天達武史の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|野球が凄かった

 

「とくダネ!」でお馴染みの気象予報士の天達武史さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は天達さんは高校時代は本気で甲子園を目指していた球児でした。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

天達武史(あまたつ たけし)

 

1975年4月18日生

身長172㎝

血液型はA型

 

神奈川県横須賀市出身の気象予報士

 

以下では天達武史さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

天達武史の学歴~出身専門学校の詳細

 

スポンサードリンク

 

専門学校:東京都 御茶の水美術専門学校 偏差値なし

 

 

 

天達武史さんは高校卒業後は、御茶の水美術専門学校に進学しています。

 

この専門学校は1955年開校の美術系の老舗専門学校です。

 

そのためプロのイラストレーターなどを多数輩出しています。

 

また東京芸術大学に通学していた俳優の伊勢谷友介さんや多摩美術大学に通学していた松任谷由実さんもWスクールとしてこの専門学校に通学しています。

 

天達さんはこちらの専門学校でのエピソードはあまり語られていないのですが、当時の友達に誘われたことをきっかけに海の近くにあるファミリーレストランでアルバイトをするようになります。

このころからファミリーレストランでアルバイトをするようになり、9年間も勤務し続けました。

 

当時アルバイトに誘ってくれた友達は2日で辞めてしまい、天達さんも一緒に辞めようと思いましたが、アルバイト先の人達がとても良い人ばかりで居心地がよくそのまま続けることになっています。

 

そのため専門学校卒業後もレストランでアルバイトをしながらフリーターとして生活しています。

 

またその間に調理師免許も取得しています。

 

9年間も務めていたためか、アルバイトながら食材発注の仕事まで任されるほどになっていた天達さんですが、店の前が海だったため、天候の変化で客数が大きく変動することに気づきます。

 

毎日天気予報を気にしながら客の数を予想して食材を発注するのですが、天気予報が外れることも多かったらしく「自分が気象予報士になれば、仕入れの失敗を減らせるのではないか」と考え、気象予報士に興味を持つようになります。

 

そのため専門学校を卒業した21歳の頃から、本格的に気象予報士の勉強を開始しています。

 

その後6度も気象予報士の試験に落ちて、27歳だった2002年に7回目の受験で気象予報士試験に合格しています。

 

 

6度も落ちて心折れることはなかったのかというインタビューで「最初はダメだと心折れましたが、何より自信を付けるために成功体験が欲しかったので、何年かかっても取るまでやろうと思ってました。」と答えています。

 

また当時はフリーターだったので、天達さんにとって気象予報士の試験合格は親も安心させることができるとても価値のある成功体験になると考えていました。

 

ちなみにこのファミリーレストランでのアルバイトで現在の奥さんと知り合っています。

 

フリーターとして働いていた25歳の時、アルバイト先で一緒になり、年齢が同じだったこともありすぐに意気投合しました。

 

奥さんは理系の大学出身、つまり「リケジョ」ということもあり、天達さんの勉強の仕方にアドバイスをしてくれたり、苦手な分野の勉強をサポートしてくれたりしていました。

 

その成果が実り、気象予報士の試験に合格することができたので、奥さんのおかげと言っても過言ではありません。

 

そして30歳だった2005年に朝の情報番組「とくダネ!」にお天気担当として起用されています。

 

 

この番組への出演をきっかけに全国的な知名度となって、人気気象予報士になっています。

 

スポンサードリンク

 

天達武史の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:神奈川県 津久井浜高校 偏差値52(普通)

 

 

 

天達武史さんの出身高校は、県立の共学校の津久井浜高校です。

 

この高校は1976年開校で、剣道部が県内では強豪として知られています。

 

天達さんは高校時代は野球部に所属し、50メートル走6秒0の俊足を活かして2年生の時から代走の一番手としてベンチ入りしました。

 

 

天達さんが在籍した当時のこの高校の硬式野球部は強豪で、高校3年生の夏の甲子園の神奈川予選では第3シードでした。

 

天達さんは3年生の時には1番・センターでレギュラーとしてチームを牽引しましたが、4回戦で延長サヨナラ負けを喫し、甲子園の夢は終わってしまいました。

 

神奈川県は横浜高校や慶應義塾高校、東海大相模高校など野球の名門高校が多く、全国的な激戦区として知られています。

 

そんな強豪校がひしめき合う神奈川県でベスト16でしたから、当時の野球部はかなりの実力があったことがわかります。

 

ただし天達さんは高校時代は本番に弱い選手だったとインタビューで話しています。

 

スポンサードリンク

 

天達武史の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:神奈川県 横須賀市立大津中学校 偏差値なし

 

 

 

天達武史さんの出身中学校は、地元横須賀市内の公立校の大津中学校です。

 

高校同様に中学校でも野球部に所属していました。

 

野球部では中心選手として活躍しています。

 

【主な卒業生】

秋山翔吾(プロ野球選手)

 

天達武史の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:神奈川県 横須賀市立山崎小学校

 

 

 

天達武史さんの出身小学校は、地元横須賀市内の公立校の山崎小学校です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

天達さんは子供の頃は後ろ向きの子供だったとインタビューで話しています。

 

「腰の重い、どちらかというと後ろ向きの子どもでした(笑)。弟は習字や水泳、学習塾など、いくつも習いごとをかけもちしていたのですが、わたしは「難しそうだなあ」「先生が怖かったらいやだなあ」と、あれこれ考えて踏み出せない。絵を描くことは好きでしたが、自分の描き方を否定されるといやなので習いませんでした」

 

小学校低学年の頃は釣りが好きだったことから、漁師になりたいと思っています。

 

ただし運動神経がよかったので友達に誘われて野球をはじめると、すぐに夢中になったそうです。

 

そのため小学校高学年の頃からはプロ野球選手を目指しています。

 

また天達さんは小学校時代から絵を描くことが好きだったことから、高校卒業後は美術系の専門学校に進学しています。

 

以上が天達武史さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

気象予報士試験には前記のように7度目挑戦で合格していますが、「とくダネ!」に起用されたことで人気者になっています。

 

そのため「好きなお天気キャスター/気象予報士ランキング」では、人気女性アナウンサーを抑えて2010年から3年連続で1位になっているほどです。

 

 

小倉智昭さんの「あまたつー」もお約束になっているので、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ