原田美枝子の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

原田美枝子(はらだ みえこ)

 

 

19581226日生

身長157

 

東京都出身の女優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの末っ子で兄が2人いる。

 

1974年に児童映画「ともだち」でデビュー。

 

 

1975年のNHKの朝ドラ「水色の時」でテレビドラマ初出演。

 

1976年に出演した映画「青春の殺人者」の演技が評価されて知名度が上昇。

 

 

同年の「大地の子守歌」で映画初主演。

 

1986年に出演した映画「火宅の人」で、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。

 

 

以降も数多くの作品に出演し、映画の代表作は「愛を乞う人」や「雨あがる」、「ぼくたちの家族」など。

 

「北の国から」や「太平記」、「華麗なる一族」などのテレビドラマにも出演。

 

夫は俳優の石橋凌で、長女はシンガーソングライターの優河、次女は女優の石橋静河。

 

学歴~出身小中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:都立工芸高校 偏差値48(当時・やや容易)

※卒業は都立代々木高校(偏差値40

 

原田美枝子が入学したのは、都立の共学校の工芸高校です。

 

同校は1907年創立の伝統校で、アートクラフトやデザインなどに特化した教育機関で、これまで多くのデザイナーやアートエンジニアなどを輩出しています。

 

現在の偏差値は5558ですが、原田さんが在籍した頃は現在よりもややレベルは低かった模様です。

 

原田さんは豊島区立巣鴨小学校から豊島区立西巣鴨中学校を経て、同校に進学しています。

 

中学3年生の頃から女優として活動しておりましたが、高校1年生の時に出演した映画「恋は緑の風の中」でヌードシーンがあったことから学校で問題化。

 

そのため高校1年生の3学期により芸能活動をしやすいように、定時制のみ設置していた都立代々木高校に転校して卒業しています。

 

高校時代はかなりの数の映画やテレビドラマに出演しており、既に若手人気女優の地位を築いています。

 

【都立工芸高校の主な卒業生】

児玉清(俳優)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:進学せず

 

原田美枝子さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

以降の活躍も目覚ましく、日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞と最優秀助演女優賞のいずれも受賞経験のある数少ない女優として知られています。

 

また卓越した演技力でテレビドラマでも活躍し、数多くの人気作の連続ドラマにも出演してきました。

 

現在も女優として精力的に活動しており、今後の動向にも注目が集まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ