ケンドーコバヤシの学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

ケンドーコバヤシ

 

 

197274日生

身長172

 

大阪府出身のお笑いタレント

本名・旧芸名は小林友治(ともはる)

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの末っ子で、兄と姉がいる。

 

1992年に吉本総合芸能学院(NSC)に第11期生として入校し、

同期には陣内智則や中川家がいる。

 

同年に松口祐樹とお笑いコンビ「松口VS小林」を結成して

人気を得るも、1995年に解散。

 

 

同年から村越周司と「モストデンジャラスコンビ」を結成して

シュールな芸風で評価が高かったが、2000年に解散。

 

 

以降はピン芸人として活動し、関西圏のバラエティー番組に

多数出演。

 

2006年から「アメトーーク」や「やりすぎコージー」などに

出演して、全国区の人気を得る。

 

俳優としても活動しており、「BOSS」や「理想の息子」などの

連続ドラマに出演経験がある。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 初芝富田林高校 偏差値60(やや難関)

 

ケンドーコバヤシさんの出身校は、私立の共学校の初芝富田林

(とんだばやし)高校です。

 

同校は現在ではかなりの進学校になっており、東大などの

最難関大学に進学する生徒もいます。

 

大阪市立東田辺小学校大阪市立中野中学校を経て、

一般受験で同校に進学しています。

 

ケンドーコバヤシさんは父親が公務員、母親が書道教室の先生

という家庭に育ち、小学生の頃から成績が優秀でした。

 

高校時代はラグビー部に所属してキャプテンを務めるなど、

責任感の強い面を見せています。

 

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

ケンドーコバヤシさんは、高校卒業後は大学などに進学していません。

 

それなりの進学校に通っており、またラグビーでも大学に

誘われていますが、なぜか大学進学はしていません。

 

そして20歳の時にNSCに入校して、お笑いタレントを目指しています。

 

2度もコンビ解散という憂き目に遭いましたが、コンビ時代から

玄人受けする芸風で評価が高く、期待もされていました。

 

ピン芸人になってからは順調にキャリアを重ねて、

現在では多数のバラエティー番組に出演するほどの

人気を誇ります。

 

また本業のお笑いのほか、俳優や声優として活動もしていますし、

ドキュメンタリー番組に出演するなど、かなりマルチに活躍しています。

 

今後のいっそうの飛躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ