江口のりこの学歴と経歴|出身小中学校や高校の偏差値

 

江口のりこ(えぐち のりこ)

 

 

1980428日生

身長170

 

兵庫県出身の女優

本名及び旧芸名は江口徳子(とくこ)

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

5人きょうだいの4番目。

 

1999年に劇団東京乾電池の研究生となって、翌年に正式に入団。

 

 

2001年の「こちら本池上署」でテレビドラマ初出演。

 

2002年の「金融破滅ニッポン 桃源郷の人々」で映画初出演。

 

2004年の「月とチェリー」で映画初主演。

 

 

2006年のテレビドラマ「時効警察」の演技で注目されて、以降はたびたび連続ドラマにレギュラーとして起用される。

 

 

2010年の「野田ともうします」でテレビドラマ初主演。

 

 

以降も数多くの作品に出演して、テレビドラマの代表作は、「マッサン」や「花燃ゆ」、「コウノドリ」など。

 

 

「砂の影」や「ソロモンの偽証」、「あさひなぐ」などの映画にも出演している。

 

学歴~出身小中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:進学せず

 

江口のりこさんは中学校を卒業後は、高校に進学していません。

 

出身中学校は夢前町立菅野中学校(現在は姫路市立)で、同校の校区からすれば出身小学校は夢前町立菅生小学校か夢前町立上菅小学校、夢前町立莇野(あざみの)小学校のいずれかのようです。

 

中学時代は陸上部に所属して活躍するなど、スポーツは得意のようです。

 

子供の頃に見たテレビドラマや映画で女優を志し、中学卒業後はうどん屋やカラオケ店、喫茶店などでアルバイトをしています。

 

そして19歳で上京して劇団東京乾電池の研究生となって、翌年に劇団員に昇格。

 

上京したばかりのころは経済的に困窮しており、新聞店に住み込んで新聞配達の仕事をしています。

 

また下積み生活も長く、27歳の頃まで風呂なしの部屋に住んでいました。

 

26歳の頃あたりから個性派女優として認知されはじめ、徐々に作品への出演が増加していきます。

 

以降は数え切れないほどのテレビドラマや映画に起用されて、抜群の演技力で作品に花を添えています。

 

現在では個性派のバイプレーヤーとして重宝されており、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ