ビビる大木の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

ビビる大木

 

ビビる

 

1974929日生

身長176

 

埼玉県出身のお笑いタレント

本名は大木淳

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2人姉弟の弟。

 

1995年に大内登とともにお笑いコンビ「ビビる」を結成。

 

ビビる1

 

コンビは「笑う犬の冒険」や「進め!電波少年」などの

人気バラエティー番組に出演し、1997年には冠番組

「ビビるのジャムパラ」を持つ。

 

20024月に大内が引退してコンビは解散し、ピン芸人となる。

 

2004年に大河ドラマ「新選組!」で俳優デビューし、「龍馬伝」や

「花燃ゆ」などにも出演している。

 

同年に「土曜スタジオパーク」の司会を務める。

 

2010年から情報番組「PON!」の曜日MCを務める。

 

以降も多くのバラエティー番組に出演するほか、ラジオ番組の

パーソナリティも務める。

 

私生活では2013年に歌手のAKINAと結婚し、2015年に

女児が誕生している。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:西武台千葉高校 偏差値49(やや容易)

 

ビビる大木さんの出身校は、私立の共学校の西武台千葉高校です。

 

埼玉県の春日部市立谷原中学校から、同校に越境入学しています。

 

大木さんは小学生の頃から野球をはじめており、少年野球のチームでは

SMAPの草彅剛さんと同期で、中学生の頃もふたりは野球部に所属しています。

 

高校入学後も軟式野球部を設立するなどアクティブに活動していますが、

野球の実力は今ひとつでレギュラーにはなれませんでした。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:専門学校 東放学園 放送芸術科 偏差値なし

 

ビビる大木さんは高校卒業後は、専門学校の東放学園に進学します。

 

同学園は1969年開学で、古くから俳優、お笑いタレント、

アナウンサーなどを育成してきた専門学校です。

 

映画監督の堤幸彦さん、お笑いの原口あきまささんや

柳原可奈子さんらも同学園の卒業生です。

 

大木さんは同学園を卒業直後にコンビを結成してお笑いの道に進みますが、

着実にキャリアを重ねて人気中堅コンビとなります。

 

コンビが解散になってピン芸人となっても人気は衰えることはなく、

むしろコンビ時代よりもテレビでの露出も多くなりました。

 

本業であるお笑いのほか、MCや司会者、パーソナリティなどを

こなせる器用さもあるので多方面で活躍中です。

 

今後のさらなる活躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ