片桐はいりの学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

片桐はいり(かたぎり はいり)

 

 

1963118日生

身長172

 

東京都出身の女優

本名は片桐由美

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

2人きょうだいの姉で、1歳年下の弟がいる。

 

1982年に劇団「ブリキの自発団」に入団し、1993年までに25本の作品に出演(1994年に退団)。

 

 

1986年に「親にはナイショで…」でテレビドラマ初出演、「コミック雑誌なんていらない!」で映画初出演。

 

森山祐子とともに出演したSEEDコンタクトレンズのCMで話題になる。

 

 

以降は数多くの作品に出演して、テレビドラマの代表作は「時々迷々」や「すいか」、「あまちゃん」など。

 

 

「ジパング」や「グッバイママ」、「連弾」などの映画にも出演している。

 

2009年のオムニバス映画「非女子図鑑」で映画初主演。

 

ドラマや映画のほか、舞台出演も多い。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 香蘭女学校高等科 偏差値54(普通)

 

片桐はいりさんの出身校は、私立の女子校の香蘭女学校高等科です。

 

同校は1888年開校の伝統校で、古くから「お嬢様学校」として知られています。

 

大田区立山王小学校から系列の香蘭女学校中等科を経て、同校に内部進学しています。

 

片桐さんは学生時代は長身を活かしてバスケットボール部で活躍していました。

 

高校在学中に文化祭で演劇の舞台に立っており、当時から女優になることを意識していたようです。

 

(高校時代)

 

【主な卒業生】

黒柳徹子(タレント)

大塚寧々(女優)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:成蹊大学 文学部日本文学科 偏差値58(当時)

 

片桐はいりさんは高校卒業後は、成蹊大学に進学しています。

 

在籍した文学部日本文学科の現在の偏差値は55程度ですが、片桐さんが在籍した当時のほうがレベルは高かったです。

 

大学では演劇部に所属しており、在学中に劇団「ブリキの自発団」にも入団します。

 

以降は劇団の看板女優として多くの舞台に出演するとともに、テレビドラマや映画にも出演しはじめます。

 

すると持ち前の個性と演技力で、数多くの作品に起用されることになります。

 

現在でも個性派女優として第一線で活躍しており、多くの作品に花を添えています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ