村田雄浩の学歴と経歴|出身高校中学校や大学の偏差値

 

村田雄浩(むらた たけひろ)

 

 

1960318日生

身長180

 

埼玉県越谷市出身の俳優

本名同じ

 

以下では村田雄浩さんの学歴や経歴、中学校や高校の偏差値、中学時代・高校時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

妹がいる。

 

1976年に劇団「ひまわり」に入団。

 

1979年のテレビドラマ「けっぱれ!大ちゃん」で俳優デビュー。

 

1983年に村尾幸三らとともに劇団「アクターズ・スリル&チャンス」を立ち上げる(1998年に解散)。

 

(若い頃)

 

1985年のNHKの朝ドラ「澪つくし」に出演。

 

 

1992年の映画「ミンボーの女」の演技で、日本アカデミー賞助演男優賞など数々の映画賞を受賞。

 

 

1999年の「ゴジラ2000 ミレニアム」で映画初主演。

 

 

以降も数多くの作品に出演して、テレビドラマの代表作は「ちゅらさん」や「渡る世間は鬼ばかり」、「坂の上の雲」など。

 

 

私生活では2006年に20歳年下の女優・中江里香と結婚し、2009年に長女が誕生した。

 

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:埼玉県 三郷高校 偏差値38(かなり容易)

 

 

村田雄浩さんの出身校は、県立の共学校の三郷(みさと)高校です。

 

同校は1975年に開校しており、村田さんは第1期生として入学しています。

 

越谷市立北陽中学校から同校に進学しています。

 

映画好きの父親の影響で子供の頃からたくさんの映画を観ており、そのために俳優を志しています。

 

幼少期は非常におとなしく、引っ込み思案な性格でした。

 

また子供の頃からスポーツが得意で、ラグビーや柔道、陸上など様々なスポーツを経験しています。

 

現在でも趣味のボーリング(パーフェクトを達成したこともある)は、子供の頃のボーリングブームの際に、父親によく連れていかれたことがきっかけではじめています。

 

中学時代は柔道部に入部して、中学3年生の時には主将を務めていました。

 

高校2年生の時に劇団ひまわりに入団して、本格的に俳優を目指しています。

 

また高校では初代生徒会長を務めるなど、模範的な生徒だったようです。

 

【主な卒業生】

遠藤久美子(タレント)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

村田雄浩さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、俳優に専念しています。

 

19歳の時に映画「思えば遠くに来たものだ」で本格的に俳優デビューを飾ると、25歳の時に出演したNHKの朝ドラ「澪つくし」で注目されて、以降は数多くのテレビドラマや映画に出演。

 

不器用なさえない男性の役柄などで起用されることが多く、日本アカデミー賞を受賞するほどの演技力にも定評があります。

 

貴重な演技派のバイプレーヤーだけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ