されました。それでも母親の命も長くなくて焦っていたのでその事務所に電話して「私、写真写りが悪いので、実物を見たほうが得だと思います」って言ったんです。「そんなに言うんだったら来てください」と言われていったら「実物もちょっと」って落とされたんですけど(笑)」

 

ただし前述のようにアンミカさんは高校時代にモデル事務所に所属していますが、この時の縁で中学時代に不合格になった事務所に所属しています。

 

なお当時はコンプレックスの塊であったことをインタビューで明らかにしています。

 

「中学までの私は「チビ、デブ、ブサイク」といわれるくらい、太っていて小柄だったんです。だから私は生まれた時からの美人でスタイルも良くて、というタイプではなく、むしろコンプレックスの塊」

 

加えて中学校時代は家庭の事情などから周囲に就職することを勧められていますが、高校に進学しています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:大阪市立高松小学校

 

 

アンミカさんの出身小学校は、大阪市阿倍野区の公立校の高松小学校です。

 

家族構成は両親と兄、姉、弟、妹の7人家族です。

 

 

3歳の時に出生地の韓国から家族総出で密入国をして、大阪市の生田区を経て、阿倍野区に住んでいます。

 

小学校時代から貧しい長屋暮らしをしています。

 

実家が火事になって焼け出されて教会に預けられたこともあるなど、壮絶な幼少期を送っています。

 

また小さい頃はお金がなかったことから、病院に行った記憶がないと話すほどです。

 

加えてスイカを食べた後の皮の部分で体を洗ったエピソードもありました。

 

幼少期に口元にケガを負ったため引っ込み思案になった時期もありましたが、美容部員だった母親がたくさん褒めてくれたことでコンプレックスを克服しています。

 

「3歳のときに、ダンボール工場の階段から落ちて顔に大ケガをしたんです。その後遺症で唇がめくれあがる表情グセがついてしまい、母は本当に気にかけてくれました」

 

さらに小学校時代は在日韓国人ということでイジメを受けていますが、父親から「やられたらやり返せ」と言われていたことから、男の子と取っ組み合いのケンカもしたことがあります。

 

なおアンミカさんは家計を助けるために、小学校時代から新聞配達のアルバイトをしています。

 

また中学時代までは太り気味でしたが、活発な少女でした。

 

(右がアンミカさん)

 

以上がアンミカさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

その後はモデル業の傍ら、タレントとしても人気を博し、多くの番組に出演しています。

 

また2002年から1年間は韓国の延世大学韓国語学堂に留学するなど、向学心にも溢れているようです。

 

極貧生活の学生時代でしたが、年収数億円とも言えるアメリカ人の実業家とも結婚し、まさに逆転とも言える人生です。

 

 

若い頃は想像を絶するほどの苦労を経験しており、そのためか人柄のよさでは評判です。

 

末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ