椿原愛の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|陸上で全国大会に出場していた

 

「和製ミランダ・カー」とも呼ばれるグラビアアイドルの椿原愛さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は椿原さんは学生時代は陸上に打ち込んでおり、全国大会にも出場したほどです。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

椿原愛(つばきはら あい)

 

 

1992年5月26日生

身長165㎝

血液型はB型

 

富山県氷見市出身のグラビアアイドル、女優、ファッションモデル

 

以下では椿原愛さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

椿原愛の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:富山県 龍谷富山高校 偏差値40(容易)

 

 

 

椿原愛さんの出身高校は、私立の共学校の龍谷富山高校です。

 

この高校は1936年開校の私立高校で、部活動が非常に盛んなことで知られています。

 

なお椿原さんの出身高校については、インターネット上では富山商業高校とする情報が多数見られます。

 

しかし椿原さんは高校時代の陸上部での競技の画像を公開しており、そこには龍谷富山高校のユニフォームを着ているので富山商業高校は母校ではありません。

 

 

また椿原さんはこの高校には一般受験ではなく、陸上の特待生で入学しています。

 

高校時代は陸上部に在籍しており、当初は上下関係の厳しさに困惑しています。

 

はじめて先輩にペットボトルを渡した際には、キャップを開けないまま出したらひどく怒られたそうです。

 

それでも椿原さんは選手としては、走り高跳びの富山県代表としてインターハイと国体に出場しています。

 

椿原さんの最高記録は160cmだそうで、全国で勝つために男子と同じメニューをこなしていたようです。

 

しかし走り高跳びで自己ベストを出したのは高校1年生の時だったそうで、高校2年生の時から身体が成長し重くなってしまって思うような成績が残せませんでした。

 

そのため椿原さんの体重を落とすために別メニューで1時間ほど走らされたこともあったようですが、椿原さんの体重は減らなかったようです。

 

椿原さんは当時のことを「ホルモンの流れには逆らえなかった」とインタビューで話しています。

 

この時から記録も伸びなくなり、全国で入賞することも難しくなっていました。

 

またこの高校の陸上部では恋愛が禁止されていました。

 

椿原さんは学生時代に走り高跳びで記録を出すために「柔軟」を重視しており、「身体が柔らかくないと(試合は)きつい。」とインタビューで話していました。

 

さらに陸上でたくましく鍛えられた太ももがコンプレックスだったそうですが、インタビューで次のように話しています。

 

「グラビアという表現の仕方に出会って今では自分の武器にできました。自信のあるお尻から太もものラインが雑誌でフィーチャーされて嬉しかったです。」

 

コンプレックスだった太ももがグラビアに活かされたことで、地獄のような筋トレを毎日頑張っていて良かったと話しています。

 

この柔軟さが今でも特技であるY字バランスと大きく関係しているそうです。

 

ちなみに陸上部では部長も務めており、当時からリーダーシップを発揮していました。

 

なお椿原さんは高校卒業後、大学には進学せずに地元の美容の専門学校(校名は不明)に進学しています。

 

美容学校では技術コンクールで優勝したこともあったようです。

 

また美容学校は2013年に卒業しています。

 

友人と一緒に雑誌「小悪魔ageha」のオーディションを受けたところ合格し、スカウトされて大阪の事務所に所属しています。

 

この事務所ではモデルとして雇用されているにも関わらず、キャバクラで働かされたりしていたそうですがお給料が良かったためそのまま続けていたようです。

 

またこの時にキャバクラで働いていたことが椿原さんのハスキーボイスの原因だとインターネット上にありますが、自身では部活動をしていた時の応援で喉を潰してしまったことが原因だと話しています。

 

24歳だった2016年に上京して、グラビアアイドルとしての活動を開始しました。

 

 

上京後もモデルとしてファッションショーに出たり、「関西コレクション」にも出演し活躍しています。

 

 

そして2017年にはイメージDVDがDMM.comの週間ランキングで1位を獲得しています。

 

 

そのため現在では人気グラビアアイドルのひとりとなって、数々の雑誌のグラビアに登場しています。

 

スポンサードリンク

 

椿原愛の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:富山県 氷見市立西部中学校 偏差値なし

※現在は氷見市立西の杜学園

 

 

 

椿原愛さんの出身中学校は、地元氷見市内の公立校の西部中学校です。

 

この中学校は2020年に周囲の小学校と統合されて、小中一貫校の西の杜学園になっています。

 

椿原さんはこの中学校で陸上部に所属していました。

 

中学時代も走り高跳びで北陸エリアで5位という成績も残しています。

 

この成績を残した際に高校から「特待生で来てください」と誘われたそうで、「受験しなくていいんだ、ラッキーって思って、軽はずみな気持ちで陸上を続けました(笑)」と話しています。

 

なお中学・高校時代を通じて筋トレなどをおこなっていたことから当時はかなりの筋肉質で、「まったく女性らしい体つきではなかった」とも述べています。

 

【主な卒業生】

西山清(ハンドボール元日本代表)

 

スポンサードリンク

 

椿原愛の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

椿原愛さんの出身小学校は富山県内の小学校のようですが、校名などの詳細は不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の3校のいずれかの可能性が高そうです。

 

氷見市立明和小学校

氷見市立速川小学校

氷見市立久目小学校

 

実家は氷見市内でも郊外にあり、自然豊かな場所で生まれ育っています。

 

椿原さんは小学生の頃から陸上をはじめています。

 

小学校の中の選抜チームで大会に出場し、走り高跳び部門で1位を獲得しました。

 

以上が椿原愛さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

現在はグラビアアイドルとして高い人気を誇り、「和製ミランダ・カー」の呼び声もあるほどです。

 

 

2019年には連続ドラマ「セミオトコ」にも出演しており、女優としても活動しています。

 

体育会系出身で非常に礼儀も正しいので、業界内でも評価が高いそうです。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ