豊嶋花の学歴と経歴|出身は聖徳学園高校!大学や中学校の偏差値|子役出身だった!

 

女優の豊嶋花さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は豊嶋さんは子役出身で、子供の頃からかなりの数のテレビドラマに出演していました。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

豊嶋花(とよしま はな)

 

 

2007年3月27日生

身長158㎝

血液型はO型

 

東京都府中市出身の女優

旧芸名は豊島花(読みは同じ)

 

以下では豊嶋花さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

スポンサードリンク

 

目次

豊嶋花の学歴まとめ

 

出身大学:

出身高校:聖徳学園高校

出身中学校:府中市立府中第八中学校

出身小学校:不明

 

豊嶋花の学歴~出身高校(聖徳学園高校)・大学の詳細

 

出身高校:東京都 聖徳学園高校 偏差値59~64(コース不明のため)

 

 

 

豊嶋花さんの出身高校は、私立の共学校の聖徳学園高校が有力です。

 

この高校は1927年開校の私立高校で、海外留学の制度が充実していることで知られています。

 

また同校は以下の2つのコースを設置していますが、豊嶋さんがどちらのコースに在籍しているかは不明です。

 

難関国公立:偏差値64

文理進学:偏差値59

 

豊嶋さんはこの高校に一般受験で入学しており、勉強も得意です。

 

また通学している高校を明らかにはしていませんが、インターネット上やツイッターに複数の在籍情報が見られます。

 

なおインターネット上には豊島さんの出身高校を目黒日本大学高校とする情報が複数見られます。

 

その根拠は目黒日本大学高校の系列の目黒日本大学中学校から内部進学したというものですが、後述するようにそもそも目黒日本大学中学校の出身者ではないので誤りです。

 

後述のように豊嶋さんは高校時代に海外に留学を考えており、海外留学の制度が充実しているこの高校に入学したのでしょう。

 

仕事もあることから高校では帰宅部で、部活動などはおこなわなかったようです。

 

ただし忙しい合間を縫って学校行事には積極的に参加しており、体育祭では応援団を務めていました。

 

 

中学時代に引き続き高校時代も芸能活動をおこなっています。

 

高校1年生だった2022年には出演作が増えています。

 

この年には「教祖のムスメ」や「みなと商事コインランドリー」、「祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録」などの連続ドラマに出演をしています。

 

 

豊嶋さんは2022年のことを振り返ってインタビューでは次のように話していました。

 

「今年はとっても充実した、すてきな1年でした。自分が15年間生きてきた中で一番幸せだったんじゃないかと思います。お仕事や学校生活のことで悩みもして、山あり谷ありな日々ではあったんですけど、自分の中での歴史に残るような作品にたくさん携わらせていただきました。」

記事引用:TVガイドWeb

 

 

また高校生活がはじまり、学業と仕事の両立は頑張ることができたとのことです。

 

撮影期間中にテストが重なることもありましたが、両立できるように普段から勉強を頑張っていました。

 

豊崎さんは高校に入学前からアメリカのユタ州にプチ留学を考えており、高校1年生の時のインタビューではちょうど準備中だと明かしていました。

 

短期留学をすることで英語の上達と視野を広げたいとのことです。

 

 

また豊崎さんはこれまで仕事を辞めたいと思ったことがあるのかと聞かれた際には、次のように答えていました。

 

「何度かあります。学校の行事に出られなかった時、中学に上がる時、高校に上がる時などに、このまま続けていいのかなと。高校生になってからも迷いはあって、最近もブレブレなんですけど、最終的に『絶対に続けよう!』ってなるんですよ。」

記事引用:ENTAME.next

 

豊崎さんの夢は「日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞すること」だそうで、目標は様々な役に挑戦することで色んな役を演じることができる女優になることです。

 

 

なお2023年の時点で豊嶋さんはインタビューなどで大学進学については明らかにしていません。

 

ただし前記のように熱心に英語を学んでいることから、大学に進学する可能性は高そうです。

 

このあたりは何か判明しましたら追記しておきます。

 

【主な卒業生】

桜井和寿(ミュージシャン、ミスチル)

安野モヨコ(漫画家)

江藤智(元プロ野球選手)

 

スポンサードリンク

 

豊嶋花の学歴~出身中学校(府中市立府中第八中学校)の詳細

 

出身中学校:東京都 府中市立府中第八中学校 偏差値なし

 

 

 

豊嶋花さんの出身中学校は、地元東京都府中市内の公立校・府中市立府中第八中学校です。

 

インターネット上には出身中学校を目黒日本大学中学校とする情報もありますが誤りです。

 

中学時代も帰宅部で、部活動などはおこなわなかったようです。

 

 

また豊嶋さんは子役出身で、中学時代も3年間にわたり子役として活動していました。

 

当初は芝居に対して仕事という感覚がなく習い事のような感じでしたが、中学校に入学後には意識が大きく変わっていきました。

 

事務所も移籍をしており、中学生になって撮影現場に母親がついてくることもなくなり、マネージャーとのやり取りも自らおこなうようになりました。

 

また豊嶋さんは自身の中学校時代のことについてはインタビューで次のように話していました。

 

「私自身はサバサバしていて男勝りなところがあったりするので、真反対です(笑)。普段、学校でも相談事を受けるタイプで、どちらかというと姉御肌系、なのかな。第一印象だと怖いイメージを持たれたりすることが多いんです。」

 

仕事面では中学時代には「やすらぎの刻~道」や「大豆田とわ子と三人の元夫」などの連続ドラマに出演していました。

 

 

【主な卒業生】

太田光代(実業家、タイタン代表取締役)

 

スポンサードリンク

 

豊嶋花の学歴~出身小学校の詳細・子役出身だった!

 

出身小学校:不明

 

豊嶋花さんの出身小学校は、地元府中市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の3校のいずれかの可能性が高そうです。

 

府中市立四谷小学校

府中市立住吉小学校

府中市立日新小学校

 

家族構成は両親と2人の兄の5人家族です(3人きょうだいの末っ子)。

 

豊嶋さんは1歳の時に芸能活動をはじめており、きっかけは思い出作りとして母親が事務所に入れたからでした。

 

子供の頃は当たり前に仕事という感覚はなく、大好きな習い事感覚だったといいます。

 

そして5歳の時に映画「外事警察 その男に騙されるな」に出演をしており、大人顔負けの演技で天才子役として知られるようになりました。

 

 

当時この作品に出演した時のことについて、インタビューでは次のように振り返っています。

 

「韓国での撮影で、初海外でしたし、最初のお芝居だったのですごく鮮明です。失語症の琴美ちゃんという役だったのですが、母が『琴美ちゃんはね、こんなことがあって、今こうなっちゃってるのよ』と分かりやすくスケッチブックに描いてくれて。」

記事引用:エキサイトニュース

 

以降は「梅ちゃん先生」や「八重の桜」、「あまちゃん」などの人気作に起用されています。

 

 

豊嶋さんは母親から絵本を読んでもらうような感覚で、台本の内容を教えてもらっていました。

 

豊嶋さんにとってターニングポイントとなったのが小学5年生の時に出演したドラマ「トットちゃん!」だったとのことで、この作品でお芝居に目覚めています。

 

 

また豊嶋さんは小学6年生の頃には自身の声が嫌いで、「声の整形ってないのかな」と思うほどだったと語っていますが、後に自身の個性として捉えることができるようになりました。

 

この年にはNHKの教育番組「いないいないばあ!」にレギュラー出演していました。

 

以上が豊嶋花さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

子役出身ですが順調に女優として成長しており、このところは話題作の連続ドラマに主要キャストとして起用されています。

 

 

演技力にも定評があるので、将来的には女優として大ブレイクするポテンシャルも秘めています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次