申真衣の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|超高学歴だった!

 

実業家でファッションモデルの申真衣さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。申さんは勉強が得意で、かなりの進学校から東京大学に進学していました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

申真衣(しん まい)

 

 

1984年7月28日生

身長171㎝

血液型はO型

 

大阪府出身のファッションモデル、実業家

本名同じ

 

以下では申真衣さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

目次

申真衣の学歴まとめ

 

出身大学:東京大学 経済学部

出身高校:四天王寺高校

出身中学校:四天王寺中学校

出身小学校:追手門学院小学校

 

申真衣の学歴~出身大学(東京大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:東京大学 東京大学経済学部 偏差値68(超難関)

 

 

 

申真衣さんは高校卒業後は、最難関国立大の東京大学に進学しています。

 

この大学には現役で合格しており、かなりの学力を有していました。

 

文科Ⅱ類に合格して、後に経済学部に進学しています。

 

後述するように申さんは敷かれたレールの上を歩きたくないという思いで、親や教師が勧めた医学部に進学せずに、目的はありませんでしたが東京大学に入学をしました。

 

この大学に進学をすれば「何か見つかるんじゃないか」という軽い気持ちでした。

 

またこの大学に入学後は、女子が2割ほどしかおらず、女子の少なさにショックを受けています。

 

申さんは女子の友人が欲しいと思い、女子だけで成り立っているラクロス部に入部をしました。

 

背が高かったためディフェンスに配置をされましたが、ほとんど役に立たない状況だったようで1年で辞めています。

 

大学1、2年生の時には目的もなくただダラダラとした生活を送っており、そんな中でマクドナルドのアルバイトにやりがいを見出しています。

 

このアルバイトには、従業員のモチベーションを高めるような仕組みが色々とあったとのことです。

 

大学3年生の時に日本の金融工学の第一人者である小林孝雄教授のゼミに入っており、以降は夢中になり勉強をしています。

 

大学卒業後は外資系のゴールドマンサックス証券に入社しています。

 

33歳だった2018年5月に、ゴールドマンサックス証券を退職して、ミダスエンターテインメントを共同で立ち上げて起業しています。

 

 

2020年からはファッションモデルとしても活動を開始して、ファッション誌「VERY」の専属モデルを務めています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

申真衣の学歴~出身高校(四天王寺高校)の詳細

 

出身高校:大阪府 四天王寺高校 英数コース 偏差値70(超難関)

 

 

 

申真衣さんの出身高校は、私立の女子校の四天王寺高校です。

 

この高校は1922年開校の私立高校で、神戸女学院高校や京都女子高校と並び「関西女子御三家」と呼ばれるほどの進学校です。

 

またスポーツコースを設置しているので部活動が盛んで、バレーボール部や卓球部、ハンドボール部などが強豪です。

 

なお同校は以下の3つのコースを設置していますが、申さんは英数コースに在籍していました。

 

理数:偏差値74

英数:偏差値70

スポーツ・芸術:偏差値50

 

この高校の系列の中学校に通っていたことから、内部進学で進んでいます。

 

この高校と系列の中学校は自宅から20分の距離で、姉妹もこの学校の出身でした。

 

申さんが高校に進むタイミングで姉は大学の医学部に進学をしています。

 

申さんは小学生の頃からぼんやりと将来は医学部に進むと思っており、親や先生からも当然のように医学部に進むと期待をされていました。

 

そしてその通りに進んでいく姉を見て、敷かれたレールの上を歩きたくないと思い、高校1年生の時に親に内緒で文系を選択しています。

 

しかし姉の担任だった先生が申さんが文系に進むことに対して、おかしく思い両親に電話をしたため、申さんは親から文系に進む理由を聞かれました。

 

返答に困った申さんは「東大に行きたい」を話し、申さん自身も以降は東京大学に進学することを意識しはじめています。

 

また申さんは6年間女子校だったことから、「男子だから」「女子だから」というジェンダーバイアスから無縁で、自分らしさを伸ばすことができた環境だったと振り返っています。

 

申さんは思春期には、リーダーとしてみんなを引っ張っていくよりも、教室の後ろで斜に構えているタイプに変わっていきました。

 

【主な卒業生】

石川佳純(卓球選手)

秋野暢子(女優)

松川るい(政治家)

上田彩瑛(タレント)

 

スポンサードリンク

 

申真衣の学歴~出身中学校(四天王寺中学校)の詳細

 

出身中学校:大阪府 四天王寺中学校 偏差値68(難関)

 

 

 

申真衣さんの出身中学校は、私立の女子校の四天王寺中学校です。

 

この中学校には中学受験で入学しています。

 

中学・高校を通じて帰宅部で、部活動などはおこなわなかったようです。

 

申さんは周囲に中学受験をする同級生が多かったため、自然な流れでこの中学校を受験しました。

 

伸さんは数学や化学、物理などの理系科目が得意でした。

 

体育は非常に苦手でした。

 

小学生の頃には身長が高かったことから、足が長いためかけっこもそれほど遅くはありませんでしたが、中学校に入学後にはごまかしが利かなくなったようです。

 

申真衣の学歴~出身小学校(追手門学院小学校)の詳細

 

出身小学校:大阪府 追手門学院小学校

 

 

 

申真衣さんの出身小学校は、私立の共学校の追手門学院小学校です。

 

家族構成は両親と姉、妹の5人家族です。

 

 

両親は在日韓国人で、父親は医師で母親はピアノ講師という家庭で育ちました。

 

父親は多忙だったこともあり、母親が仕事を調整しながら3姉妹の子育てをおこなっています。

 

幼少期の申さんは、周囲にわせることが苦手なことに加えて、マイペースな性格でした。

 

申さんは子供の頃から本を読むことが好きでした。

 

小学校の図書館に毎日本を借りに行き、授業も聞かずにひたすら本を読んでいたため、移動教室の際にも気づくことなく本にのめり込んでいました。

 

当時の申さんは宿題も面倒くさいと思うとやらず、授業も聞かず、周囲と同じ行動ができないほどのマイペースでした。

 

しかし小学3年生のクラス替えをきっかけに身長が高く目立つことから、学級委員長に選ばれています。

 

このことがきっかけとなり、他の生徒にルールを守るように言わなければいけない立場となって申さん自身も変わっていきました。

 

そして小学6年生では生徒会長を務めています。

 

なおこの小学校には系列の追手門学院中学校(偏差値52)が併設されていますが、申さんはより上位の四天王寺中学校に進学しています。

 

以上が申真衣さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大手外資系企業を経て実業家として活動していましたが、その美貌が注目されてファッションモデルとしても活動を開始しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次