伊藤かずえの学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|不良と勘違いされていた!

 

女優の伊藤かずえさんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。テレビドラマ「不良少女と呼ばれて」でブレイクした伊藤さんは、高校時代は本物の不良だと勘違いされていました。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

伊藤かずえ(いとう かずえ)

 

 

1966127日生

身長168

血液型はA型

 

神奈川県横浜市出身の女優、タレント

本名は伊藤和枝、旧芸名は神奈かずえ

 

以下では伊藤かずえさんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

小学生の頃から東映児童演劇研修所に入所して子役として活動。 

1978年に「神奈かずえ」名義で「ひとりぽっちの村祭り」で歌手デビュー。 

1979年に芸名を伊藤かずえにして「花街の母」で映画初出演。 

1981年の「江戸を斬るⅥ」でテレビドラマ初出演。 

同年の「燃える勇者」で映画初主演(真田広之とW主演)

1984年のドラマ「不良少女と呼ばれて」や「スクールウォーズ」の出演でブレイク。

1985年の「ポニーテールは振り向かない」で連続ドラマ初主演。

以降も数多くの作品に出演しており、」テレビドラマの代表作は「花嫁衣装は誰が着る」や「ナースのお仕事シリーズ」など。 

1999年にロックバンドSIAM SHADEのメンバーNATINと結婚し2001年に長女を出産するも、2013年に離婚。

 

伊藤かずえの学歴~出身高校・大学の詳細・不良と勘違いされていた!

 

スポンサードリンク

 

出身高校:神奈川県 希望ヶ丘高校定時制(中退) 偏差値40前後(当時)

 

 

 

伊藤かずえさんが入学したのは、県立の共学校の希望ヶ丘高校です。

 

この高校は1897年開校の伝統校です。

 

同校は進学校(偏差値66)ですが、在籍したのは定時制です。

 

なお現在の公立校の定時制課程は定員割れを起こしているケースが多くこの高校の定時制課程の偏差値も30台ですが、伊藤さんが在籍した当時は定時制課程の需要が高く、レベルも上でした。

 

伊藤さんは中学生の頃から注目されたので、芸能活動をおこないやすいように定時制課程に進学しています。

 

 

当時の伊藤さんの息抜きはハリウッド映画を観ることだったようで、一人で映画館に行くこともあり1日休みの時には2~3本をはしごしていたそうです。

 

高校1年生の時には生徒会副会長になっていますが、役割を務めたのは最初の10日だけだったそうです。

 

4ヶ月ぶりに学校に登校した際には別の人が副会長になっていました。

 

また仕事のために通学できないことが多く、高校時代は3回の留年を経験しています。

 

 

伊藤さんは18歳だった1984年に出演したテレビドラマ「不良少女と呼ばれて」の出演でブレイクしています。

 

 

当時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「私が『不良少女とよばれて』(大映ドラマ)に出演したのは’84年のことでした。アイシャドーと口紅は紫色で、眉毛も細くして、手にはカミソリを2枚持っている、バリバリの不良少女役。」

 

不良役を演じたことから先生や大人からは不良のレッテルを貼られていたそうですが、同世代の女子からはヒーロー的な存在だったそうでインタビューで次のように話しています。

 

「私も『不良少女とよばれて』の時のファンレターは80%が女子でした。頼れる先輩と思われたんでしょうね。一度駅で電車を待っていたら遠くから明らかにスケバンの集団が近づいてきたことがあって、これは危険だなと思っていたら『握手してもらえますか』って敬語で言われて。私のこと本物の不良だと勘違いしていたんです。」

 

 

翌年には「ポニーテールは振り向かない」ではじめてテレビドラマの主演に起用されています。

 

 

仕事で非常に多忙になったことから、高校への通学も困難となっています。

 

伊藤さんは何とか高校は卒業したかったのですが、最終的には中退しています。

 

そのため大学などにも進学していません。

 

とは言え以降も数々のテレビドラマに起用されて、若い頃は絶大な人気を誇っていました。

 

 

その後は女優として活動する傍ら、タレントとしても活動しており「はなまるマーケット」などのテレビ番組にレギュラー出演しています。

 

またこのところは趣味の車の番組にも出演しています。

 

 

今後もマルチな活動を展開していきそうですね。

 

スポンサードリンク

 

伊藤かずえの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:神奈川県 横浜市立瀬谷中学校 偏差値なし

 

 

 

伊藤かずえさんの出身中学校は、地元横浜市内の公立校の横浜市立瀬谷中学校です。

 

中学時代は剣道部に在籍しており、スポーツは好きだったようですが自身では運動神経はあまりよくないと話しています。

 

剣道部では先輩から毎日のようにいじめに遭っていたようです。

 

中学時代はドラマ「水戸黄門」に出演していたことから、平日に撮影をしていたため学校をよく休んでいました。

 

 

当時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「新幹線での移動中は、ウォークマンでカルチャー・クラブとかの曲を聴きながら眠ったり、セリフを覚えたりする時間。まだ中学生だから、台本に読めない字もあったりして、辞書を引いたり、母親に聞いてみたりしていました」

 

仕事面では中学3年生だった1981年に、「燃える勇者」ではじめて映画に主演しています(真田広之とW主演)。

 

 

 

【主な卒業生】

ダレノガレ明美(タレント)

嶋田久作(俳優)

堀江美都子(歌手)

 

スポンサードリンク

 

伊藤かずえの学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:神奈川県 横浜市立瀬谷小学校

 

 

 

伊藤かずえさんの出身小学校は、地元横浜市内の公立校の横浜市立瀬谷小学校です。

 

家族構成は両親と妹の4人家族です。

 

父親は日産自動車の営業の仕事しており、母親は看護師でしたが後に自宅でファンシーショップを経営しています。

 

伊藤さんは北海道札幌市で生まれ、2歳のときに神奈川県横浜市に引っ越しをしています。

 

小学2年生の時に東映児童演劇研修所に入所しており、当時のことについて次のように振り返っています。

 

「あまり人としゃべらない子どもだったから、母親が心配したんですね。小学生時代はエキストラばかりで、オーディションに受かることもありませんでしたが……」

 

 

伊藤さんは引っ込み思案で人と話すことが苦手だったそうですが、小学生の頃には友人の恋愛相談によくのっていたそうです。

 

子供の頃はモダンバレエとピアノを習っていました。

 

以上が伊藤かずえさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校時代に女優としてブレイクして数々のテレビドラマや映画に出演しています。

 

主演作こそなくなったものの、安定した演技力で主演作品に花を添えています。

 

 

未だに根強い人気を誇っているだけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ