柿澤勇人の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|サッカーが凄かった

 

俳優の柿澤勇人さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。NHKの朝ドラ「エール」に出演して話題になった柿澤さんですが、高校時代は本気でプロのサッカー選手を目指していました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

柿澤勇人(かきざわ はやと)

 

 

1987年10月12日生

身長175㎝

血液型はB型

 

東京都出身の俳優

本名同じ

 

以下では柿澤勇人さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

柿澤勇人の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:首都大学東京 人文社会学部人文学科 偏差値60(やや難関)

※2020年4月から東京都立大学

 

 

 

柿澤勇人さんは高校卒業後は、公立大学の首都大学東京に進学しています。

 

この大学には、一般受験ではなく指定校推薦で進学しています。

 

人文社会学部では表象言語を専攻していました。

 

しかし柿澤さんは大学に入学したその日に休学願をもらい、劇団四季のオーディションを受けるために半年間専門学校の舞台芸術学院に通っています。

 

この時のことをツイッターで次のように投稿しています。

 

 

詳細は後述しますが柿澤さんは高校時代に劇団四季に入る道を選択することを家族から反対され、大学進学をすることを条件に許してもらっています。

 

そして2007年に倍率100倍以上の難関を潜り抜けて、オーディションに合格し劇団四季に入団しています。

 

 

柿澤さんは生まれて初めてのオーディションだったため、まさかサッカー漬けだった自分が合格するとは思っていなかったそうで人生の転機だったとインタビューで話しています。

 

同年には「ジーザス・クライスト」でデビューを果たし、翌年2008年には柿澤さんの念願だった「ライオンキング」のシンバ役に抜擢されました。

 

 

しかしこの時に十分な演技ができなかったため1度出演して、稽古場に戻されてしまったそうです。

 

そして2009年に新作ミュージカル「春のめざめ」の主役に抜擢されたのですが、今までとは違い「とにかく感情を表に出す」という手法だったようです。

 

この作品を演じたことで「こんなアプローチ法もあるんだ」と思い、また一から勉強をするために22歳だった2009年に劇団四季を退団して大学に復学しています。

 

この時の事をインタビューで次のように話しています。

 

「ミュージカルも大好きだからなりたいけど、でもそれだけでは自分が成長できないとずっと思っていました。演技を全部取り除いたところにある、役者としての自分ってどんなものなんだろうって、常に考えていて。」

 

なお柿澤さんは大学卒業までに7年間かかったそうですが、芸能活動をしながらも無事に卒業をしています。

 

卒業後は「ウエスト・サイド・ストーリー」や「スクール・オブ・ロック」といった数々のミュージカルの舞台に主演しています。

 

 

またテレビドラマや映画にも出演しており、2020年にはNHKの朝ドラ「エール」に出演して話題を集めています。

 

 

この出演で注目を集めたことから、今後は活動の幅も広がりそうですね。

 

スポンサードリンク

 

柿澤勇人の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 駒場高校保健体育科 偏差値60(やや難関)

 

 

 

柿澤勇人さんの出身高校は、都立の共学校の駒場高校です。

 

この高校は1905年開校の都立校で、古くから進学校として政財界に人材を輩出してきました。

 

なお同校は普通科(偏差値68)と保健体育科(偏差値60)の2つの学科を設置していますが、柿沢さんは保健体育科に在籍しています。

 

またこの高校には一般入試で進学しています。

 

同校のサッカー部は都立の強豪として知られており、柿澤さんもこのサッカー部に在籍していました。

 

将来はプロサッカー選手を目指していたそうです。

 

しかし高校1年生の時に課外授業で劇団四季のミュージカル「ライオンキング」を観て、オープニングで心をつかまれるほどの衝撃を受けました。

 

ミュージカルが終わった後、すぐに担任の先生に「シンバを演じたい!」と言ったそうです。

 

そして俳優になりたいと思い劇団四季を目指したいと家族に話したそうですが「サッカーで日本代表になって活躍するよりも難しい」と猛反対されてしまいます。

 

柿澤さんは2年間で結果が出なければ諦めると説得をし、「大学に進学すること」を条件に許してもらったそうです。

 

なお保健体育科に在籍しながら首都大学東京の指定校推薦を受けており、学校の成績は優秀だったと思われます。

 

【主な卒業生】

森山眞弓(政治家)

加藤登紀子(歌手)

吉永小百合(女優・転校)

阿部亮平(Snow Man)

 

スポンサードリンク

 

柿澤勇人の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 成城学園中学校 偏差値64(やや難関)

 

 

 

柿澤勇人さんの出身中学校は、私立の共学校の成城学園中学校です。

 

この中学校は成城大学の系列校で、芸能人の子息が多く在籍することで知られています。

 

柿澤さんは中学時代まではクラブチームに在籍してサッカーに打ち込んでいます。

 

中学時代にジャニーズ事務所のスタッフに声をかけられています。

 

柿澤さん自身はスカウトされたことについては全く覚えていないそうです。

 

また当時は本気でプロのサッカー選手を目指していたので、芸能界にはまったく興味がありませんでした。

 

加えてこの中学校には系列の成城学園高校(偏差値64)を経て成城大学に進学するルートもありましたが、柿澤さんはサッカーの名門校の駒場高校に進学する道を選んでいます。

 

【主な卒業生】

及川光博(俳優・歌手)

山口もえ(タレント)

鶴田真由(女優)

香音(ファッションモデル)

 

柿澤勇人の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:東京都 成城学園初等学校

 

 

 

柿澤勇人さんの出身小学校は、私立の共学校の成城学園初等学校です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

また祖父は三味線奏者の清元頴榮三郎さん、曽祖父は浄瑠璃の語り手の清元志寿太夫さんで、ともに人間国宝です。

 

 

兄は4歳上でサッカーをしており、柿澤さんはお兄さんの影響でサッカーをはじめたそうです。

 

また兄の奥さんはプロフィギュアスケーターであり、フィギュアスケート選手の村主章枝さんの妹さんだそうです。

 

柿澤さんは子供時代にサッカーに一生懸命になったことについて、インタビューで次のように話しています。

 

「努力してちょっとでも上手くなると嬉しくて、という経験は今でも役に立っています。努力すれば何でも叶うわけでないないですけど、努力しないと絶対に上手くならない、才能だけでは通用しないことが分かっていることは大きいと思います。」

 

以上が柿澤勇人さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大学時代に劇団四季に入団して主演にも起用されていますが、わずか4本の舞台出演で四季を退団しています。

 

とは言えその後も舞台やテレビドラマなどで幅広く活躍しています。

 

 

NHKの朝ドラへの出演で知名度が上昇しているので、今後の活動にも期待ですね。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ