篠原ともえの学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|シノラーブームで一世を風靡

 

タレントの篠原ともえさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。篠原さんは中学・高校時代にポスターやビデオのコンテストで全国1位になるなど、学生時代からその多彩な才能を発揮していました。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

篠原ともえ(しのはら ともえ)

 

篠原ともえ

 

1979年3月29日生

身長152㎝

血液型はAB型

 

東京都青梅市出身のタレント、女優

本名は篠原友恵(読み同じ・結婚前)

 

以下では篠原ともえさんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

篠原ともえの学歴・経歴・プロフィールの略歴

 

1979年(0歳):東京都青梅市で生まれる

1985年(6歳):青梅市立若草小学校入学

1988年(9歳):クラシックバレエをはじめる

1991年(12歳):青梅市立若草小学校卒業

1991年(12歳):青梅市立霞台中学校入学

        軽音楽部でコピーバンドを結成

1993年(14歳):中学ビデオコンクール・コンテストで全国1位となる

1993年(14歳):ソニーの歌手オーディションに合格

1994年(15歳):青梅市立霞台中学校卒業

1994年(15歳):都立八王子工業高校入学

1995年(16歳):1stシングル「チャイム」で歌手デビュー

1996年(17歳):バラエティ番組「HEY!HEY!HEY!」のレギュラーに起用

1996年(17歳):シノラーブームを巻き起こす

1996年(17歳):「地域産業組合ポスターコンテスト」で全国1位になる

1997年(18歳):都立八王子工業高校卒業

1997年(18歳):戸坂女子短期大学入学

1997年(18歳):戸坂女子短期大学を中退

1998年(19歳):文化女子短期大学部編入

1998年(19歳):「FiVE」にて連続ドラマ初出演

1999年(20歳):日本武道館でライブを開催

2001年(22歳):1年間の留年後、文化女子短期大学を卒業

2019年(40歳):アートディレクターと結婚

 

篠原ともえの学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:戸板女子短期大学 被服科(中退) 偏差値44(容易)

 

 

 

篠原ともえさんは高校卒業後は、戸板女子短期大学に進学しています。

 

この短期大学は港区三田にキャンパスがあり、当時は被服科と英文科を設置していました。

 

またこの短期大学は菊池桃子さんや松本伊代さんの母校としても知られています。

 

篠原さんはこの短期大学にデザイナーを目指して推薦入学で進学しています。

 

しかしこの短期大学入学後に服のデザインよりも、本格的な裁縫技術を学びたくなりました。

 

そのため戸板女子短期大学は1年で中退して、文化女子短期大学部を受験し直しています。

 

出身大学:文化女子短期大学部 服装学科 偏差値35(かなり容易)

※現在は文化学園大学短期大学 ファッション学科

 

 

 

この短期大学のファッションやデザイン系の学科は有名で、多数のOGが活躍していることで知られています。

 

篠原さんはこの短期大学に一般受験で入学して、服装学科に在籍しています。

 

手作りの衣装で話題になった篠原さんですが、この短期大学で裁縫技術を学んだことが活きています。

 

 

また後に服飾デザイナーとしても活動することになる篠原さんですが、この短期大学で特別授業をおこなったこともありました。

 

 

なお篠原さんは高校時代に芸能活動を開始しており、短大時代も芸能活動を継続しています。

 

この短期大学の1年生の時に、ともさかりえさんが主演した「FiVE」で連続ドラマに初出演しています。

 

2年生だった2000年から。バラエティ番組「笑っていいとも!」の曜日レギュラーに起用されています。

 

また当時は歌手としても活動していました。

 

 

短大時代に武道館ライブもおこなっています。

 

このように篠原さんは当時は売れっ子だったことから学業との両立に苦労しており、この短大時代に1年間留年したことをインタビューで明らかにしています。

 

「朝は短大へ行き、授業が終わると深夜まで芸能界の仕事をする毎日で、1年留年してしまいました。「十分に学べたからいいや」とも思いましたが、両親に「卒業することは自信になる。応援するからがんばって」と励まされました」

 

それでも勉強を頑張って、篠原さんは短期大学を無事に卒業しています。

 

以降も歌手やタレントとして活動していますが、27歳だった2006年頃からマイペースな活動にシフトしていきます。

 

 

その後はファッションデザイナーやイラストレーターとしての仕事も増えています。

 

2018年にアートディレクターの池澤樹さんと結婚した際には、大きな話題になっています。

 

 

とは言え現在でも女優や歌手、タレントとして活動しており、たびたびメディアに登場してファンを喜ばせています。

 

 

既に年齢は40台に突入していますが、その美貌は健在です。

 

スポンサードリンク

 

篠原ともえの学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 八王子工業高校 応用デザイン科 偏差値38(当時・かなり容易)

※現在は八王子桑志高校

 

 

 

篠原ともえさんの出身高校は、都立の共学校の八王子工業高校です。

 

この高校は1887年開校の伝統校で、八王子市内ではもっとも古い高校でした。

 

また通常の工業高校のカリキュラムに加え、応用デザイン科やカラーリングアーツ科などバラエティーに富む学科を設置していました。

 

しかし2010年に八王子桑志(そうし)高校が開校するのに合わせて閉校しました。

 

篠原さんはこの高校では応用デザイン科に在籍しています。

 

当時は芸能活動もおこなっていましたが、デザイナーにもなりたいと思っています。

 

「デザイナーへの夢も持ち続け、都立の工業高校の応用デザイン科に進学しました。芸能活動で使うカラフルなパンツや、キラキラしたアクセサリーを最初は自分で作りました」

 

また高校時代は天文部に在籍していました。

 

 

高校時代には交際相手もおり高校2年生の時にペアルックでデートもしていますが、数日後に一式を返されて「君にはついていけない」と言われてフラれたエピソードをバラエティー番組で披露しています。

 

また実家が寿司屋だったことから、高校時代のお弁当が寿司だったこともあるそうです。

 

仕事面では高校2年生だった1995年に、ファーストシングル「チャイム」でデビューしています。

 

 

また高校3年生だった1996年に、バラエティ番組「HEY!HEY!HEY!」のレギュラーに起用されています。

 

するとその奇抜なファッションやハイテンション、頭の回転の速さで話題になって大ブレイクしています。

 

 

そのためこの番組で篠原さんがゲストの楽屋に乱入する「篠原ともえのプリティプリティ!」は、人気コーナーになっています。

 

 

さらに篠原さんの個性的なファッションが大きな話題になって、真似する女子が続出し「シノラー」と呼ばれています。

 

篠原ともえ 高校

 

このように篠原さんは高校3年生の時にブレイクして大忙しになっていますが、高校はキッチリと卒業しています。

 

そればかりか高校3年生の時に応募した「地域産業組合ポスターコンテスト」では、全国1位になって表彰されています。

 

また高校時代からパソコンはMacを使っていました。

 

【主な卒業生】

安藤純(総合格闘家)

 

スポンサードリンク

 

篠原ともえの学歴~出身中学校の詳細

 

出身小学校:東京都 青梅市立霞台中学校 偏差値なし

 

 

 

篠原ともえさんの出身中学校は、地元東京都青梅市内の公立校の霞台中学校です。

 

篠原さんは中学時代は軽音楽部に在籍していました。

 

軽音楽部ではユニコーンのコピーバンドを結成し、ボーカル兼ギターを担当しています。

 

また中学時代は放送委員会に在籍しています。

 

篠原さんは中学1年生の頃には体育祭の実況を担当しています。

 

「あ、転んじゃいました。応援しましょう! 1位は○○君です! 拍手しましょう!」などとしゃべったら先生にほめられて。場の雰囲気を声でも表現できるんだ、とうれしくなりました」

 

放送委員会では自身が出演、脚本を手掛けた学校紹介のビデオを制作しています。

 

すると中学3年生の時にそのビデオが、中学ビデオコンクール・コンテストで全国1位になっています。

 

篠原さんはこの件については、次のようにインタビューで振り返っています。

 

「中学の先生から、学校を紹介するビデオコンクールに応募しないかと誘われました。普通の紹介ではなく、ストーリー仕立てにしようと思いました。当時入っていた軽音楽部は部員が少なく廃部の危機にあり、ライブを開いて部員を増やす話を考えました。そこに生徒や先生へのインタビューを交え、学校紹介の作品にしたのです」

 

このように篠原さんは中学時代からその才能やセンスを発揮しています。

 

ちなみにこのコンクールの副賞は東京湾クルーズで、友達と楽しんだそうです。

 

加えて篠原さんは中学3年生の時にソニーの歌手オーディションに合格しています。

 

その際にはデビューまで最低5年かかると言われましたが、レコード会社に個性的なファッションで通うと関係者の目に留まって高校時代にデビューしています。

 

【主な卒業生】

兒玉玲(歌手)

 

篠原ともえの学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:東京都 青梅市立若草小学校

 

 

 

篠原ともえさんの出身小学校は、地元青梅市内の公立校の若草小学校です。

 

家族構成は両親と兄2人の5人家族です(3人きょうだいの末っ子)。

 

実家は青梅市内ですし店を経営していました。

 

意外にも篠原さんは幼い頃は大人しい少女でした。

 

その一方で人前に出るのはけっこう好きだったとインタビューで述べています。

 

小学校時代も放送委員を務めていました。

 

また小学校4年生の頃からクラシックバレエをはじめています。

 

 

そのため当時は宝塚歌劇団に入りたいと思っています。

 

また小学校時代から芸能界とデザイナーに憧れています。

 

以上が篠原ともえさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校時代にデビューを飾ると「シノラーブーム」を巻き起こし一世を風靡しました。

 

篠原ともえ

 

その後は芸能活動のみではなく、多彩なジャンルでその才能を発揮しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

スポンサードリンク



ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ