矢野顕子の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と若い頃の画像

 

シンガーソングライターの矢野顕子さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。坂本龍一さんとの結婚・離婚で話題になった矢野さんですが、実はジャズピアニストを目指していました。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

矢野顕子(やの あきこ)

 

 

1955年2月13日生

身長159㎝

血液型はO型

 

青森県青森市出身(東京都生まれ)のシンガーソングライター

本名は鈴木顕子(すずき あきこ)

 

以下では矢野顕子さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

矢野顕子の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 青山学院高等部(中退) 偏差値72(超難関・現在)

 

 

 

矢野顕子さんは中学校卒業後は、私立の共学校の青山学院高等部に入学しています。

 

この高校は1950年開校の青山学院大学の系列の私立高校で、自由な校風で知られています。

 

また卒業生は原則として系列の青山学院大学に進学できることから現在は偏差値が跳ね上がっていますが、矢野さんが在籍した当時は現在ほどのレベルではありませんでした。

 

矢野さんは当時軽音楽部がありジャズを演奏できるのがこの高校だけだったことから、上京して進学をしています。

 

この高校に受験した時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「音楽の道に進むことはすでに決めていましたので、高校も音楽のために行く。小学生の頃から、私自身そう考えていましたし、父も母も当然のように思っていました。それでどこを受験するか調べてみたんですが、その当時、高校生でジャズができるというのは、東京の青山学院しかなかったんですね。青学の高等部の軽音楽部のことを、どこかで記事を見て、これだと思って受験のために勉強しました。祖父と祖母が東京にいたので、そこに住んで通えばいいと。」

 

高校に入学後についてはインタビューで次のように話していました。

 

「入学式が終わるやいなや音楽室に向かい、入部しました。でもすぐに『違うかも』と。とにかくジャズに関係のあるところに行きたくて、でもその前に高校は出なきゃいけない。だからここに来た。すべてはプロの音楽家になるための手段だったんです。」

 

矢野さんは高校1年生の時には学内の作曲コンクールで優勝を勝ち取っており、このことについてインタビューで次のように話しています。

 

「青学は初等科から上がってきた『内部』の人と、私のように高校受験で入ってきた『外部』がいて、微妙に温度差があってね。外部の、しかも1年の女の子が優勝をかっさらった、っていうのですごく話題になった。『一体、何者だ?』って(笑)。」

 

そして同級生からたくさん褒められたことが嬉しく、音楽の道が自分にとって天職だと思うようになりました。

 

また上級生からも可愛がられるようになりその紹介で、学校以外でも音楽の交流が広がっていくようになります。

 

高校生が集まるジャズクラブ「サブタレニアンジャズクラブ」に放課後行くと、好きなように楽器を使わせてくれてセッションをして楽しんでいました。

 

高校2年生の時には「あそこのお店でピアノを弾かない?」を誘われるようになったことから、学校に行く暇がなくなりました。

 

矢野さんは当時のことについて次のように話しています。

 

「ついにはもう学校へ行くのは、軽音楽部に顔を出すためだけになって、登校は放課後。学校で演奏をして、夜またどこかのお店に弾きに行くという生活をしていました。お店で最初に演奏したのは、四谷の駅の近くにあったレストランだったと思います。エレクトリック・ピアノが置いてあって、夜6時くらいから閉店の11時まで弾いていました。ピアノの演奏でバンドとのセッション。学祭とかも行きましたね。」

 

そしてこの頃には高校を中退して、ジャズクラブやレストランなどでピアノを弾く生活をしています。

 

そのため矢野さんは大学などにも進学していません。

 

以降はジャズピアニストとして活動していますが、セッションミュージシャンとして荒井由実さんらの作品にも関わるようになります。

 

 

1982年に「春咲小紅」がヒットしています。

 

 

 

また27歳だった1982年に、YMOの坂本龍一さんとの再婚は大きな話題になっています。

 

 

坂本さんとの間には坂本美雨さんが誕生していますが、2006年に14年間の別居の末に離婚しています。

 

矢野さんは既に年齢は60代に突入していますが、現在も精力的な音楽活動を展開しています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

坂本龍一の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値

 

スポンサードリンク

 

矢野顕子の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:青森県 青森市立野脇中学校 偏差値なし

※現在は青森市立南中学校

 

 

 

矢野顕子さんの出身中学校は、地元青森市内の公立校の野脇中学校です。

 

この中学校は1970年に青森市立第一中学校と統合されて、青森市立南中学校になっています。

 

後述するように矢野さんは小学校時代からジャズピアニストに憧れて、中学校3年間も独学でジャズを学んでいます。

 

またこの頃はビートルズや日本のグループサウンズの楽曲も聴いています。

 

前記のように矢野さんはジャズを演奏するために東京の青山学院高等部に進学しますが、両親ともに頑張れと送り出してくれたとのこと。

 

スポンサードリンク

 

矢野顕子の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:青森県 青森市立古川小学校

 

 

 

矢野顕子さんの出身小学校は、地元青森市内の公立校・青森市立古川小学校です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

 

矢野さんは自身の幼少期についてインタビューで次のように話しています。

 

「東京で生まれ、3歳からは医師の父が開業した青森で育ちました。両親とも音楽好き、特に父がハワイの民族音楽や南米のラテンミュージックといった洋楽が好きで、そんなレコードがかかっていましたね。」

 

矢野さんは3歳の頃から青森明けの星高校付属音楽教室に通いはじめており、この時にはじめてピアノに触れています。

 

この教室ではカナダ人のシスターが先生でしたが、鍵盤の間にカミソリの刃を立てて演奏するという非常に厳しいレッスンを受けています。

 

ただし矢野さんは小学校高学年までピアノを習っていましたが、周囲の子供とは違って楽譜が読めませんでした。

 

そのため発表会などでは即興で弾いており、そのうちにジャズが好きになったことから、クラシックをやる意味がなくなりピアノ教室は辞めています。

 

それからはずっと独学でジャズを学んでいます。

 

また小学校時代から非常に優秀で、勉強も得意でした。

 

その反面負けん気も強く、小学校時代にいじめっ子と殴り合いのケンカもしています。

 

以上が矢野顕子さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

シングルでのヒットは少ないもののアルバムが高く評価されており、多くのミュージシャンに影響を与えています。

 

 

末永い活躍を期待したいところです。

 

坂本龍一の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ