井上尚弥の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

 井上尚弥(いのうえ なおや)

 

 

1993410日生

身長164

 

神奈川県出身のプロボクサー

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

姉と弟がおり、弟はプロボクサーの井上拓真。

 

小学校1年生の時に父親が経営する井上ボクシングジムで練習を開始。

 

高校1年生の時に高校3冠を達成し、2012年にロンドンオリンピックを

目指してアジア選手権に出場するが銀メダルに留まって出場権を逃す。

 

2012年に大橋ジムに入門し、20138月に田口良一を破り

国内最短タイの4戦目で日本王者となる。

 

 

20144月に当時最速となる6戦目でWBC世界ライトフライ級王座を

獲得。

 

 

1度の防衛後にスーパーフライ級に転向し、同年12月に

WBOのタイトルを獲得。

 

20179月にカリフォルニアで6度目の防衛を達成。

 

 

私生活では201512月に高校の同級生の女性と結婚。

 

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:神奈川県 新磯高校 偏差値45(容易)

※現在は相模原青陵高校

 

井上尚弥さんの出身校は、県立の共学校の新磯(あらいそ)高校です。

 

同校はスポーツが盛んな高校として知られていましたが、

20113月に相武台高校と統合して相模原青陵高校となっています。

 

井上さんは地元の座間市立栗原小学校から座間市立栗原中学校

を経て、同校に入学しています。

 

中学生の頃にはU-15の全国大会で優秀賞を受賞するなど、

アマチュアボクシング界では既に名の知れた存在でした。

 

高校時代の活躍は目覚ましく、高校1年生で高校3冠を達成すると、

高校2年生で全日本アマチュア選手権で準優勝。

 

高校3年生の時にはインドネシア大統領杯で、国際大会で

初の金メダルを獲得する快挙を成し遂げています。

 

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

井上尚弥さんは高校卒業後は、大学などに進学していません。

 

高校卒業後はロンドンオリンピック出場を目標としましたが、

惜しくも出場権を獲得できませんでした。

 

そのため19歳にしてプロ入りを果たしますが、

その後は一気に才能も開花します。

 

驚異的なKO率で防衛記録も更新しており、今後の日本ボクシング界を

背負っていくことも確実のようです。

 

またその強さはもちろんのこと、真面目な人柄で多くの関係者に

愛されるなど、人格者でもあります。

 

今後も防衛を重ねて、具志堅用高さんが保持する連続防衛の記録を

突破してほしいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ