麻倉瑞季の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|進学校出身だった!

 

グラビアアイドルの麻倉瑞季さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は麻倉さんは勉強も得意で、進学校の出身でした。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

麻倉瑞季(あさくら みずき)

 

 

2002年4月11日生

身長150㎝

血液型はA型

 

長崎県諫早市出身のグラビアアイドル、タレント

本名は山下瑞季(やました みずき)、愛称は「あしゃく」

 

以下では麻倉瑞季さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

スポンサードリンク

 

麻倉瑞季の学歴まとめ

 

出身大学:不明

出身高校:長崎県立諫早高校

出身中学校:長崎県立諫早高校附属中学校

出身小学校:不明

 

麻倉瑞季の学歴~出身大学の詳細

 

出身大学:不明

 

麻倉瑞季さんは2021年4月に大学に進学していますが、進学先の大学は不明です。

 

ただし首都圏の大学に進学しており出身高校の進学実績からすれば、以下の8校に絞られます。

 

東京大学

電気通信大学

早稲田大学

慶応義塾大学

明治大学

中央大学

東京理科大学

芝浦工業大学大学

 

そして麻倉さんは当初は国際関連の学部に進学しようと思っていたので、文系に在籍していたはずです。

 

そのため電気通信大学や東京理科大学、芝浦工業大学といった理系の大学ではないはずです。

 

また東京大学であれば箔が付くので必ずや公表するはずです。

 

とすれば早稲田大学慶応義塾大学明治大学中央大学のいずれかの可能性が高いはずです。

 

しかし新型コロナウィルス禍での入学だったことや比較的に早期に大学を休学したことから、目撃情報や在籍情報が皆無でこれ以上の絞り込みはできませんでした。

 

このあたりは何か判明しましたら追記しておきます。

 

麻倉さんは大学入学のタイミングで上京しています。

 

大学時代にはアイドルグループ「Girl’s Time」のメンバーとして活動をしていました(2022年7月まで)。

 

 

事務所に入ってすぐの頃にはグラビアアイドルとしての活動に抵抗がありましたが、アイドルの戦慄かなのさんと頓知気さきなさんに勧められたことで前向きな気持ちになりました。

 

このことについてはインタビューで次のように話していました。

 

「さきなちゃんとかなのちゃんのイベントに行ったとき、ふたりに胸を揉まれたんですよ。『こんなにいいものを持っているなら、グラビアをやったほうがいいよ! いつか一緒にできたらいいね』って言われて、すっかりその気に(笑)。」

 

そして大学2年生だった2022年に、グラビアアイドルとしてデビューしています。

 

この年には「ミスヤングマガジン」の準グランプリにあたる「ミスヤングマガジン」に選ばれています。

 

 

ちなみにこの年のグランプリはグラビアアイドルの瑚々さんと咲田ゆなさんでした。

 

とは言え麻倉さんもこの受賞でグラビアアイドルとして注目を集めています。

 

 

またタレントとしても活動しており、バラエティ番組にも出演しています。

 

2022年にはYOUTUBEに公式チャンネルを開設しています。

 

 

なお2022年8月には自身のツイッターで大学は休学中と明かしており、「大学休学中だから自学って感じだけど英語頑張ってるよぅ」とのことです。

 

今後の活躍にも期待ですね。

 

スポンサードリンク

 

麻倉瑞季の学歴~出身高校(長崎県立諫早高校)の詳細

 

出身高校:長崎県 諫早高校 偏差値63(やや難関)

 

 

 

麻倉瑞季さんの出身高校は、県立の共学校の諫早高校です。

 

この高校は1911年開校の県立校で、地元では古くからの進学校として知られています。

 

麻倉さんは出身高校を明らかにしていませんが、高校時代に出場した放送コンテストの記録から、この高校の出身者であることが判明しています。

 

高校時代は放送部に在籍をしていました。

 

 

麻倉さんはNHK杯全国中学校高校放送コンテストの朗読部門で九州大会で優勝をしており、全国大会に出場をしています。

 

また高校1年生の頃から3年間、アナウンススクールに通っておりアナウンサーを志していました。

 

特に憧れているアナウンサーはいませんでしたが、とにかく声を使った仕事がしたいと思っていたとのことです。

 

しかし高校2年生の時から学校の成績がどんどん落ちています。

 

ちょうどその頃から高校生平和大使の活動を開始しており、署名活動などをおこなう傍ら、学生団体「おこしWings」を立ち上げてその活動もいそしんでいます。

 

この活動についてはインタビューで次のように話していました。

 

「私が代表のときは地産地消の何かをやりたいなって思って、諫早(いさはや)市役所に協力を要請して『いさハヤシライス』というメニューを作り、400食分を無料で配りました。いさハヤシライスは今、諫早市役所の食堂で食べられるようになっています。」

 

(麻倉さんは右から2人目)

 

また麻倉さんは高校時代にガールズグループ「BiSH」にハマっており、同じ事務所のオーディションを受けたこともあるほどでした。

 

このオーディションでは、1次審査を通過したものの2次審査は東京で受けなければいけなかったため断念しています。

 

高校3年生の時には新型コロナウイルスの影響で被写体モデルの活動をはじめており、このことがきっかけで大手書店のヴィレッジヴァンガードのモデルを頼まれています。

 

そして高校卒業間近に東京に遊びに行った際にはスカウトをされました。

 

 

【主な卒業生】

市川森一(脚本家)

津山ちなみ(漫画家)

 

スポンサードリンク

 

麻倉瑞季の学歴~出身中学校(長崎県立諫早高校附属中学校)の詳細

 

出身中学校:長崎県 諫早高校附属中学校(有力) 偏差値58(中の上)

 

 

 

麻倉瑞季さんの出身中学校は、県立の共学校の諫早高校附属中学校が有力です。

 

中学校時代も3年間、放送部に在籍をしていました。

 

中学3年生の時には、NHK杯全国中学校高校放送コンテスト・アナウンス部門で長崎県で1位となっています。

 

麻倉さんは子供の頃から国際協力などのイベントに参加をしていましたが、中学3年生の時から本格的に活動を開始しています。

 

当時のことについてはインタビューで次のように話していました。

 

「本格的になったのは中3から。友人にめちゃくちゃ影響力と行動力のあるコがいて、中学で仲良くなったことが大きかったですね。」

 

また麻倉さんの当時の将来設計は、国際系の大学に進学をして起業するか、アナウンサーになるか、という2択だったとのことです。

 

麻倉瑞季の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

麻倉瑞季さんの出身小学校は、地元長崎県諫早市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親はいますが、きょうだいの有無については不明です。

 

また祖母も一緒に生活をしていました。

 

父親は麻倉さんのツイッターを頻繁にチェックしているとのことです。

 

成人式にはレンタルではなく、呉服屋で振袖を母親に購入してもらったとのことです。

 

また小学生の頃からアイドル好きで、当時はAKB48のメンバーだった渡辺麻友さんの大ファンでした。

 

以上が麻倉瑞季さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大学時代にグラビアアイドルとして活動を開始すると、瞬く間に人気グラドルになっています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ