伊藤沙莉の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と経歴

伊藤沙莉(いとう さいり)

 

08

 

199454日生

身長151

血液型はO型

 

千葉県出身の女優

本名同じ

 

以下では伊藤沙莉さんの出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2003年に子役としてドラマ「14ヵ月」でデビュー。

 

その後も「みんな昔は子供だった」や「女王の教室」などに出演して、人気子役となる。

 

09

 

ダンスが得意で2003年のサンリオダンスコンテストのキッズ部門で優勝したり、島谷ひとみのPVなどにダンサーとして出演。

 

2006年の「イヌゴエ」で映画初出演。

 

2010年の「東京俳優市場」で舞台初出演。

 

「大切なことはすべて君が教えてくれた」や「GTO」などの連続ドラマの出演を経て、2015年の「トランジットガール」でドラマ初主演。

 

10

 

以降も「ラストコップ」や「ひよっこ」などの連続ドラマや「一週間フレンズ」や「ブルーハーツが聴こえる」などの映画に出演。

 

 

学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:千葉県 若松高校 偏差値47(やや容易)

 

 

伊藤沙莉さんの出身校は、県立の共学校の若松高校です。

 

この高校は1976年開校の県立の中堅校です。

 

伊藤さんは9歳で子役デビューしており、高校時代も女優として活動しています。

 

高校2年生の時には連続ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」にレギュラー出演。

 

高校3年生の頃には映画「悪の教典」に出演して、高校時代は子役女優から大人の女優への転換期になっています。

 

ただし子役時代の「いじめっ子役」のイメージが強かったからか、高校時代の伊藤さんはさほど多くの作品に出演していません。

 

そんな中でも伊藤さんは「女優を辞めようと思ったことはなかった」とインタビューで話しています。

 

【主な卒業生】

飯塚悟志(お笑い・東京03

 

そして伊藤沙莉さんは高校卒業後は大学に進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

その後は演技力が再評価されて20歳頃から出演作が増えて、「GTO」などの話題作の連続ドラマにレギュラーとして起用されています。

 

 

ちなみに生徒役で出演した「GTO」には、松岡茉優さんや三吉彩花さん、片寄涼太さん、佐野玲於さんなど後に売れっ子となる俳優・女優が多く出演していたことで知られています。

 

以降は若手個性派女優として数多くのテレビドラマや映画に起用されています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校・中学校

 



出身小学校:千葉市立みつわ台北小学校

 

出身中学校:千葉市立みつわ台中学校 偏差値なし

 

伊藤沙莉さんの出身小学校・中学校は、いずれも千葉市内の公立校です。

 

出身中学校については当初は千葉市立蘇我中学校と思われていましたが、伊藤さん自身が蘇我地区出身でないことをツイッターで発信しています。

 

家族構成は両親と兄と姉の5人家族です(3人きょうだいの末っ子)。

 

兄はお笑いコンビ「オズワルト」のツッコミの伊藤俊介さんです。

 

伊藤さんは3歳の頃からダンスを習っており、9歳の頃にはサンリオダンスコンテストのキッズ部門で優勝するほどの腕前です。

 

9歳の時に子役デビューして、デビュー作「14か月~妻が子供に還っていく~」では演技経験がなかったにも関わらず、少女に若返ってしまった女性研究員という難役をこなして話題になっています。

 

この際に子役としてデビューした伊藤さんはその経緯をインタビューで次のように話しています。

 

「ダンススクールに掲示板があって、そこにオーディション情報がバーッと載ってるんです。キッズ部門、大人部門とかに分かれてて、ダンスのオーディションとか、色んなメディアのオーディションがある中で、たまたま子役オーディションというのが貼ってあったんです。ダンススクールなので、お芝居を目指している子はあまりいなかったんですけど、逆にみんな物珍しくて、「行こうか、行こうか」みたいに盛り上がって」

 

ハスキーボイスで知られる伊藤さんですが、テレビでこのドラマを見た際に自分の声質に気づいたそうです。

 

そして11歳の時に出演した「女王の教室」では志田未来さんをイジメまくるいじめっ子役で子役としてブレイクしています。

 

 

以降は数多くの作品に起用される人気子役となっていますが、しばらくはいじめっ子役が多かったとのこと。

 

また小学校時代からかなり活発だったようです。

 

「元々はじけた人間で、どっちかというとアウトドア派というか、「ドッジボールやるぞー!」みたいなタイプ。今じゃ考えられないんですけど、そんなに引っ込んでたタイプじゃないんです。だからなおさら、みんなからイジられたんだと思いますね」

 

中学進学後も芸能活動を続けていますが、当時のあだ名は「売れない子役」だったと話しています(実際は売れていた)

 

「私、小6ぐらいから中学終わるぐらいまでのあだ名が「売れない子役」だったんです。ホントにひどい話だなと思うんですけど(笑)。でも、「おっ、売れない子役、どうした?」みたいな言葉に全然普通に反応してましたね。そのくらい言いやすい感じの存在だったんだと思います」

 

以上が伊藤沙莉さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校卒業後は出演作も徐々に増えていき、21歳の時には深夜の連続ドラマ「トランジットガールズ」で待望の主演を務めています。

 

その後も順調に女優としてのキャリアを重ねて、現在でも多くのドラマや映画に起用されています。

 

 

子役時代から演技力には定評があり、悪役や屈折したキャラクターなどの演技も評価が高いです。

 

今後もさらに演技力を磨けば、女優として大成する可能性も秘めています。

 

さらなる飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ