坂口渚沙の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|旭川実業なの?

 

「AKB48」の人気メンバー坂口渚沙さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は坂口さんは勉強が苦手で高校時代はテストで0点をとったこともありました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

坂口渚沙(さかぐち なぎさ)

 

 

2000年12月23日生

身長149㎝

血液型はA型

 

北海道旭川市出身の歌手、タレント

AKB48のメンバー

本名同じ

 

以下では「AKB48」坂口渚沙さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

坂口渚沙の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

高校:北海道 旭川実業高校 偏差値41~62(コース不明のため)

 

 

「AKB48」坂口渚沙さんの出身高校は、私立の共学校の旭川実業高校です。

 

この高校はスポーツが盛んで、サッカー部や硬式野球部、女子バレーボール部などが道内では強豪として知られています。

 

また同校は以下の6つのコースを設置していますが、坂口さんがどのコースに在籍したかは不明です。

 

難関選抜:偏差値62

特別進学:偏差値54

進学:偏差値45

機械システム:偏差値41

自動車:偏差値41

商業:偏差値41

 

ちなみに後述するように坂口さんは勉強が苦手ですし、機械や自動車などのコースの可能性も低そうですから、進学コースか商業コースが有力です。

 

 

坂口さんは中学時代にAKB48のチーム8のオーディションに合格してメンバー入りしていますが、チーム8は地元密着型なのでこの高校に進学しています。

 

在学中の学校の成績はあまりよくなかったみたいです。

 

というのも、高校1年生の時から赤点をとっていたことをインタビューで話しています。

 

ちなみに赤点をとった科目は数学です。

 

どのくらい低い点数だったかというと、0点です。

 

アイドル活動と並行しながら高校に通っていたので、テスト勉強の時間を十分にとれなかったのもよく分かります。

 

とは言え0点はなかなかとることもできないですし、当時はファンも心配しています。

 

「高校1年で赤点ってこの先どうなっちゃうの?」

 

「お願いだから高校だけは卒業して!」

 

など、坂口渚沙さんの赤点を深刻に受け止めるファンのコメントが投稿されています。

 

中学時代からアイドル活動を頑張っていた坂口さんですが、やはり勉強よりも芸能活動が忙しかったことがうかがえますね。

 

とは言えアイドルとして高校時代に急成長を遂げて、高校1年生だった2016年の「AKBグループ総選挙」では倉野尾成美さんとともにチーム8のメンバーとしてはじめてTOP100にランクインしています(70位)。

 

 

そのため高校2年生の時には「坂口渚沙の乱」と銘打ったソロコンサートも開催するほどです。

 

高校3年生だった2018年の総選挙では47位にランクアップして、ネクストガールズにも選出されています。

 

 

そのため高校卒業直前の2019年3月には、AKB48の55枚目シングル「ジワるDAYS」で約4年ぶりに選抜メンバーに選ばれています(センターは指原莉乃)。

 

 

ただし坂口さんがこの高校を卒業したかは不明で、首都圏や通信制高校に転校した可能性もあります。

 

 

【主な卒業生】

とにかく明るい安村(お笑い芸人)

 

そして坂口渚沙さんは高校卒業後は大学などに進学せず、芸能活動に専念しています。

 

坂口渚沙さんは大学に行っていません。

 

勉強もあまり得意ではないようですから、芸能活動一本に絞ったようです。

 

とは言えこのところはグループの活動のほか、グラビアなどでも活動しています。

 

地元北海道では複数のローカルCMにも起用されていますから、今後も楽しみな存在です。

 

スポンサードリンク

 

坂口渚沙の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:北海道 旭川市立春光台中学校 偏差値なし

 

 

坂口渚沙さんの出身中学校は、地元旭川市内の公立校の春光台中学校です。

 

坂口渚沙さんは、中学時代は体操部に在籍して部活動にも励んでいます。

 

「特技は跳び箱」と本人もいっている程なので、ジャンプ力や身体能力は高い方なのでしょう。

 

AKBのオーディションの時も、特技の跳び箱で自己アピールしたという噂があります。

 

坂口渚沙さんの中学時代を知る同級生によると、当時の坂口渚沙さんは、まさかアイドルになるなんて!というようなおとなしいタイプだったようです。

 

確かに本人も、親しい友人としか話せないシャイで人見知りな女の子だったと振り返っています。

 

そして中学2年生だった2014年に「AKB48チーム8」のオーディションに応募して合格しています。

 

 

この時、チーム8の全47人のメンバーの中で、坂口渚沙さんはトップバッターでステージに登場します。

 

ちなみにこの時語ったコメントは、「北海道を全力でアピールします!」ということでした。

 

また当初は振り付けなどに苦労したことをインタビューで話しています。

 

「「最初は振り付けがなかなか覚えられず苦労しましたが、他のメンバーの協力もあって、今は時間をかけずに踊れるようになりました」

 

そして中学の夏休みを返上し、坂口渚沙さんは東京で開かれたAKB48の合宿に参加します。

 

夏休みの間、ダンスや歌の練習に励んだのです。

 

その際には坂口さんはインタビューで、次のように話しています。

 

『夏休み中ずっと東京にいて地元の友達にも会えなかったから変な感じ。でも楽しいから大丈夫です。』

 

このような努力の甲斐もあって、この年の5月にはグループの40枚目シングル「僕たちは戦わない」でいきなり選抜メンバーに起用されています(センターは島崎遥香)。

 

 

坂口渚沙の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:不明

 

坂口渚沙さんの出身小学校は、地元旭川市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の2校のいずれかの可能性が高そうです。

 

旭川市立高台小学校

旭川市立末広小学校

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

坂口さんは小学校時代からAKB48に憧れて、アイドルになりたいと思っています。

 

ちなみに最初は板野友美さんを好きになり、後に渡辺麻友さんのファンになっています。

 

なお子供の頃から運動神経が良く、得意科目は体育でした。

 

以上が「AKB48」坂口渚沙さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

当初からチーム8内では人気メンバーでしたが、このところはAKB48内でも人気が上昇しています。

 

 

このところは単独での活動も増えているので今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ