板橋駿谷の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|高校は埼玉県だった

 

NHKの朝ドラ「なつぞら」でブレイクした俳優の板橋駿谷さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。福島県須賀川市出身の板橋さんですが、高校は埼玉県の学校に通学しています。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

板橋駿谷(いたばし しゅんや)

 

 

1984年7月1日生

身長178㎝

血液型はA型

 

福島県須賀川市出身の俳優、ラッパー

本名同じ

 

以下では板橋駿谷さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

板橋駿谷の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:日本大学 芸術学部演劇学科 偏差値50(普通)

 

 

 

板橋駿谷さんは高校卒業後は、日本大学に進学しています。

 

在籍したのは芸術学部で、この学部は「日芸」の愛称で数々の芸能人を輩出していることで知られています。

 

板橋さんはこの大学に俳優を目指して演技を学ぶために進学していますが、大学時代は「日芸ラグビー部」にも在籍していました。

 

ちなみにこのラグビー部は日本大学ラグビーとは異なります。

 

大学2年生だった2004年に同じ学科に在籍した田川啓介さんや澤田慎司さんらと劇団「堀出者」を結成して俳優としてのキャリアをスタートさせています。

 

以降は舞台を中心に活動しており、大学は23歳だった2008年3月に卒業しています。

 

どうやら1年間留年したようです。

 

大学卒業後は「劇団ロロ」の舞台や高校の後輩だった奥田庸介監督の自主映画などで活動しています。

 

2010年には奥田さんの映画「青春墓場」で主演しています。

 

 

ちなみに下積み時代の板橋さんは意外にも人と会話することが苦手だったことから、ゲイバーで店員として働いたことがあるそうです。

 

また俳優として売れるまで時間がかかったことから、数多くのアルバイトも経験しています。

 

そして2019年にNHKの朝ドラ「なつぞら」に出演して、34歳にして高校生役を演じて大きな注目を集めています。

 

 

そのため「サカイ引越センター」のCMやバラエティ番組などにも起用されるようになりました。

 

 

ただし板橋さんは「なつぞら」で注目されなかったら、役者を辞めて実家に帰るか他の仕事に就くことも考えたそうです。

 

相当な覚悟をもってこの作品に臨んだことがわかりますね。

 

今後はさらにメディアへの出演が増えていきそうなので、楽しみですね。

 

スポンサードリンク

板橋駿谷の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:埼玉県 秀明高校 偏差値58(中の上・推定)

 

 

 

板橋駿谷さんの出身校は、私立の共学校の秀明高校です。

 

この高校は現在では珍しい全寮制の中高一貫校として知られています。

 

板橋さんは福島県須賀川市の出身ですが、高校時代は埼玉県川越市のこの高校の寮で生活しています。

 

なお板橋さんは出身高校を明らかにしていませんが、同校のHPに記載があるのでこの高校の出身者であることは間違いありません。

 

なおインターネット上には板橋さんの出身高校を、地元須賀川市内の福島県立須賀川高校や福島県立長沼高校とする情報もありますが誤りです。

 

高校時代は柔道部に入部していますが、3、4か月間のみの在籍でした。

 

しかし柔道部の2学年後輩だった奥田さんとは兄と仲良かったことから、すぐに意気投合したことをインタビューで述べています。

 

また板橋さんは高校1年生の時に「Dragon Ash」に衝撃を受けて、ラップをはじめています。

 

現在もラッパーとして活動していますが、高校1年生の5月に茨城県のクラブの舞台が初ステージだったそうです。

 

また高校時代は自主的に校内のイベントを企画するなど、アクティブに活動していました。

 

それらに加えて高校時代は生徒会長を務めており、高校時代からリーダーシップを発揮していました。

 

さらに卒業式では総代も務めています。

 

ちなみに「なつぞら」では高校生の番長役で出演していましたが、リアルの板橋さんは高校時代はワルなどではなかったようですね。

 

【主な卒業生】

小森悠冊(ダンサー)

 

スポンサードリンク

 

板橋駿谷の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:埼玉県 秀明中学校 偏差値53(普通)

 

 

 

板橋駿谷さんの出身中学校は、私立の共学校の秀明中学校です。

 

現在の秀明高校・中学校は高校からの募集がありますが、当時の同校は完全中高一貫校だったので間違いないはずです。

 

そのため板橋さんは中学時代から出身の須賀川市を離れて、埼玉県の川越市で寮生活を送っていました。

 

格闘技好きで知られている板橋さんですが、中学入学と同時に空手をはじめたとインタビューで述べています。

 

空手をはじめたのは漫画の「押忍!!空手部」の影響です。

 

ただし高校に進学した際には空手に飽きてしまい、柔道をはじめたとも語っています。

 

なお板橋さんは中学時代から将来は演劇の道で生きていこうと思ったそうです。

 

また当時から音楽好きだったことから、中学校3年生の頃から作詞をはじめています。

 

板橋駿谷の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:長沼町立長沼小学校 or 長沼町立長沼南小学校

 

板橋駿谷さんの出身小学校は、長沼小学校か長沼南小学校です。

 

板橋さんはツイッターなどで旧長沼町出身であることを明らかにしているので、この2校のいずれかが出身小学校でしょう(現在はいずれも須賀川市立)。

 

なお出身の長沼町は2005年に須賀川市に編入されています。

 

板橋さんの兄弟姉妹は明らかになっていませんが、末っ子であることをインタビューで述べています。

 

また実家は長沼町で建設会社を経営していましたが、2007年に倒産しています。

 

板橋さんは子供の頃からスポーツが得意だったそうです。

 

10歳の頃には学校の先生に音読を褒められたことがきっかけで、声優になりたいと思っています。

 

ちなみに板橋さんは2019年に「from North Field _episode1」で声優に初挑戦しており、「25年の月日を経て夢がかなった」と話しています。

 

以上が板橋駿谷さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

俳優としては舞台を中心に活動して下積み生活も長く続きましたが、2019年に朝ドラの「なつぞら」への出演で突如ブレイクを果たしました。

 

 

その後も話題作の連続ドラマや映画に起用されて、その存在感を発揮しています。

 

苦労人だけあって、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ