五木ひろしの学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と若い頃のかっこいい画像

 

演歌歌手の五木ひろしさんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。数々のヒット曲をリリースした大物演歌歌手の五木さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

五木ひろし(いつき ひろし)

 

 

1948年3月14日生

身長173㎝

血液型はA型

 

福井県美浜町出身(三重県鳥羽市生まれ)の歌手、作曲家、俳優

本名は松山数夫(まつやま かずお)

 

以下では五木ひろしさんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

五木ひろしの学歴~出身高校(関西音楽学院・明治大学付属中野高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:京都府 関西音楽学院 偏差値なし

※現在は閉校

 

五木ひろしさんは中学卒業後は、音楽学校の関西音楽学院に進学しています。

 

この学校は音楽学校で高校ではなく、正確な時期は不明ですが現在は閉校になっています。

 

五木さんは中学校を卒業した翌日に京都にいた長姉を頼って移住をしており、この音楽学校に入学をしました。

 

1年後の1964年5月に作曲家の上原げんとさんを紹介されており、プロの歌手を目指して上京をしています。

 

そのため明治大学付属中野高校の定時制課程(偏差値40)に、1年遅れで入学し直しています。

 

 

 

この高校の定時制課程は2003年に廃止されるまで、数多くの芸能人を輩出していました。

 

五木さんは上原さんの内弟子となって歌を学んでおり、同じ年に「第15回コロムビア全国歌謡コンクール」で優勝をしてコロムビア専属の歌手となっています。

 

 

17歳の時に「松山まさる」という名義で「新宿駅から」で歌手としてデビューをしましたが売れ行きは不調でした。

 

 

そんな時に上原さんが心臓発作のため急死をしています。

 

その後は「一条英一」という名義で再デビューをして、「三谷謙」という名義でも再々デビューをしますが、いずれも売れませんでした。

 

 

なおこのように五木さんは高校時代から歌手として活動していましたが、高校を卒業したかは不明です。

 

以降も不遇の時代が続きますが、23歳だった1971年に五木ひろしに改名しています。

 

するとこの年にリリースした「よこはま・たそがれ」が大ヒットして、ようやく演歌歌手として日の目を見ます。

 

その後も「夜空」や「長良川艶歌」が大ヒットして、押しも押されぬ人気演歌歌手になっています。

 

 

NHK紅白歌合戦には50回連続で出場しており、これは北島三郎さんと並び歴代1位の記録です。

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

五木ひろしの学歴~出身中学校(美浜町立耳中学校)の詳細

 

出身中学校:福井県 美浜町立耳中学校 偏差値なし

※現在は美浜町立美浜中学校

 

五木ひろしさんの出身中学校は、地元福井県美浜町内の公立校の耳中学校です。

 

この中学校は1975年に周囲の小学校と統合されて、現在は美浜町立美浜中学校になっています。

 

中学時代は卓球部に入部しましたが、すぐに軟式テニス部に転部しています。

 

 

以降は軟式テニスに熱中しており、中学3年生の時には三方郡の大会で優勝して県大会にも出場しています。

 

その一方で中学時代は学業の傍ら、田植えから稲刈りまで手伝っていました。

 

スポンサードリンク

 

五木ひろしの学歴~出身小学校(鳥羽市立加茂小学校)の詳細

 

出身小学校:三重県 鳥羽市立加茂小学校

 

 

 

五木ひろしさんが入学したのは、三重県鳥羽市内の公立校の加茂小学校です。

 

家族構成は両親と姉2人、兄の6人家族でした(4人きょうだいの末っ子)。

 

父親は鉱山技師で鉱脈を追い、家族で各地を転々とする日々を送っておりそんな中、五木さんは京都府で生まれました。

 

幼稚園の頃から小学校2年生までの3年間は、三重県鳥羽市で暮らしていました。

 

その後は福井県美浜町に転居して公立小学校に編入していますが、編入先の小学校の校名などの詳細は不明です。

 

5、6歳の頃に歌手の美空ひばりさんの「リンゴ追分」を聴いた時に歌手になりたいと思うようになり、五木さんが最初に覚えた流行歌でした。

 

そのため五木さんにとってこの曲が歌の原点だったといいます。

 

五木さんは子供の頃から歌うことが大好きで、秋祭りの余興や町内会の宴会で歌を披露してお小遣いを得ています。

 

この頃から「将来は歌手になりたい」と公言するようになりました。

 

小学校時代の五木さんはガキ大将でしたが、成績は優秀で学年で10位以内だったそうです。

 

また小学5年生の時に父親が蒸発をして両親が離婚をしています。

 

以降は母子家庭として、母親が朝から夜中まで働いて家計を支えてくれました。

 

以上が五木ひろしさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

歌手デビュー後はなかなか芽が出ませんでしたが、23歳の時にブレイクしています。

 

その後も数々のヒット曲をリリースしており、現在では大物演歌歌手のひとりです。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ