我妻ゆりかの学歴|出身高校(日体大柏)大学や中学校の偏差値と学生時代のかわいい画像

 

グラビアアイドルの我妻ゆりかさんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。難聴のため両耳に補聴器をつけて活動している我妻さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

我妻ゆりか(わがつま ゆりか)

 

 

2000年5月15日生

身長161㎝

血液型はA型

 

千葉県出身のグラビアアイドル

本名同じ

 

以下では我妻ゆりかさんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

スポンサードリンク

 

我妻ゆりかの学歴まとめ

 

出身大学:進学せず

出身高校:日本体育大学柏高校

出身中学校:不明

出身小学校:不明

 

我妻ゆりかの学歴~出身高校(日本体育大学柏高校)・大学の詳細

 

出身高校:千葉県 日本体育大学柏高校 偏差値42~55(コース不明のため)

 

 

 

我妻ゆりかさんの出身高校は、私立の共学校の日本体育大学柏高校です。

 

この高校は1960年開校の日本体育大学の系列の私立高校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

特にサッカー部や陸上部が県内では強豪です。

 

また同校は以下の3つのコースを設置していますが、我妻さんがどのコースに在籍したかは不明です。

 

アカデミックフロンティア:偏差値55

アドバンスラーニング:偏差値47

アスリート:偏差値42

 

ただしアスリートコースはスポーツコースなので、それ以外のコースに在籍したはずです。

 

高校時代は帰宅部で、部活動などはおこなっていません。

 

 

後述するように我妻さんは補聴器をつけていたためそのことをコンプレックスに感じていましたが、高校では周囲の人に少しずつ愛されるようになり過ごしやすくなりました。

 

補聴器をつけていることが嫌われる要素ではないことに気づいており、このことについてはインタビューで次のように話しています。

 

「補聴器をつけてることが嫌われる要素じゃない、愛される、愛されないの判断にはならないことに気づいた。そこから自分のやりたいって気持ちとワクワクする気持ちに素直に動くようになった」

 

そして我妻さんはアルバイトに応募をしたり、交流会などにも積極的に参加をするように意識をしはじめました。

 

また高校生の頃には写真を撮られることが好きになり、このことについては次のように話しています。

 

「撮影の被写体になったりしているうちに、『写真を撮ってもらうのって楽しい!』と感じるようになって。それからフリーモデルのような活動をするようになりました。」

 

 

我妻さんは高校時代に親友と呼べるほどの友人と出会い、このことについては高校生活の中で一番大きかったと語るほどです。

 

この友人とは同じクラスになり、お昼休みになるたびにお弁当を1人で食べている我妻さんに声をかけてきてくれたことで仲が良くなりました。

 

このことについてはインタビューで次のように話しています。

 

「正直、私は小学校のときみたいにぼっちじゃなくて、どこにも属したくないからそうしていたので、最初は一人で食べたいんだけど…とも思っていたんですけど、『一緒に帰ろう』とも言われて、2人で過ごしていくうちに、話していないことがないくらい何でも色々と話して共有しました。」

 

この友人は我妻さんに勉強を教えてくれたり、文化祭の時に一緒にメイクをして先生にバレて一緒に反省文を書いたこともありました。

 

 

【主な卒業生】

あのちゃん(歌手、タレント・中退)

DJ KOO(TRF)

植草歩(空手選手)

中村航輔(サッカー日本代表)

 

なお我妻さんは高校卒業後は、大学には進学していません

 

20歳だった2000年から本格的にグラビアアイドルとして活動を開始しています。

 

2023年にはファースト写真集を刊行しています。

 

 

2023年にはYOUTUBEに公式チャンネルを開設しています。

 

 

両耳に補聴器をつけて芸能活動していることがニュース番組で取り上げられたこともあります。

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

我妻ゆりかの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

我妻ゆりかさんの出身中学校は、千葉県内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

現時点では千葉県のどの市町村の出身者か不明で、手がかりは掴めませんでした。

 

中学時代はテニス部に在籍して、部活動に打ち込んでいました。

 

後述するように小学校時代はいじめられていたこともあって、暗い子だったとのことですが中学校に入学後は最初に明るく自己紹介をしました。

 

自己紹介では、「私は補聴器を付けているんですけど、気にしないでください!よろしくお願いします!」と言っただけでしたが、自己紹介が終わった後にいろんな人から話しかけられたといいます。

 

このことが自身の人生が一番大きく変わったきっかけだったと振り返っていました。

 

我妻さんは明るい性格になり、好きな人もできたとのことです。

 

とは言え補聴器を付けていることはコンプレックスで、ざわと耳を隠す髪型にしていたと当時を振り返っていました。

 

スポンサードリンク

 

我妻ゆりかの学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

我妻ゆりかさんの出身小学校は、千葉県内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は母親と姉の3人家族です。

 

我妻さんは母子家庭という環境で育っており、母親は土曜日と日曜日も仕事をしていました。

 

生まれつき両方の耳が悪く、保育園で名前路呼ばれていることに気付かないことがあったため病院に行ったところ感音性難聴だと分かりました。

 

それからは補聴器をつけて、3歳の頃からは「きこえ教室」に通いはじめています。

 

我妻さんにとって音楽は楽しい時間でしたが、先生から音程を指摘されるようになってからは嫌いな教科へと変わりました。

 

このことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「小学校になってからは授業でみんなの前で歌って音程がずれてるとか、口を大きく開けてるかとか、できないことをできることのように判断されるのが泣きたい時間だった」

 

また国語の朗読の時間にも先生から指導を受けることがあったといいます。

 

小学4年生の頃からは周囲の人からいじめを受けるようになりました。

 

周囲の友人は、我妻さんが聞き取れなかったことを何度も聞き返しているとイライラして無視をされるようになりました。

 

当時の状況についてインタビューでは次のように話しています。

 

「皆が私の席から自分の机をあからさまに離したり、逆に私にわざわざ触りにきて「手にバイ菌が付いた」とかもされました。チャイムに気づかない私に誰もそのことを教えてくれなくて、教室移動のあった次の授業に遅れてしまったこともあります。」

 

母親は仕事で忙しかったことから心配をかけないために、自宅に帰ってもいじめのことは隠していました。

 

なお我妻さんは当時からスポーツが好きで、小学校時代は剣道に打ち込んでいました。

 

以上が我妻ゆりかさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

難聴というハンディキャップに負けずにグラビアアイドルとして活動しています。

 

 

そのためニュース番組に密着取材を受けたこともありました。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ