佳久創の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|ラグビーが凄かった

テレビドラマ「ノーサイドゲーム」で注目された俳優の佳久創さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。ラグビーで頭角を現した大学時代やケガでラグビーを断念した経緯など、学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

佳久創(かく そう)

 

 

1990年10月28日生

身長185㎝、体重92kg

 

愛知県名古屋市出身の俳優、元ラグビー選手

本名同じ

父親は元プロ野球中日の郭源治

 

以下では佳久創さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

佳久創の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:明治大学 法学部 偏差値62(やや難関)

 

 

佳久創さんは高校卒業後は、明治大学に進学しています。

 

一般受験ではなく、ラグビーでのスポーツ推薦での進学です。

 

後述するように高校時代の佳久さんは7人制ラグビーで活躍していますが、大学入学後は同大のラグビー部に入部して15人制ラグビーにもチャレンジしています。

 

周知の通り明治大学のラグビー部は大学ラグビーの名門として知られていますが、15人制ラグビーをやってこなかった佳久さんは4軍にあたるDチームからスタートしています。

 

ところが俊足を活かしてウイングのポジションで頭角を現して、大学2年生の12月には1軍のAチームに昇格しています。

 

当時のラグビー部の監督からは「大学日本一を奪還するための秘密兵器」と言われており、佳久さんへの期待が非常に高かったことがわかりますね。

 

 

さらに大学3年生だった2011年にはU-24の日本代表に選ばれるなど、15人制ラグビーでも急成長を見せています。

 

また7人制ラグビーも継続しており、同じ年には日本選抜メンバーに選ばれて、国際大会の「上海セブンズ」にも参加しています。

 

ところがこの大会中に左ひざ前十字靭帯を断裂する大怪我を負ってしまいます。

 

休養は1年近くに及びましたが、復帰後の2012年には、15人制ラグビーの日本代表の予備軍にあたる「ジュニアジャパン」の練習に参加しています。

 

そして佳久創さんは大学卒業後は、ラグビートップリーグの「トヨタ自動車ヴェルリッツ」に入団しています。

 

 

このチームはラグビー日本代表の姫野和樹さんらも在籍する強豪です。

 

ところが佳久さんは古傷の左ひざの怪我が完全に癒えずに、入団からわずか2年間でラグビーを引退しています。

 

その後は社業に専念していましたが、2017年に現在の所属事務所のオーディションに合格したことで本格的に俳優を目指しています。

 

佳久さんも当時のことをインタビューで次のように述べています。

 

「怪我で引退し、これからどうしていこうかと、燃え尽き切れない思いを抱えていました。そんな時、いま所属している事務所のオーディションを受けたんです。合格したら上京して役者に挑戦する。不合格ならきっぱりと諦めて、トヨタ自動車で会社員を続ける…。そして2017年8月に会社を退社しました」

 

その後は演技のレッスンを重ねて、2018年のテレビドラマ「ヘッドハンター」で俳優デビュー。

 

2019年の連続ドラマ「ノーサイドゲーム」には、ラグビー経験が買われてはじめてレギュラー出演しています。

 

 

この作品で注目されたことから今後も出演作は増えていきそうな期待の俳優です。

 

スポンサードリンク



佳久創の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:愛知高校 偏差値66(難関)

 

 

佳久創さんの出身校は、私立の共学校の愛知高校です。

 

この高校は1876年開校の仏教系の伝統校で、かつては商業科も設置するなどさほど難関校ではありませんでしたが、このところは進学実績が向上して偏差値も高くなっています。

 

また同校はスポーツが盛んで、特に硬式野球部は数多くプロ野球選手を輩出していることで知られています。

 

佳久さんは高校時代もラグビー部に在籍していますが、当時の同校のラグビー部は強豪ではありません。

 

それどころか部員はわずか13人だったことから、花園などの予選には出場していません。

 

そのため高校時代から7人制ラグビーをおこなっています。

 

しかし7人制ラグビーでの活躍は目覚ましく、高校3年生の時には東海選抜のメンバーに選ばれて、全国大会でも準優勝を飾っています。

 

この実績が認められて明治大学にはスポーツ推薦で進学しています。

 

【主な卒業生】

佐野岳(俳優)

三ツ矢雄二(声優)

堤幸彦(映画監督)

 

スポンサードリンク

 

佳久創の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:愛知中学校 偏差値62(やや難関)

 

 

佳久創さんの出身中学校は、私立の共学校の愛知中学校です。

 

この中学校は出身高校に併設している系列校のため、高校へは内部進学で進んでいます。

 

父親で元プロ野球中日ドラゴンズのスター選手だった郭源治さんの影響で小学校時代から野球をはじめており、佳久さんも中学時代は野球部に入部しています。

 

野球部時代のポジションは父親と同じくピッチャーでした。

 

ところが佳久さんは中学進学からわずか半年で野球部を退部して、野球もやめてしまっています。

 

そのため以降は部活動に所属せずに帰宅部でしたが、中学3年生の時にラグビー部のコーチに誘われてラグビーをはじめています。

 

佳久創の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:不明

 

佳久創さんの出身小学校は、地元名古屋市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と双子の兄、妹2人の6人家族です。

 

父親は台湾人(現在は日本に帰化)、母親は日本人のハーフです。

 

お母さんは元日本航空のキャビンアテンダントでした。

 

 

「佳久」という苗字は父親が日本に帰化した際につけた苗字で、芸名ではなく本名です。

 

父親の源治さんの子育ては厳しく、子供の頃から口ごたえなどは許されなかったそうです。

 

佳久さんは小学校時代から野球をやっており、当時からピッチャーを務めています。

 

また運動神経は万能のことから、小学校時代は市内の陸上大会でも活躍をしていました。

 

なお佳久さんはスポーツのほか、子供の頃から俳優に興味があったそうです。

 

以上が佳久創さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

連続ドラマ「ノーサイドゲーム」で注目されたこともあり、このところはバラエティ番組などにも出演しはじめています。

 

 

元ラグビー選手だけあって恵まれた体格をしていますし、演技力を磨けば俳優としてブレイクする可能性も秘めています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク





 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ